ボンズカジノおすすめオンラインカジノ

ブックメーカーの入出金情報を解説|基本ルールと入出金の流れを説明

ブックメーカー 入出金

ブックメーカーとは、【スポーツベッティング】と呼ばれ、賭けて賞金を稼げれば自分の収入として使えるオンラインギャンブルです。

気にはなっているけれど、入出金の仕方が良くわからないという方や、入出金がうまくいかなくて困っている方もいるのではないでしょうか?

【この記事でわかること】
・ブックメーカーの基本の入出金方法
・ブックメーカーを利用する上で用意しておきたい入出金方法
・ブックメーカーで使える便利な入出金方法
・クレジットカードおよびデビットカードを使った入出金方法
・E-Walletを使った入出金方法
・バーチャルカードを使った入出金方法
・仮想通貨を使った入出金方法
・銀行送金を使った入出金方法
ブックメーカーでは、さまざまな入出金方法がありますが、誰しも簡単に利用できているわけではありません。
というのも、クレジットカードであっても入金できるはずのブランドなのに入金ができなかったり、出金するのに手間取ったりなど、失敗をしている方もいます。
そこで、今回は入出金の基本情報からさまざまな入出金方法についてご紹介していきます。

 

ブックメーカーの入出金における基本情報

出金方法

まず、ブックメーカーで使える主な入出金方法をまとめてみました。

入金に使える方法出金に使える方法
・クレジットカード
・エコペイズ
・仮想通貨
・i-Wallet
・スティックペイ
・銀行送金
・ヴィーナスポイント
・マッチベター
・アストロペイ
・エコペイズ
・仮想通貨
・ヴィーナスポイント
・iーWallet
・スティックペイ
・銀行送金
・ヴィーナスポイント
・マッチベター
・アストロペイ

これらの方法はブックメーカーサイトで使える入出金方法として有名であり、最も導入率が高いのは、

  • エコペイズ
  • スティックペイ
  • マッチベター

といわれています。
クレジットカードは入金のしやすさからいえばダントツですが、賞金の出金先は【入金した口座に出金する】というのが決められているので、クレジットカードへの出金はできません。

そのため、入出金方法は統一した方がベター。
マッチベターで入金することができるブックメーカーなら、出金先もマッチベターにした方がスムーズになります。

そこで、ブックメーカーの入出金における基本的な部分をご紹介します。

 

入出金は自分に合ったものを利用する

ブックメーカーサイトにはさまざまな入出金方法がありますが、何よりも自分の使いやすいものを選んで利用するのが一番効率的です。

例えば、クレジットカードでの入金は、反映も早いのでイチ早く遊べるという点では大きなメリットですが、出金先にすることができないので、別の方法を用意しなければなりません。
銀行への出金申請をすれば良いのですが、2022年現在は銀行送金を取り扱うブックメーカーが増えてきたとはいえ、まだまだ扱えるブックメーカーサイトは少ないというのが現状です。

さらに、クレジットカードでの入金のしやすさから使いすぎて限度額まで気づかずに使い込んでしまったという方もいるくらいなので、自己制限をする上でも【ブックメーカーへ使う口座はココ】と決めておくとのめり込み過ぎなくなります。

自分の性質や使い勝手の良い方法を選んで入出金方法を決めておきましょう。

 

ブックメーカーの入出金は以下の状況では利用できない

ブックメーカーに入金しようとしたけれど、なぜかできなかったという方もいるのではないでしょうか?

実は、ブックメーカーへの入金ができないケースというのがあります。
それは一体何なのでしょうか?

