2017/11/27

宝くじ、ギャンブル業界拡大に伴いネット販売を開始する

昨年12月にカジノ法案が成立されてからというもの、国内でのギャンブルに対する見方が変わりつつあります。
業界が「産業」として成立可能かどうか、依存症の対策についてが最も凝視されており、国会でも成立させようとする動きが盛んに行われております。

そんな最中、同じギャンブルとして業界拡大を狙っているものがあります。それは宝くじです。
今年8月には「ロト」、「ナンバーズ」のネット販売を試験的に開始しており、来年度からは「ジャンボ」などの宝くじも本格的にネット販売をスタートする方針を発表しました。
宝くじといえば、「300円で夢を買える」というキャッチ―なフレーズで、身近にあるビッグチャンスとして多くの人が購入している印象が強いですが、近年購入者は減少しており、ピークだった2005年からは2割以上も減退してしまっております。
そこで若年層の購入を誘致すべくネットでの販売を開始する必要があると判断しました。今後はネットで気軽に宝くじが買える時代になるのです。

オンラインカジノ、パチンコ、競馬など、ネットのギャンブルが増えている昨今ですが、宝くじも参入するとなれば、ネットギャンブルが当たり前となる時代がくるのも遠い未来ではありません。より身近な存在となってほしいですね。
(引用元:Yahoo!ニュース