ラボ子
ラボ子
ライター
最終更新日: 2024年05月20日
ポーカーカジノゲーム

【目指せ脱初心者】ポーカーで勝つための必勝本-GTOの暗記は意味ない?-

このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。 消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や広告」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、安心してお読みください。問題のある表現が見つかりましたら お問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
また、当サイトではギャンブルによる依存症対策として以下2つのサイトを紹介しています。1人で悩まず専門機関に相談してください。

最後に、当サイトは海外在住日本人向けのサイトです。オンラインカジノを利用した賭博には十分注意してください。
  • 警察庁の見解

  • 多くのプレイヤーが腕を競うオンラインポーカーにおいて、戦略は非常に重要です。

    ですが、初めの頃や不慣れな頃は戦略に迷ってしまったり、どのようにプレイするのが良いのかわからなくなることも多いですよね。

    この記事ではポーカーの勝率を上げるためのテクニックを用語とともに解説いたします。加えて、ポーカー戦略の具体的解説と、事例から学べるポーカー戦略の極意についても解説いたします。

    根拠として動画などから具体例を引用し、実際のプレイをイメージしながら解説しますので、是非最後までご覧ください。

    この記事でわかること
    ポーカーの勝率を上げるための戦略テクニック
    ポーカー戦略の具体的解説
    事例から学ぶポーカー戦略の極意

    ↓当サイトで厳選したおすすめオンラインカジノ3選↓

    ベラジョンカジノ
    ミスティーノ
    Interカジノ
    特徴体験版あり
    ・24時間いつでも遊べる
    ・日本語対応バッチリ
    ・政府発行ライセンス取得済みだから安心して遊べる
    入出金の手数料無料
    ・365日チャットとメールで日本語サポート
    還元率約97%
    ・カード入金対応
    限定キャンペーン・初回入金時500ドル
    ・アカウント登録で30ドル
    ・図解入りマニュアルプレゼント
    ・登録で10ドル
    ・3日連続フリースピン
    ・7日連続デイリースピンボーナス
    ・ウェルカムボーナス500ドル
    ・アカウント登録で30ドル
    ・図解入りマニュアルプレゼント
    公式URL詳細詳細詳細
    arrow left「otoku45」を入力で$50のボーナスがもらえるarrow right

    ポーカーの戦略で初心者がまず気を付けるべきこと

    ポーカーの戦略における気を付けるべきことは多くありますが、その中でも特に「やってはいけないこと」は以下の3つです。

    •  無駄なベットはしない
    •  ポジションを必ず意識する
    •  ポットサイズをコントロールする

    無駄にベットしない、プレイ時にはポジションやポットサイズを常に意識してプレイするという部分を忠実に守れば、確実に勝率アップへとつながっていくはず。

    それぞれのポイントや注意点を順番に解説いたしますので、必ずチェックしてみて下さい。

    無駄なベットはしない

    まずプレイする時の大前提として、無駄なベットは避けるべきです。

    ポーカーはポジションや自分、相手のハンドにより勝敗が大きく変わります。

    後に記述するポジションにもよりますが、スモールブラインドやビッグブラインドなどに割り当てられていない限りは必ずしもベットする必要はないため、状況をよく見極めて勝負に出るのかどうかを判断するようにしましょう。

    気分や感覚でベットするのではなく、自分と相手の状況をよく見極めたうえで動くことが大切です。

    ポジションを必ず意識する

    プレイ時には必ずポジションを意識する、を徹底しましょう。

    ポーカーにおけるポジションは、勝敗を左右するほど重要だと言われています。アクションが全て時計回りに処理されていくポーカーでは、割り当てられたポジションに応じて出来ることも変わってきます。

    例えばブラインドは絶対にベットしなければならないことや、アンダーザガンは最初にアクションしなければならない立場のため、最も不利なポジションであることなどが挙げられます。

    ポーカー慣れているプロプレイヤーの一部はポジションで勝敗がわかるというほどに重要な項目であるため、ポジションは必ず覚えて役割を意識するのがおすすめです。

    ポットサイズをコントロールする

    ポットサイズを適切にコントロールすることで、より稼ぎやすいプレーが可能となります。

    ポットサイズはすでにテーブル上にベットされたチップの総量のことを指しますが、ポットサイズを適切にコントロールする意識を持つことは大事な戦略の1つです。

    自分のハンドが強い時はポットサイズを大きくし、対戦相手の方がハンドが強いと想定できる場合、自分が勝っているのか判断が難しい場合はポットサイズを小さくするのが基本です。

