2018/02/04

中国のハワイと言われている『海南島』でギャンブルが容認?

中国本土ではギャンブルやカジノが認められていないのですが、報道によると『海南島』でのギャンブルを容認する草案を策定している、とありました。

中国の特別行政区である「マカオ」をカジノの拠点としてきましたが、この草案が実現するとカジノ業界は大きく姿を変えることとなります。

匿名ではありますが、関係者の内容によると、共産党の改革グループのもと、複数の政府機関が海南島でのオンラインゲーム、スポーツ関連のギャンブルを認めることを検討している、とのこと。

もしこの草案が実現すれば、海南省の経済構造転換に繋がる可能性がある、と今後の動向に期待がされています。

引用元:Bloomberg