2020/05/01

豪カジノのクラウン株、米ブラックストーンが取得

オーストラリアのカジノ最大手クラウン・リゾーツは29日、同社の株式の約1割を、米投資ファンドのブラックストーンが取得したと発表した。ブラックストーンがクラウン株式を買い増すとの観測が広がり、29日のシドニー株式市場でクラウン株式が10%超値上がりした。

ブラックストーンが取得したのは、マカオのカジノ大手、新濠博亜(メルコ・リゾーツ・アンド・エンターテインメント)が保有する約6767万株で、取得価格は1株当たり8.15豪ドル。

今回の株式取得でブラックストーンは、クラウンの主要株主として富豪ジェームズ・パッカー氏に次ぐ2位となった。

メルコは昨年、パッカー氏からクラウン株式の約2割を取得することで合意した。メルコが1割を取得した後、豪当局はこの合意がカジノ免許をめぐる条件違反にあたる可能性があると指摘したことから、追加取得を見送っていた。

その後、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)を受けて、カジノ業界は軒並み閉鎖。メルコは自社の再建に専念するため、クラウン株を手放したとみられる。
(引用元:乗りものニュース

下記では日本カジノについての記事を紹介していますので、是非チェックしてみてください。