2017/12/20

日本企業がベトナム、ハロン市のカジノを設立!

2017年12月16日、日本国内でアミューズメント施設、ゲームセンターなどを運営している株式会社ベガスベガスは、ベトナム北部クアンニン省のハロン市にあるムオンタンラグジュアリークアンニンホテル内にハリウッドワン・ゲーミングクラブ・ハロンベイというカジノを設立しました。

広さは2フロアで2085平方メートルもあり、24時間営業しています。
言語対応については英語がもちろん、韓国語、中国語、なんと日本語もいけるのです。

遊べるゲームはバカラ、ブラックジャック、ルーレット、シックボーと主要ゲームが勢ぞろい。
やはりバカラが人気になるのでしょうか。

ベガスベガスは国内の企業のため、カジノの公式サイト、問い合わせはすべて日本語に対応しております。
また、接客の質を重視した研修を行っているところはさすが日本というべきです。

カジノは日本だけでなく世界中が可能性を感じており、設立のための動きを見せているということがよく分かりますね。
早く日本国内でも実施法を整えて、早々に設立することを願うばかりです。
(引用元:Yahoo!ニュース