    ゲームの勝者がポットを全て総取りできるのがポーカーのルールであるからこそ、ポットサイズは適切な値を保つようにしましょう。

    arrow left「otoku45」を入力で$50のボーナスがもらえるarrow right

    初心者が必ず行いたいポーカーの戦略

    まだポーカーに完全になれていない初心者の人が行うべきポーカーの戦略もたくさんありますが、その中でも特におすすめできる戦略をいくつか紹介します。

    •  プリフロップでタイトレイズ
    •  ドロー時はレイズorベット
    •  オッズ計算で勝負を見定める
    • フィッシュを見つける

    プリフロップ時にタイトかルーズなプレイならどちらをすべきなのかや、ドロー時にはどういう風に判断するべきかなど、戦略の基本となる部分を解説していきます。

    また、適切なオッズ計算ができることや、最悪フィッシュを見つけるという動きも必要になるかもしれません。
    戦略の詳しい概要は以下でチェックしてみましょう。

    プリフロップでタイトレイズ

    プリフロップ時にどう動くかというのは、ポーカーをプレイする時に非常に大切になってきます。その中で、ハンドが弱ければフォールド、強ければレイズしていくタイトなプレイも戦略としては有効です。

    極端な話ですが、プリフロップ時のハンドが「AA」や「KK」など強力な物であれば強気にレイズしていき、逆に「73o」や「72o」などの極端に弱いハンドが来てしまった場合は参加せずにフォールドを選択していく、といった感じになります。

    タイトすぎるプレイはあまり良いとも言えませんが、まだポーカーに慣れておらず判断が難しい場合はプリフロップ時のハンドである程度判断してしまうのも良いでしょう。

    ドロー時はレイズorベット

    ドローにもさまざまな種類がありますが、あと少しで相手よりも強いハンドが完成する状況下であれば強気にプレイしていくべきです。

    例えば2オーバー時にターンとリバーでアウツを引ける確率は24%あり、引ければ相手より強いハンドが完成します。

    同様に、ストレートドロー時にアウツが引ける確率は16%となっています。状況に応じて必ずしもこの確率が一定ではありませんが、こういったケースの場合はベットorレイズでプレイしていくのが最初のうちは良いでしょう。

    オッズ計算で勝率を見定める

    オッズとは確率のことを指しますが、ポーカープレイ時にオッズ計算を正しく行えることは非常に大切といえるでしょう。

    プレイ時にアウツの確率を見定めるのはもちろん、ポットオッズを見定めるもの収支を得るには重要なこととなります。

    一例を挙げると、アウツが5枚の時にターンで引ける確率が10.6%、リバーで引ける確率は20.4%となり、アウツの枚数が2枚の時はターン時4.3%、リバー時には8.4%…といった具合です。

    計算が難しい!という場合はおおよその数値にはなりますが、「アウツの枚数」×「ターン時は2倍」「リバーは4倍」と覚えるとかなり覚えやすくなります。

    ただし、この方法はアウツの枚数が増えるにつれて計算が合わなくなるのであくまでも概算であることは注意しましょう。

    ポッドオッズについては自分がベットしたチップやコールしたときのチップ数などを踏まえて、ポッドを総取りした時にどれくらいの収支になるか、という計算です。

    オッズを見定めることで勝率も見定めることが可能となることからも、オッズ計算は少しずつでも良いので慣れていくようにするのがおすすめです。

    フィッシュ(特徴)を見つける

    最後に、初心者のうちはフィッシュを見つけるのも戦略の1つです。ポーカー用語に「フィッシュ」という用語があり、これはいわゆるプレイがあまりうまくない人のことを指します。

    フィッシュにみなされるプレイヤーは戦略などをあまり考えたりせずに行動することが多く、自分が勝てない状況下でもベットしたりなど、通常の戦略では行わないようなプレイングになっているのが特徴です。

    初心者のうちはそういったフィッシュを見つけて勝率を上げていくのも良いですが、自分自身がフィッシュにならないようにだけは注意しましょう。

    arrow left「otoku45」を入力で$50のボーナスがもらえるarrow right

    勝率を高めるためのポーカーの戦略は?

    ここからは、より勝率を高めるためのポーカーの戦略について触れていきます。

    •  モノトーンボード戦略
    •  リバーブラフ戦略
    •  プリフロップ戦略

    モノトーンボード時にどういった戦略を取ればよいのか、また時にはブラフプレイも重要な戦略となります。

    またプリフロップ時にどういった戦略を取るべきなのかなど、どれも有名な戦略とはなりますが、それぞれのポイントを解説していきます。

    モノトーンボード戦略:ハンドを基準に見極めが重要

    モノトーンボードとは、ボードが1種類のスートで構成されているものを指しており、この状態から行う戦略をモノトーンボード戦略と言います。

    モノトーンボード自体が起きる確率は5.18%となっており、おおよそ20回に1度起きるかどうかの状況です。
    この状況はフラッシュやフラッシュドローが非常に発生しやすく、2ペアやストレートでは勝ち目が薄くなってしまいます。