 

決済手段が日本では使えない時

ブックメーカーが提示している入金方法が自分の扱っているものであったとしても、登録したプレイヤーの居住地によっては対象のネット口座が利用できないことがあります。

例えば、以前日本ではネッテラー(NETELLER)というネット口座がブックメーカーの代表的な入出金方法として利用されていましたが、2016年9月にサービスが撤退してしまいました。
それは、ギャンブル目的での入金を制限するという理由であり、住んでいる国によってはネット口座が使えなくなっているということが背景にあるからです。

 

契約しているクレジットカードがギャンブル利用できない時

ブックメーカーサイトでクレジットカード入金が可能であるブランド(例:VISA、Mastercard、JCBなど)と同じブランドカードを自分が所持していたとしても、入金できないケースというのがあります。

それは、クレジットカード発行会社が【ギャンブルサイトへの利用を制限している】からです。
クレジットカード発行会社によっては、ギャンブルサイトへの使用はできないという規約制限しているところがあるため、カードブランドが自分の持っているカードにあったとしても入金することができません。

そういった場合は他のクレジットカードなどで試すほかないので、数枚クレジットカードを持っている方はいろいろ試してみるしかないでしょう。

 

ブックメーカーでメンテナンスが行われている時

日々沢山のゲームを配信しているブックメーカーサイト。
メンテナンスが入ることも珍しくありません。

その場合、メンテナンスの関係で一時的に入金しようとしたけれど入金に制限がかかってしまうということがあります。
クレジットカードでは入金できるけど、オンライン決済サービスではメンテナンスの関係で一時的に入金できないというケースも。

そういった時は、メンテナンスの期間を避けたり、あらかじめ何時メンテナンスが入るのかをチェックしておくと良いでしょう。

 

必ず用意しておきたい入出金手段

出金方法

ブックメーカーに入出金するのに必ず用意しておきたい方法として、

  • 銀行送金
  • クレジットカード

があげられます。
この方法はどのブックメーカーにも共通して使える方法なので、用意しておいて損はありません。

 

銀行送金

銀行送金は入出金ともに指定ができるので、あらかじめブックメーカーサイトに銀行口座を登録しておくととても便利です。
以前は、銀行送金の取扱い可能なブックメーカーサイトにあまりありませんでしたが、2022年現在は銀行送金ができるサイトが増えてきたり、取扱いを始めるところが出てきました。

大手銀行を始め、ゆうちょ・地方銀行など日本にあるすべての銀行からブックメーカーサイトへ入出金することができるようになっています。
なんといっても手数料が安いのでオススメです。

 

クレジットカード

一番入金の反映が早いのは、なんといっても【クレジットカード】です。
口座登録をしなくて済む上に、セキュリティ面が鉄壁なので安心して使えます。

ブックメーカーサイトで多く使われているカードブランドは以下の通りです。

  • VISA
  • Mastercard

この2つのカードブランドは必ずといって良いほどブックメーカーの入金手段として取り扱われています。

また、少数ではありますが、

  • AmericanExpress
  • Dinersclub
  • JCB

などのクレジットカードが入金で使えるブックメーカーサイトもあるので、入金方法の中に自分の持っているカードブランドが当てはまるか見てみましょう。

 

あると便利な入出金手段(ネット口座)

オンラインカジノ 勝てる人

ブックメーカーでは、オンライン決済サービスも取り扱っており、特によく使われているのが、

  • エコペイズ
  • スティックペイ
  • マッチベター

です。
この3つはいろんなブックメーカーでの入出金方法としても使われているので、持っていれば間違いありません。
それでは、この3つのオンライン決済サービスについてご紹介します。

 

エコペイズ(Ecopayz)

【Ecopayz(エコペイズ)】は、イギリスの企業によって運営されており、世界中のユーザーが利用しているウェブウォレットです。
初回登録をすると、会員ランクは【クラシック】、本人確認が済むと【シルバー】となり、送金ができるようになります。

多くのブックメーカーやオンラインカジノで入出金方法として取り扱われているエコペイズ。
人気の秘訣は、【現金化できること】です。

オンラインカジノやブックメーカーで得られた賞金をエコペイズに出金し、自分の口座に送金すれば現金化ができるのでかなり便利な決済サービスとなっています。

 

スティックペイ(Sticpay)

世界中の人が利用しやすいようにサイトの翻訳機能がかなり優秀な【スティックペイ】。
カード化もできて、カードに入金しておけば世界中の店舗やATMで決済や出金が可能となっている便利なオンライン決済サービスです。

メールアドレスとパスワードの入力だけで決済ができるのに、セキュリティ面は万全で100%安全な取引ができます。
さらに、多様な通貨に対応しているので、どこでも利用できるのが特徴です。
1分以内に送金や受け取りができるというスピーディーさも魅力といえるでしょう。

