2017/12/18

セガサミーホールディングスが米カジノ業界に参入

セガサミーホールディングス株式会社はアメリカのカジノ機器市場に参入すると発表しました。
アメリカの子会社がネバダ州の許認可を得たことにより、ラスベガスなどのカジノで機器の製造と販売を行うことができるようになりました。

ネバダ州の審査はカジノ業界で最も厳しいといわれておりますので、セガサミーとしては大きな可能を掴んだことになります。
今後は他の地域でも機器の製造や販売を進めるようです。

ちなみにセガサミーはマカオ、フィリピンの市場で機器製造を行っていましたが、アメリカに参入するのは初の試みです。
アメリカのカジノ向けにスロット機器の製造を進めていく方針です。

セガサミーは、国内最大手ゲームメーカーであるセガと、パチンコ・パチスロの大手メーカーであるサミー、両者の持株会社です。
国内のゲーム業界を牽引するこの2社が手を取り合って作った会社ですので、アメリカはラスベガスでもその存在感を大いに発揮してくれるでしょう。

これからセガサミーは京都大学とギャンブル依存症の研究を始めるようです。海外のカジノプレイヤーのデータを提供し、国内カジノ設立の後押しをしていく予定です。
(引用元:日本経済新聞