2017/11/11

世界のOSAKA、IRをきっかけに訪日客で復権へ

大阪が今、もう一度輝きを取り戻そうとしています。
カジノを含めた統合型リゾート(IR)の有力な候補地として、2025年国際博覧会(万博)の誘致も目指しています。

大阪観光局の溝畑宏理事長は「東京一極集中に負けない二極のうちの一極をつくっていこうという勢いがある」と発言。

しかし、帝国データバンク大阪支社の4月の発表によると、2007~2016年の10年間で、
大阪府の企業は806社の転出超過となり、1982年以降35年連続の転出超過という不名誉な記録も更新した模様。

果たしてIRをきっかけとした都市復権は成功するのか?
今後の動向に注目が集まります。
(引用元:SankeiBiz