おすすめオンラインカジノ

【ルーレット攻略法】モンテカルロ法の特徴や実践方法を徹底解説

カジノで最も有名なゲームの一つに「ルーレット」がありますが、実はルーレットには攻略法があることをご存じですか?

今回ご紹介する「モンテカルロ法」は、一説にはカジノを潰してしまうほどの攻略法とも言われていますが、リスクを抑えつつ長期戦に持ち込む安定した攻略法となっています。

状況に応じて勝負の仕方を変えることができますので、是非チェックしてみてくださいね!

↓当サイトで厳選したおすすめオンラインカジノ3選↓

ベラジョンカジノ
ミスティーノ
Interカジノ
特徴体験版あり
・24時間いつでも遊べる
・日本語対応バッチリ
・政府発行ライセンス取得済みだから安心して遊べる
入出金の手数料無料
・365日チャットとメールで日本語サポート
還元率約97%
・カード入金対応
限定キャンペーン・初回入金時500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
・登録で10ドル
・3日連続フリースピン
・7日連続デイリースピンボーナス
・ウェルカムボーナス500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
公式URL詳細詳細詳細

ルーレットのモンテカルロ法とは?

モンテカルロ法

「モンテカルロ法」とは、カジノルーレットの必勝法と呼ばれる賭け方の一つです。

この名前の由来の一つに、カジノの代名詞とも言われるモナコのモンテカルロ地区のカジノを潰した賭け方だったという説があるほどで、凄まじい威力を持っている手法であることがわかります。

実はモンテカルロのカジノはモナコで最初のカジノであり、モナコの歴史を語るうえで欠かせない地域です。

そんな地区の名前が入っているほどですから、当時の衝撃は相当なものであったことが推測できますよね。

具体的にどのような特徴があったのか、そしてどのようなメリットやデメリットがあるのか、順番にチェックしていきましょう!

モンテカルロ法の特徴

モンテカルロ法の最大の特徴は、必勝法と呼ばれることもあるように負けにくいことです。

カジノの必勝法には様々な種類がありますが、その中でもモンテカルロ法はリスクが小さく、そして損失を回収できる可能性が高いことで知られています。

カジノは勘に頼って運で勝利を勝ち取るイメージがありますが、モンテカルロ法は数字を並べた数列を用いておおよその期待値を出し、期待値に基づいてベットしていくというちょっとした理論を用いています。

期待値を導き出したうえで勝負を仕掛けていくというのは、日本のパチンコやパチスロでも用いられている手法であるため、意外に身近な考え方であることがわかります。

運任せと思いがちなカジノですが、勝利のためにはしっかりとした理論が必要であるということをモンテカルロ法が証明してくれていますね。

モンテカルロ法のメリット

モンテカルロ法のメリットは、先述したようにリスクが小さいことが挙げられます。

ベット毎に期待値を算出していき、損失を回収しながらベットの額を決めていきますので、無駄に額の大きいベットをすることはありません。

試行回数を重ねていくようなコツコツ長期型の賭け方となりますので、とにかくカジノで大負けしたくない!という方にとってはうってつけの手法だと言えるでしょう。

また、モンテカルロ法はやり方が決まっていますので、やり方さえ覚えてしまえば、あとは紙とペンがあれば誰にでも実践可能というのも大きなメリットです。

ランドカジノでは紙とペンを持ちながらプレイするのは難しいですが、オンラインカジノであればメモするのは自由ですので、まさにオンラインカジノにピッタリな賭け方なのです!

モンテカルロ法のデメリット

モンテカルロ法のデメリットとしては、コツコツと長期戦に持ち込んでの戦い方となりますので、それなりに時間を要することが挙げられます。

勝負に勝てばすぐに終了となりますが、負けが続くと負債を回収するまで継続させることになるため、時間に余裕がある時でないとお勧めできません。

また、モンテカルロ法はリスクが小さい賭け方であるものの、最後に負債を回収して終了となる手法なので、負けが続いてしまうとどんどんベットする額が大きくなってしまいます。

