おすすめオンラインカジノ

F1に賭けられるブックメーカーを紹介|賭け方や特徴も解説

日本人も熱狂するモータースポーツ世界最高峰のレース、フォーミュラ1、略してF1。
そのF1でベッティングができたらどれほど楽しいことか、考えたことはありませんか。

今回は、F1に賭けられるブックメーカー、さらに的中させるためのポイントも解説いたします。
ぜひ、最後までご覧ください。

  • F1に賭けられるブックメーカー
  • F1のベットタイプ
  • F1ベッティングにおいて大事なこと

↓当サイトで厳選したおすすめオンラインカジノ3選↓

ベラジョンカジノ
ミスティーノ
Interカジノ
特徴体験版あり
・24時間いつでも遊べる
・日本語対応バッチリ
・政府発行ライセンス取得済みだから安心して遊べる
入出金の手数料無料
・365日チャットとメールで日本語サポート
還元率約97%
・カード入金対応
限定キャンペーン・初回入金時500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
・登録で10ドル
・3日連続フリースピン
・7日連続デイリースピンボーナス
・ウェルカムボーナス500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
公式URL詳細詳細詳細

F1に賭けられるブックメーカー3選

F1に賭けられるブックメーカー3選

ブックメーカーの中には、F1にベッティングができるサイトもあります。
それが、以下の3サイトです。

以上の3つ以外にもブックメーカーがあります。
詳しくは「ブックメーカーを比較しておすすめ|評判、メリット、デメリット、日本人対応を紹介」をご覧ください。
(f1にベッティングできないサイトもあるので注意してください)

BET365|最高のライブベッティング

ブックメーカーの最大手の1つであるBET365は、F1にベッティングできます。

BET365の最大の特徴はライブベッティング。
ライブストリーミングサービスが充実しており、サッカーやテニスといったポピュラーなスポーツから、競馬や卓球まで様々なスポーツがライブ視聴できます。
さらにBET365のライブストリーミングは、速度が安定していると好評です。
世界のスポーツをリアルタイムで視聴するために、BET365を利用する方もいるほどです。
当然F1も視聴可能であり、リアルタイムで見ながらベッティングできます。

リアルタイム視聴にもスポーツベットにも欠かせないのが、試合情報です。
BET365では、この画面のように試合詳細が確認できます。
bet365のベッティング画面

引用元:bet365

ほかにもBET365には、オートキャッシュアウト機能があります。
あらかじめ一定のキャッシュアウトの金額を設定しておけば、負け金額や勝ち金額が一定以上になったときに自動的に清算できます。
これにより、損切りや利確(勝っている場面でやめること)が強制的にできるので、熱くなってしまい投資金額が大きくなるのを防げるわけです。

<BET365のボーナス情報>

BET365のウェルカムボーナスには、「最大¥10,000のベットクレジット進呈」というものがあります。
わかりやすく言えば「入金額と同じ金額のボーナスがもらえる」というものです。
まず新規登録し、700円以上を入金します。
そしてボーナスのオファー申請、通ればボーナスがもらえます。
オンラインカジノにあるような賭け条件は存在しないので、実質の資金は入金額の2倍になるわけです。

BET365には、アキュムレーターボーナスやベットブーストなど、様々なボーナスがあります。
ボーナス情報はオファーページで確認可能です。

ウィリアムヒル|豊富なスポーツ種目とオッズ

ウィリアムヒルもスポーツベットの最大手の1つで、F1も扱っています。
ウィリアムヒルでは「自動車レース」という名前なので、注意してください。

ウィリアムヒルの最大の魅力は、取り扱っているスポーツの種類の豊富さです。
こちらの画面の赤枠をご覧ください。
ウィリアムヒルのホーム画面

引用元:bet365

「A – Z スポーツ(32)」とありますが、これは取り扱いスポーツや競技が32種類ある、という意味です。
サッカー・野球・テニス・バスケといったメジャースポーツは当然、ボクシングや水泳といったブックメーカーではあまり見ないスポーツまで対応しています。
さらに「政治」というカテゴリもあり、例えば「○○州知事にはだれがなる?」といったものがあります。
こういったユニークなベッティングができるのが、ウィリアムヒルの特徴です。

もう1つの魅力が“オッズの種類が多い”ところです。
試合の勝敗といった王道なものから、試合終了時のスコアやレッドカードが登場するかなど変わったものまであります。
多いものだと、こちらのようにオッズの種類で画面が埋め尽くされるほどです。
ウィリアムヒルのベッティング画面

引用元:リヴァプール 対 レアル・マドリード|bet365

<ウィリアムヒルのボーナス情報>

ウィリアムヒルにはウェルカムボーナスとして、初回入金額100%のボーナスがあります。
最低入金額2,000円、上限10,000円になっており、賭け条件がないため気軽に使用できるのがうれしいところです。
ボーナスは4回に分けて贈呈されます。