 

マッチベター(MuchBetter)

2016年に設立されたイギリス初のオンライン決済サービス、【マッチベター】。

2020年からは日本語サービスを本格的に開始し、日本人が利用しやすいようにサービスを展開しています。
マッチベターの魅力は、クレジットカードからマッチベターへチャージが可能であること。
スマートフォンやタブレットで資金管理やブックメーカーへ入出金ができるのでとても便利です。

モバイル決済サービスを評価する賞をいくつも受賞しており、セキュリティ面も非常に高いマネーサービスとなっています。

クレジットカード・デビットカードを利用した入出金方法

クレジットカード

クレジットカードやデビットカードでの入金は、どこのブックメーカーサイトでも対応しているのでオーソドックスな入金方法といえます。

入金方法としては、どこのブックメーカーサイトも表示画面が違うだけで入力内容は同じです。

  • 入金する金額
  • カード番号
  • 有効期限
  • 名義
  • セキュリティ番号(カード裏面の3桁の数字)

これらを打ち込んで承認されるとすぐに入金額が反映され、ブックメーカーでオッズすることができます。

 

クレジットカード・デビットカードを利用するメリット

なんといっても、決済がスピーディーなのですぐにブックメーカーで賭けて遊ぶことができるという点が最大のメリットといえるでしょう。

さらに、セキュリティ面が万全なうえに、本人確認などの認証登録の手間も省けることから、すぐにでも賭けてみたいという方にとってはオススメです。

ただし、出金方法はネット口座にするようブックメーカーで取り決められていることがほとんどなので、出金先をあらかじめ決めておくことが必要となってきます。

 

E-wallet(ネット口座)を利用した入出金方法

パソコン 暇つぶし インスタグラム

E-walletとは、インターネット上の電子マネー口座です。
E-Walletの種類としては、

  • エコペイズ
  • スティックペイ
  • マッチベター
  • アイウォレット

が当てはまります。

ネット口座なので、クレジットカードやデビットカードとは違い、入金だけでなく出金も可能です。
利用方法としては、

  • 口座を開設する
  • ネット口座に入金する
  • ネット口座からブックメーカーに送金する
  • 出金の場合は、ブックメーカーからネット口座に送金する
  • ネット口座から引き出すまたはチャージとしてネット決済に使う

となっています。

E-wallet(ネット口座)を利用するメリット

E-walletは、口座を開設する手間はかかりますが、多くのブックメーカーサイトで利用できるだけでなく、出金先としても使えるというのでかなり利便性が長けています。

というよりも、ブックメーカーでは入金した口座に出金するという体制を取っているので、E-walletで一括して入出金先に指定しておいた方が便利です。
クレジットカードだと、入金しかできず、出金先はネット口座か銀行口座を指定しなければいけないので二度手間になります。

そう考えるとE-walletを1つ開設しておいた方がブックメーカーを利用するには一番便利な手段といえるでしょう。

 

バーチャルカードを利用した入出金方法

カード

バーチャルカードというのは、プリペイドカードの一種でインターネット上にある架空のカードのようなものです。
ブックメーカーで使えるものというと、アストロペイやペイセーフカードが当てはまります。

バーチャルカードの使い方やブックメーカーへの入金方法としては、

  • バーチャルカードへブックメーカーに入金したい額をチャージする
  • バーチャルカードからブックメーカーへ送金する
  • ブックメーカーの資金をバーチャルカードへ戻す
  • バーチャルカードの残高を自分の銀行口座へ送金し、引き出す

入出金の流れはネット口座とほぼ一緒ですが、あくまでもバーチャルカードの仕様はクレジットカードで入金するのと同じ扱いです。
そのため、多くのブックメーカーではバーチャルカードで入金した場合、賞金を引き出すには他のネット口座を指定することの方が主流となっています。

 

バーチャルカードを利用するメリット

バーチャルカードは、チャージした分しかブックメーカーに入金できないため、使いすぎの抑制にはなります。
自己抑制のためにチャージした分しか使わないと強い気持ちを持って使う分には良い入金手段でしょう。
また、クレジットカードと同じ扱いなので、入金した分の反映が早く、すぐに賭けて遊ぶことができます。