言い換えれば「勝つまでやり続ける」ことになるので、モンテカルロ法を試す場合はそれなりの覚悟が必要となります。

少なくとも適当にプレイするより負けるリスクは軽減できますので、粘り強く勝負する精神力を持っていればモンテカルロ法の力を発揮できるでしょう。

モンテカルロ法の賭け方

モンテカルロ法の賭け方

それでは、具体的な賭け方についてご紹介していきます。

カジノにおけるモンテカルロ法には、「2倍配当」と「3倍配当」と2種類の賭け方があります。

どちらも賭け方の基本は同じですが、「2倍配当」は全体的にベット額が小さくなっており、1回では負債を全て回収できないケースもあります。

一方で、「3倍配当」は全体的なベット額が大きいため、1回で負債を全て回収し利益を発生させる確率が高くなっています。

それぞれの賭け方にふさわしいゲームがありますので、優劣つけることはとても難しいです。

「2倍配当」と「3倍配当」の両方をマスターし、状況に応じて使い分けられるようにするのが理想だと言えるでしょう。

2倍配当の賭け方

それではまず、「2倍配当」の賭け方から見ていきましょう。

モンテカルロ法の賭け方は、「2倍配当」でも「3倍配当」でも数字を並べた数列を用いて次のベット額を決めていきます。

そのため、先述した通り、紙とペンが必要となりますので、始める前に準備しておきましょう。

まず紙に数字「1,2,3」と書いてからルーレットをスタートします。

最初のベット額は、数列の一番外側の数字を足した額となりますので、数列「1,2,3」の場合は1と3を足した4ドルとなります。

モンテカルロ法は、勝利したら数列の一番外側の両方の数字を消し、残った数字がなくなるか1つになった時点で終了となり、結果的に勝利を収めることができる賭け方です。

数列「1,2,3」の一番外側の数字を消すと、「2」だけが残ります。

残った数字が1つだけになりましたので、勝負はこれで終了となります。

勝負の終了が何を意味するのかというと、それは即ち「勝利」です。

4ドル賭けて勝利した場合、「2倍配当」なので8ドル得ることができます。

差し引きすると4ドルの勝利ということになりますが、カジノの目的はお金を増やすことですから、勝負は終了しても良いということになるのです。

では、最初の勝負で負けてしまった場合はどうしたら良いでしょうか。

負けてしまった場合は、数列に次の数字を追加します。

先ほどの数列は「1,2,3」だったので、次の数字である「4」を追加して「1,2,3,4」という数列ができあがります。

ベット額は、先ほどの勝負と同じ方法で決めますので、次のベット額は1と4を足した5ドルということになります。

5ドルを賭けて勝負をして勝った場合は、数列の両端である「1」と「4」を消して、残った「2」と「3」を足した5ドルでもう一度勝負することになります。

3回目の勝負で再び勝利した場合は、「2」と「3」を消すこととなり、数列に数が残らないので終了となります。

2回目の勝負で負けてしまった場合は、「4」の次である「5」を追加し、両端の数字「2」と「5」を足した7ドルをベットして3回目の勝負に挑むことになります。

モンテカルロ法とは勝利を収めるまで継続してベットし続けるわけですが、負ければ負けるほど数列の数字が大きくなるため、ベットする額が大きくなっていきます。

理論上は勝つまで賭け続ける必要がありますが、現実的には賭けられる金額には限界がありますので、注意が必要です。

3倍配当の賭け方

それでは続いて、「3倍配当」の賭け方を見ていきましょう。

「3倍配当」とは、賭けたベット額に対して、3倍のリターンとなるように賭けることです。

例えばベット額が10ドルである場合は、30ドルのリターンになるのが「3倍配当」となります。

「3倍配当」のモンテカルロ法は、先ほどの「2倍配当」とよく似ています。

最初の数列は「1,2,3」で、両端の数字である「1」と「3」を足した4ドルがベット額になるのは同じです。

「2倍配当」との違いは、勝負に勝った時に消す数字の数です。

「2倍配当」では両端の数字を消していましたが、「3倍配当」では両端の数字2つずつを消します。

例えば、「1,2,3,4,5」という数列があった場合、「2倍配当」だと「1」と「5」を消しますので、次のベット額は残った「2,3,4」の両端である「2」と「4」を足した6ベットとなります。

しかし「3倍配当」の場合は、消す数字は「1」「2」「4」「5」の4つとなりますので、「3」しか残りません。

数列がなくなったり、数字が1つになったら勝負は終了というルールは変わらないので、「3倍配当」ではここで勝負が終了するのです。

つまり、「3倍配当」は「2倍配当」よりも勝負する回数が少なくなります。

理由としては、「3倍配当」は勝利した際のリターンが大きいため、少ない勝負数で勝利を収めることができるからです。

勝負数が少ないのは良い点であるものの、配当が高い方が勝率が下がってしまうため、「3倍配当」の方が勝つまでのベット額が大きくなってしまいますので注意が必要です。

【ルーレット必勝法】モンテカルロ法の実践方法は?