日本向けのボーナスがたくさんあるので、プロモーションページで確認しましょう。

スポーツベットアイオー|還元イベント多数

スポーツベットアイオーも、F1ベッティングが可能です。
「フォーミュラ1」というカテゴリがあるので、そこでベッティングします。

スポーツベットアイオーといえば、還元イベントの多さが挙げられます。
例えば、このようなボーナスがあります。

  • 毎週アルトコインが抽選でもらえるイベント
  • セパ交流戦記念イベント
  • Twitter限定キャンペーン
  • 競馬に一定額賭けるとフリースピンやフリーベットがもらえるキャンペーン

還元イベントは頻繫に変わるので、メニューバー下部にある「キャンペーン」カテゴリから、最新の情報を確認しましょう。

F1の様々なベットタイプ

F1の様々なベットタイプ

F1には様々なベットタイプがあり、意味を知っておかないとベットするときに困ってしまいます。
ここからは、F1にある様々なベットタイプを紹介します。

Match Betting|2人のドライバーの勝敗予想

Match Bettingは非常に単純、2人のドライバーを提示し、どちらが勝つのかを予想するだけです。
「どちらが勝つか」を予想するので、単純に誰が強いのかを予想すればよいです。

類似オッズには、Group BettingやForecastやFastest Qualifierがあります。
Group Bettingは、ブックメーカーが指定した4人程度のグループから、誰が一番早いのかを予想します。
Forecastは1位と2位の組み合わせを予想するもので、競馬の馬単と同じです。
Fastest Qualifierは予選で首位の選手を予想します。

F1では「Match Betting」という名前ですが、スポーツによって名前が「Money Line」だったり「Home/Draw/Away」だったりするため、混同しないように注意してください。

Money Lineは、アメリカにおいて「ハンデのない勝敗予想」を意味する言葉です。
そのため、バスケットボールやアメフトなど、アメリカ発祥のスポーツでよく使われます。
Home/Draw/Awayは、サッカーのように“試合結果に引き分けがあるスポーツ”に使われます。

Top 6 Finish|6位以内で的中

Top 6 Finishは、賭けた選手が6位以内でレースを終了すると的中します。

「6位以内で良い」と聞くと簡単な印象を受けますが、冷静に考えてください。
F1は、20程度の選手が参加する世界規模の選手権ですよね。
そのため、的中難易度は競馬の複勝と同程度です。
複勝は、10頭~12頭程度から、3着以内の馬を当てるものですね。(GⅠのような大きい大会はもっと参加頭数が多い)

ちなみに、Points Finishという、10位以内に入れば的中になるオッズもあります。

First Retirement Of Race|最初にリタイアする人の予想

First Retirement Of Raceは、だれが最初にリタイアするのかを予想します。
ワールドチャンピオン予想と反対のベッティングですね。

F1でリタイアになる原因は、以下の3つです。

  • メカニカルトラブル:車のアクシデントにより、走行が不可能になること
  • レースアクシデント:車同士が激突したり固定物に激突したりといったことで車体が破損し、走行が不可能になること
  • 失格:F1のルールに違反することにより、失格扱いになること

ただ、規定周回数の9割を走っていれば完走扱いになることに注意してください。

類似したオッズに、To be Classified とNot To be Classifiedがあります。
To be Classifiedは完走すれば、Not To be Classifiedは完走できなければ的中です。

ほかにも、このようなベッティングがあります。

  • ワールドチャンピオン予想
  • Fastest Qualifer:グランプリ予選での優勝予想
  • To Win Outright:グランプリ決勝での優勝予想
  • Podium finish:表彰台に乗る人物を予想
  • Combination Podium Finish:表彰台に上がる2人を予想
  • Fastest Rap:グランプリ決勝での最速ラップ記録者を予想
  • Winning Constructor:優勝するチーム(コンストラクター)を予想
  • First Constructor Retirement:最初にリタイアするコンストラクターを予想
  • Both Drivers to Score:10位以内(ポイント圏内)のコンストラクターのドライバーを予想
  • Both Drivers Podium Finish:表彰台に上がるコンストラクターのドライバーを予想

F1ベッティングにおいて重要なポイントとは?

F1ベッティングにおいて重要なポイントとは?

