オンラインカジノの税金カジノ初心者ガイド

ベラジョンカジノの支払調書はどう取得する?税金や確定申告について解説

今回は、ベラジョンカジノでの支払調書の取得方法、また税金や確定申告について解説していきます。
オンラインカジノで、ある一定の勝利金を手にした場合、確定申告が必要になります。
せっかく高額当選を果たしても、その後の確定申告で漏れがあったら困ってしまいますよね。そのために事前に知識を頭に入れておくことがポイントです。

↓当サイトで厳選したおすすめオンラインカジノ3選↓

ベラジョンカジノ
ミスティーノ
Interカジノ
特徴体験版あり
・24時間いつでも遊べる
・日本語対応バッチリ
・政府発行ライセンス取得済みだから安心して遊べる
入出金の手数料無料
・365日チャットとメールで日本語サポート
還元率約97%
・カード入金対応
限定キャンペーン・初回入金時500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
・登録で10ドル
・3日連続フリースピン
・7日連続デイリースピンボーナス
・ウェルカムボーナス500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
公式URL詳細詳細詳細

ベラジョンカジノ(Vera&John)は支払調書を出してくれない?


ベラジョンカジノをはじめとした一部のオンラインカジノでは、実は支払調書を発行してくれるというサービスは行っておりません
そのため、日頃からご自身でギャンブルの収支を表でまとめておくことをおすすめします。
また、エンパイアカジノ、クイーンカジノ、エルドアカジノなどでも支払調書は発行してもらえませんので、ベラジョンの他にこういったオンカジで勝利金を得た場合も、収支表を忘れず記録しておきましょう。
日頃からメモしておくことで、確定申告の時期にあわてずに済みます。

ベラジョンカジノの確定申告は?書き方のポイントもご紹介


ここからは、ベラジョンカジノの確定申告について解説していきます。
書類の書き方についてのポイントもご紹介しますので、ぜひご覧ください。

      • 確定申告の期間は?
      • 確定申告で必要になる書類は?
      • 要注意!会社員の方は「普通徴収」にチェックを入れた方が良い?

確定申告の期間は?

普段確定申告をしたことのない人は、「いつ申告すればいいの?」と疑問ですよね。確定申告の期間は翌年2月16日〜3月15日の1ヶ月間となります。
この期間は税務署がとても混み合いますので、慣れている人であればインターネットから確定申告をすることも可能です。
しかし、いまいち書き方が分からなかったり、心配な点がある場合は、税務署で確定申告をすればその場で質問することもできます。
また、期間内の最初と最後のそれぞれ3日間を避ければ多少は空いているので、その時期を狙って申告に行くことをおすすめします。

確定申告で必要になる書類は?

ベラジョンカジノをはじめ、オンラインカジノでの確定申告で必要な書類は、以下の3つです。

      • 源泉徴収票
      • 支払調書
      • 経費の領収書

源泉徴収票は、会社員でしたら会社から年末近くになると発行してもらえますので、忘れず保管しておきましょう。
支払調書に関しては、ベラジョンカジノでは発行されませんので、取引履歴を参考にしてエクセルやwebサービスなどで作成することになります。
経費の領収書に関しては、オンラインカジノでは「0円」となりますので、提出する必要はありません。

要注意!会社員の方は「普通徴収」にチェックを入れた方が良い?

最近では、副業が許されている企業が増えてきていますが、未だに副業が禁止されている会社も多いのが現状です。
副業がばれると面倒、という方は確定申告の書類に記載されている「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」の欄の「普通徴収」にチェックを入れましょう。
チェックを入れないと住民税の請求が会社に届いてしまい、会社での給与と所得に差があることに気づかれてしまいます。
そのため、必ず普通徴収にチェックを入れることをおすすめします。

ベラジョンカジノの税金について


ここでは、ベラジョンカジノをはじめとしたオンラインカジノにおける税金の扱いについて、詳しくご紹介していきます。

        • オンラインカジノの利益は一時所得とされ税金が発生する
        • 一時所得に対する税金の計算方法は?

オンラインカジノの利益は一時所得とされ税金が発生する

オンラインカジノは、パチンコやスロット、競馬などと同様に、勝利金を獲得した場合は税金が発生します
こうして得たギャンブルのお金は、個人収入として扱われ、所得税のうちの「一時所得」と呼ばれます。
特にオンラインカジノでは、送金時や出金時に銀行やクレジットカードを通して記録が残りますので、申告をしないとばれる可能性が大きいです。
これはエコペイズやアイウォレットなどといった、オンライン決済を利用して取引した場合も同様です。
ばれないと思って申告漏れをした場合、税務署によって調査が入ります。そのため、「脱税は考えないこと」がポイントです。

一時所得に対する税金の計算方法は?

一時所得の場合は、通常の所得税とは異なり、利益が上がった場合のみ計上します。
また、すべての勝利金に税金がかかるわけではなく、最大50万円は控除されるので、1年間で得た一時所得が合計50万円以内であれば確定申告をする必要はありません。
一時所得の計算方法は、以下の通りです。
収入金額ー支出金額ー特別控除額(最高50万円)=一時所得
オンラインカジノでは、支出金額はありませんので全て0として換算します。
例えば100万円の勝利金を得た場合、計算方法は「100万ー0ー50万」となるので、一時所得の50万円が課税対象となります。
一時所得に対する税金の割合は、以下の通りです。

課税対象となる金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円から330万円10%97,500円
330万円から695万円20%427,500円
695万円から900万円23%636,000円
900万円から1,800万円33%1,536,000円
1,800万円から4,000万円40%2,796,000円
4,000万円以上45%4,796,000円

サラリーマンの場合は、オンラインカジノでの勝利金の他に給与所得もありますので、合算した場合の計算方法は以下の通りになります。
(給与所得+一時所得/2)×税率-控除額=所得税
ベラジョンカジノでこういった税金を計上する際は、取引履歴がありますので、それを参考にすればとてもスムーズです。
また、勝つまで倍賭けしていく「マーチンゲール法」で利益を得た場合、「勝利金ーベット額=一時所得」ということになります。

ポイント|オンラインカジノは日本語対応のサイトを選ぼう

日本語サポートがあるオンラインカジノで
オンラインカジノで大きく勝った時は必ず確定申告が必要になります。ただ、確定申告をしたことがない場合は聞くことも多いですし、面倒に感じてしまう人もいるでしょう。
そこで、少しでも確定申告の処理をスムーズに行うために、人気のオンラインカジノというだけでなく日本語対応をしているオンラインカジノを選ぶ様にしましょう。
無料でベラジョンに登録して遊ぶ

ベラジョンカジノで稼いだ後はしっかり税金を納めよう!


他の公営ギャンブルと違い、オンラインカジノでは勝利金を得た場合はインターネット上に記録として残りやすい、という特徴があります。
そのため、確定申告をしないと税務署からチェックが入る可能性が大きいです。
特にベラジョンカジノでは、日本人プレイヤーが多くジャックポットを叩き出しており、今後も高額当選するプレイヤーが出てくるでしょう。
ベラジョンカジノで利益を獲得したら脱税はせず、「しっかり納税する」ということが、長くオンラインカジノを楽しむコツです。

オンラインカジノランキングバナー