2017/11/25

JQ ピクセルカンパニーがカジノ用ゲームでフィリピン社と契約

ジャスダックのピクセルカンパニーがフィリピンのGLIMEX社と契約を結んだことを発表し、
今後の収益寄与を期待した買いを集め株価を伸ばしています。カジノ法案の年内成立への期待から関連銘柄として物色されている模様。

同社はカジノ用ゲーミングマシンを手掛けるLTG Game Japanを8月に子会社化し、11月9日に簡易株式交換で完全子会社化すると発表しました。

また、マカオのカジノ運営会社パラダイス・エンターテインメントのジェイ・チュン会長兼社長が当社の特別顧問に就任したことも公するなど、日本のIR法案成立に向けて動き出しを速めています。

カジノ法案の年内年内成立可否が企業株価の動向にも影響を及ぼす中、今後各社がIRにおける発信をするのか注目です。
(引用元:日本経済新聞