2017/12/21

いよいよ本格化!IR実施法案、1月から与党審査、3月提出へ

2017年12月19日
政府は、2018年の通常国会を1月22日に召集する方針を決定しました。会期は6月20日までの150日間と約5ヶ月に渡る長期戦。

IR実施法案は通常国会の焦点となる法案の一つで、法案審議は年度予算成立後の4月以降に本格化する見通し。
自民党、公明党は、通常国会の召集よりIR実施法案の与党審査を進める予定。

その後、政府はIR実施法案について閣議決定を経て、3月中に国会に提出するとの事。
2016年12月26日に施行されたIR推進法は「必要となる法制上の措置については、この法律の施行後一年以内を目途として講じなければならない」と定めた。

2020年に開催される東京オリンピックまで2年を切る場面で、いよいよ本格化したIR法案審議。
参入検討をしている企業にとっては大きな焦点となる。
(引用元:カジノIRジャパン