モンテカルロ法の実践法

モンテカルロ法には、「2倍配当」と「3倍配当」の2種類ありますが、実はルーレットの賭け方によってどちらのモンテカルロ法が適しているのか変わります。

ルーレットの賭け方は人それぞれ違いますので、それはつまり人によって用いるモンテカルロ法も異なるということです。

それでは、具体的にモンテカルロ法をどのように実践で活かしていくのか、チェックしていきましょう!

2倍配当の実践方法

「2倍配当」が狙えるルーレットのベットは、ズバリ二択の勝負です。

ルーレットにおける二択の勝負だと、

  • ・赤黒賭け
  • ・ハイ&ロー賭け
  • ・奇数偶数賭け

といった、勝負が挙げられます。

どれも二択ですので、わかりやすさも相まって攻めやすい賭け方とも言えますね。

ルーレットには「0」や「00」がありますので、50%とまでは言えませんが、ほぼ半分の確率で勝利を収めることが可能です。

モンテカルロ法の基本中の基本となりますので、まだモンテカルロ法に慣れていない方は、まず「2倍配当」にチャレンジしてみると良いでしょう。

3倍配当の実践方法

「3倍配当」が狙えるルーレットのベットは、言うまでもなく三択の勝負です。

よって、ルーレットの勝負で「3倍配当」となる賭け方は、

  • ・コラムベット
  • ・ダズンベット

などが挙げられるでしょう。

コラムベットとは、「1」から「36」までの数字が3列に並べられているうちの1列にベットする賭け方です。

3で割って余りが1となる数字の列、余りが2とある数字の列、余りが0となる数字の列の3列から成ります。

一方でタズンベットとは、「1」から「36」の数字を「1~12」、「13~24」、「25~36」の3つに分けたうちの1つにベットする方法です。

どちらのベットも集合している数字は異なりますが、3つにわけられたうちの1つにベットするわけですから、「3倍配当」となるのです。

「2倍配当」と比較すると当たる確率は下がりますが、その代わり当たった時の倍率が高くなりますので、「3倍配当」の方が荒い勝負になりますよ!

【低リスク】ルーレットのモンテカルロ法の攻略法は?

モンテカルロ法の攻略法

コツコツと長期戦に持ち込むモンテカルロ法ですが、ルーレットで勝つための攻略法が幾つかあります。

「2倍配当」なら勝率およそ50%、「3倍配当」なら勝率およそ33%となるわけですが、モンテカルロ法は長期戦となりますので、自分に合った攻略法を見つけられると安定した気持ちで勝負に臨むことができますよ!

数列を変える

モンテカルロ法は、勝負に負けると右に数字を増やしていき、勝負に勝つと左右の数字を減らしていくのが一般的なルールです。

負けが続くと、どんどんベット額が増えていくことになりますが、その原因は負けるごとに右側に大きな数字が積み重なっていくからです。

残っている数字が小さければ小さいほどベット額が小さくなるわけですから、早く大きな数字を消す方法として「数列変え」という攻略法があります。

具体的な手法としては、どこかのタイミングで、両端の数字を入れ替えるだけという簡単なものです。

左側の数字が大きくなるため、次の勝負で勝つことができれば、一気に大きな数字を減らすことができます。

但し、この方法はベット額にメリハリが効くようになってしまいますので、ここぞという時に使うようにしたいものです。

複数の数列で勝負する

モンテカルロ法の弱点は、長期化するほどベット額が上がっていくところにあります。

長期化するということは負けが続いているということになるので仕方ないことですが、せっかくコツコツやりたいのに、負け続けているからといってベット額が大きくなることを毛嫌いしている方も多いかと思います。