どうせF1ベッティングするなら、予想を的中させて儲かりたいものです。
ここからは、F1ベッティングにおいて重要なポイントを紹介します。

データを分析してF1ベッティングを行う

F1ベッティングで稼げる人は、データを分析しています。
データの分析はF1のみならず、すべてのギャンブルにおいて重要です。
F1ベッティングにおいては、以下の5点に着目してください。

  • グリッドポジション
  • タイヤ
  • 天候
  • コース特性
  • チーム戦略
<グリッドポジション>
グランプリごとに、勝てるポジションが異なります。
追い越しが難しい場所では先頭が有利・追い越しがしやすい場所では後列にも可能性が残る、といったことを考えればよいです。
<タイヤ>
コースがタイヤにどのような影響を与えるか・チームのタイヤ戦略・ドライバーのスタイルなども、考慮する必要があります。
こればかりは慣れが必要です。
<天候>
普通に自動車を運転するときも、晴れよりも雨が降っている方が運転しづらいですよね。
これはF1でも同じ、雨が降っているとハンドル操作やブレーキが利きづらくなり、混戦に発展することもあります。
<コースの特性>
それぞれのコースには特徴があるので、理解しておく必要があります。
例えば、バーレーンGBではブレーキの安定性とトラクション(最大牽引力)が重要で、ポルトガルGBではブレーキングテクニックが重要です。
ネットで「F1 コース 特性」で検索すれば、コースごとの特性がわかります。
<チーム戦略>
F1ではチーム戦略が非常に重要です。
タイヤの性能劣化にどう備えるか、どういった戦略で進めるかなどを考える必要があります。
レースを見たり情報を得たりして、慣れるのがよいでしょう。

F1ベッティングのルールを理解する

F1ベッティングのルールを理解すること、すなわちF1のルールを理解することも必要です。

F1は、まず金曜日にフリー走行が2回行われ、土曜午前に3回目のフリー走行。
そして土曜午後に予選が行われます。
予選はQ1~Q3に分かれており、Q3までで残っている10台で最終的な順位を決めます。
予選の順位で決勝のスタートポジションが決まるので、予選も非常に重要なわけです。
そして、日曜日に決勝が行われます。

F1のルールを理解することは、F1ベッティングの勝率アップにつながります。

基本的なベットタイプを理解する

ベットタイプを理解することは、F1ベッティングの稼ぎにつながります。
例えば、2人のドライバーが選ばれどちらが勝利するか、だれが最初に脱落するかなどがあり、これを理解する必要があるわけです。
詳細は、記事中盤の「F1の様々なベットタイプ」にて解説しているので、参考にしてください。

スポーツベットについては、ブックメーカー予想サイトを使うのも手段の1つです。
ブックメーカー予想サイト徹底解説!海外版予想サイトの探し方も紹介」にて詳しく解説しております。

F1にベッティングする初心者とプロの違いは?

F1にベッティングする初心者とプロの違いは?

F1ベッティングで稼ぎを得ている人もいらっしゃいます。
みんなが熱狂するF1で稼ぎを得られるのを見ると、うらやましく感じるものです。
最後は、F1にベッティングのプロがなにをやっているのかを解説します。

前評判をもとにベッティングを行う

F1ベッティングのプロは、前評判を参考にベッティングを行っています。
前評判は、F1のみならずスポーツ競技すべてにおいて大事ですからね。

F1においてもMatch Bettingにおいて実力差のある2人が選ばれることはよくあります。
この場合、実力が格上の選手に賭ける方が良いのは、いうまでもありません。
実力が格上だとオッズが低くてうまみがないように見えますが、オッズ1.5倍を5回当てれば約7.6倍にもなります。
そのため、実力差のある組み合わせを狙って、格上にベッティングしましょう。
実力差があまりないような対戦は予想が難しいので、初心者は避けるべきです。

前評判がわからないときは、とりあえずオッズが低い方に賭けてみるのがよいです。

ブックメーカーのボーナスでベッティングを行う

ブックメーカーでは度々キャンペーンを行っており、稼いでいる人はそれをうまく利用しています。
ブックメーカーの還元率は95%と日本の公営ギャンブルやパチンコパチスロよりも高いので、ボーナスをうまく使うだけでもそれなりに稼げるわけです。

当記事で紹介した3つのブックメーカーは、いずれも様々なキャンペーンを行っています。
BET365では、サッカーやテニスのアキュムレーターボーナス(ベットが的中し、試合が終われば5%~70%のボーナスがつく)が行われています。
ホームページの左上にある「オファー」で、キャンペーン情報確認が可能です。
ウィリアムヒルでは、テニスライブベットで負けてしまった場合、損失の1割をほてんしてくれます。
ウィリアムヒルのボーナス情報は、ホームページ左上の「プロモ」で確認します。
スポーツベットアイオーのボーナス情報は、ホームページの左下にある「キャンペーン」でチェックしましょう。

ブックメーカーに登録してF1にベットしよう

F1ベッティングの解説をしてきましたが、いかがでしたか。
F1ベッティングでも、ボーナスの有効活用は非常に大事です。
ぜひ、プロモーションページやキャンペーンページを確認しましょう。

オンラインカジノランキングバナー