2017/11/22

自民・公明両党、ギャンブル依存症対策法案を再提出する意思を確認

2017年11月21日
自民党と公明党がギャンブル依存症対策の法案の再提出することを再確認したようです。

昨年カジノ設立をめぐって、IR推進法(統合型リゾート整備推進法)が施行されたことにより徐々にギャンブル依存症に対する懸念の声が高まっているため、自民党・公明は依存症患者やその家族の支援を目的とした法案を再提出することが確認できました。

成立するかは定かではありません。しかし、この法案が成立すれば国内カジノ設立に大きく近づくことができるのではないでしょうか。
特別国会の会期は残り2週間。良い結果を待ちましょう。
(引用元:NHK NEWS WEB