ただし、クレジットカードやデビットカード・仮想通貨などでチャージできるので、いずれにしてもチャージを止めどなくしてしまえば使いすぎになるので注意しましょう。

 

仮想通貨を利用した入出金方法

一攫千金 方法 仮想通貨

ブックメーカーサイトでは、仮想通貨を賭けて遊ぶことができるようにもなってきました。
以前はオンラインカジノやブックメーカーでは、仮想通貨を賭けることができませんでしたが、2022年現在では、多種多様の決済方法ができるようになり、仮想通貨も利用できます。

まず、ビットコインの場合は、仮想通貨取引所を挟み、そのときのレートでコインを購入します。
購入したコインはブックメーカーに送金して賭けるだけです。

入出金方法としては、

  • 仮想通貨取引所で日本円をビットコインに替える
  • ビットコインをブックメーカーへ送金する
  • ブックメーカーで勝った賞金は取引所または任意ウォレットに送金する
  • 取引所から銀行送金で現金化する

このように、入出金の流れはネット口座とほぼ変わりません。

仮想通貨を利用するメリット

仮想通貨を利用する最大のメリットは、儲けた賞金を

  • 取引所
  • ネット口座
  • ウォレット

に送金することができるので、回収は既存通貨よりもしやすくなっています。
仮想通貨の特徴といえば、銀行を経由せず、

  • 個人から個人へ
  • 個人からサイトへ
  • サイトからサイトへ

と自由に送れるということ。
ネット口座や銀行口座とは桁違いの柔軟性があるため、世界中のユーザーも利用しており、ブックメーカーも仮想通貨の取扱いをするようになってきているのです。

 

銀行送金を利用した入出金方法

銀行

以前ブックメーカーサイトでは、銀行からの入出金というのは取り扱っていませんでした。
しかし、2022年現在は新しい入出金方法として、ネット銀行からも入出金ができるようになっています。

沢山の利用者を増やしたいというブックメーカーサイトの意欲も感じ取れるほどですが、銀行からの入出金ができるのは新しく口座を開設する必要が無いので便利ですよね。

入出金方法も至ってシンプル。

  • 銀行口座の残高をブックメーカーへ入金
  • ブックメーカーで稼いだ賞金を銀行口座へ出金

これだけ簡単だと、銀行口座を使えるブックメーカーで遊びたくなってしまいますね。

 

銀行送金を利用するメリット

やはり新しく口座を用意する必要が無いということと、口座に入っている残高しか使えないので使いすぎを抑制できるという点がメリットとしてあげられます。

入出金方法もシンプルで明解なので、迷うことなく使うことができるでしょう。
ただし、銀行送金ができるブックメーカーサイトが増えてきているというだけで、銀行送金に対応しているブックメーカーはさほど多くありません。

事前にブックメーカーサイトを調査した上で利用するようにしましょう。

 

ブックメーカーの入出金方法を理解してプレイを始めよう

ブックメーカー

ブックメーカーへの入出金方法はいまや多種多様です。
クレジットカードも現代では持っていない人の方が少ない位なので、入金するには困らないでしょう。

ただし、やはりギャンブルサイトへの入金を制限しているところがあるくらいなので、確実に入出金ができる方法というのはあらかじめ作っておかないと後々に響いてきます。
稼いだ賞金を出金したくても、改めてネット口座を開設しなければならない状態になっていれば、必要なときに資金繰りができなくなるということになりかねません。

オススメなのは、多くのブックメーカーサイトでも採用されているE-walletを1つでも良いので開設しておくこと。
使いすぎの抑制や入出金がスムーズにできるという点で大きなメリットがあります。
特にエコペイズはほとんどのブックメーカーサイトでも取り扱っているのでオススメです。

すぐにでも遊びたいという方はクレジットカードでの入金が一番早く反映されるのでオススメですが、出金先をどこにするか決めておかねばなりません。
まずは使いすぎないように自己抑制するなど、自分に合わせた方法でブックメーカーを楽しんでみてくださいね。

オンラインカジノランキングバナー