そこで登場するのが、数列を複数用意し、バランスよく勝負をしていくという攻略法です。

数列が1つしかないと、長期化するほどベット額が増えていきますが、数列が複数あれば、ベット額が増えるスピードを抑えることができます。

それぞれの数列にある数字がなくなる、若しくは1つになったら勝利、というルールは変わらないので、リスクを分散したい場合にはお勧めの攻略法です。

ルーレットの空回しでベットする場所を選ぶ

ルーレットの中には、ベットせずにルーレットを回す「空回し」ができるルーレットが存在します。

空回しをすることで、ルーレットの結果を蓄積し、次の結果を予想するための材料を集めることが可能となります。

例えば「3倍配当」の場合、ルーレットで賭けるのは先述した通り、コラムベットの3箇所、ダズンベットの3箇所の計6箇所のいずれかとなります。

この6箇所のうち、5回連続で出ていない箇所を狙ってベットすることで、確率の収束を狙った勝負ができるようになります。

ルーレットとは完全確率であり、一般的にはそれまでの結果が次の結果に影響を及ぼすことはありません。

しかしその一方で、ずっと出ない箇所があるというのもあり得ない話なので、空回しによるデータ収集は意味がないとは言えないでしょう。

ルーレットの必勝法?モンテカルロ法の実践におすすめのオンラインカジノ3選

オンラインカジノサイト

オンラインカジノにはいろいろなゲームがありますが、その中でもモンテカルロ法の実践にお勧めのオンラインカジノがあります。

オンラインカジノによってプレイできるルーレットが異なりますので、是非自分に合ったオンラインカジノを探してみてください!

カジノシークレット

カジノシークレットでプレイできるルーレットは全部で9種もあり、王道であるヨーロピアンルーレットはもちろん、アメリカンルーレットにスピードルーレットと様々なゲーム性のルーレットをプレイすることができます。

モンテカルロ法は長期戦となりますので、スピード感を重視したスピードルーレットで実践するのも手です。

また、インスタントルーレットと呼ばれる同時に12個のルーレットをおこなうスピード重視のルーレットもあります。

カジノシークレットはライブカジノにも力を入れており、ライブカジノで人気の高い「ライトニングルーレット」がプレイできるのもカジノシークレットならではと言ってもいいでしょう。

しかも、「ライトニングルーレットの1人専用テーブル」が用意されているので、周りを気にせずにプレイすることができますよ!

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノはカジノシークレット同様に、ライブカジノもテーブルゲームも揃っており、色々な種類のルーレットをプレイすることができます。

ベラジョンカジノでルーレットをプレイするのであれば、是非おススメしたいのが「ジャパニーズルーレット」です。

ジャパニーズルーレットはその名の通り日本人向けに作られたルーレットであり、チャットを通じて日本語でディーラーとやり取りできるのが最大の特徴です。

ベットレートも$0.5以上となっており、ルーレット初心者でもプレイしやすくなっています。

モンテカルロ法を実践する環境としては最適なので、是非チェックしてみてください。

カジ旅

カジ旅のルーレットはライブカジノがメインとなっており、ベット額の幅がとても広くハイローラーも愛用しています。

カジノにおけるルーレットとはスロットなどと違い、ランドカジノしかなかった時代から楽しまれている、伝統的なゲームです。

カジ旅はランドカジノが元来持っている絢爛さの雰囲気を大事にしており、「グランドカジノルーレット」を代表するように自宅にいながらも本場カジノの雰囲気が楽しめるように工夫しています。

本場カジノ雰囲気に浸りながらモンテカルロ法を実践してみると、まるでランドカジノに足を運んだような満足感が得られることでしょう!

まとめ:ルーレットのモンテカルロ法は長期目線が重要

まとめ

カジノは運の要素がとても強いのですが、運の要素をなるべく平たくして安定して勝負をするのがルーレットの攻略法「モンテカルロ法」です。

出来る限りリスクを抑えながら、確実にお金を増やしていく手法なので、堅実にルーレットで勝ち続けたいと思っている方にとってはうってつけの賭け方だと言えます。

ルーレットには様々な攻略法がありますが、モンテカルロ法は勝ち癖をつけるために重宝される戦い方ですので、実践を通してマスターしていきましょう!

オンラインカジノランキングバナー