    ここで普段と同様にプレイングしていると思わぬミスを招いてしまう可能性があり、通常のボード時と比べて勝率も低い傾向にあるため、自身のハンドに応じて慎重に動く必要があるといえるでしょう。

    戦略としてはベットサイズを普段より抑え、特定のフラッシュドロー時のみレイズしていくのが有効です。
    「Ks2s」などの強力なハンドの場合はレイズしていき、逆に「8s7s」などの場合はコールしていく流れとなります。

    リバーブラフ戦略:嘘を巧みに操る力も必要

    ポーカーではリバーブラフという戦略も用いられています。

    ブラフというのは嘘を意味する用語ですが、簡単に説明すると「相手に自分のハンドが強いと勘違いさせて降りて(フォールド)もらう」という戦略です。

    ブラフにはピュアブラフとセミブラフという2種類がありますが、リバーブラフはピュアブラフに分類されており、「自分のハンドが確実に負けている状況であえてベットすることで、相手に降りてもらう」ことに一点賭けする戦法です。

    ですがあらゆる状況下においてブラフするのはおすすめできず、例えば深い考えを持たずにコールやレイズを多用する相手よりも、ある程度プレイに慣れていてこちらのハンドを予測してくるようなプレイヤーに仕掛ける方が有効といえるでしょう。

    また、弱気なプレイばかりだったプレイヤーが急にレイズコールを多用しだすとブラフとバレやすい点にも注意が必要です。

    ブラフしやすいボードは主に「ボードにペアができておりスリーカードの完成を匂わせる」時や「3枚目のスートが落ちてフラッシュの完成を思わせる」などが有効なタイミングです。

    プリフロップ戦略:初手で勝率を判断せよ

    ポーカーで重要なタイミングは「プリフロップ」時であるというのは有名です。

    プリフロップはスターティングハンドが配られ、スモールブラインドとビッグブラインドがベットしてからアンダーザガンを始めに時計回りにアクションして全員が同じベット額に揃うまで続けるのがルールです。

    ブラインドはベット必須となっている以外はレイズやコール、フォールドのアクションを取ることが可能になっており、この時点でのポジションやハンドの組み合わせによってどういうアクションを起こすのかが戦略となります。

    アンダーザガンが嫌なポジションと言われているのは、最初にアクションしなければならないという点です。

    他のプレイヤーがどういったアクションを取るのか予想できないということは、それだけ強いハンドを相手が持っている可能性があるということに直結しており、ポジションに応じてオープンレイズ時に参加できるハンドレンジの広さが変わってくるのがプリフロップでの重要ポイントと言えます。

    例えばハンドが「AA」や「KK」といった極端に強いハンドである場合はレイズするのが有効ですが、逆に勝率のそこまで高くない「T9o」や「T8o」のハンドであったとしても絶対にフォールドすべきというわけではありません。

    上記で触れているブラフ戦法などと組み合わせて、勝率の高くないハンドでもあえて参加することで対戦相手のフォールドを狙うのも1つの戦法です。

    その時のポジションにもよりますが、戦略として有効なのは「適正な額をレイズする」ことや「プレイヤーのポジションと実力を考慮する」点です。

    ハンドに応じてレイズするベットを変えるのはあまりおすすめできず、かといって極端に小額をレイズしても相手にプレッシャーを与えるのは難しくなります。

    理想的なベット額は大体2.25BB~4BBの間とされており、ハンドの内容に関わらずレイズ額は一定にする方が良いでしょう。

    また、ビッグブラインドなどの良いポジションにいるプレイヤーが実力のある人だった場合や、逆に初心者だった場合もプリフロップ時の動きは変わってきます。

    初心者であればゲームに参加しやすいと判断できたり、実力者の場合はわざとリンプしてみて動きを見るなども、ゲームへの参加を決めるうえで重要なアクションと言えます。

    プリフロップを制すればそれだけ勝率も上がるでしょう。
    そのためにはスターティングハンド表などを参考にポジションからハンドレンジを算出し、アクションするのが大切です。

    arrow left「otoku45」を入力で$50のボーナスがもらえるarrow right

    ポーカーの戦略についてよくある質問は?

    ポーカーの戦略について考えた時によくある質問をいくつかピックアップしてご紹介します。

    近年急速に有名になりつつあるGTO戦略についてや、確率を考えるのがいかに大切なことなのか、という疑問、まだ上級者や実力者が実際に使用している戦略など、よく直面する疑問についてまとめています。以下を参考に、少しでもポーカーの知識を付けられるようにしてみましょう。

    ポーカーの戦略「GTO」って何?

    プレイングの手法として近年急速に発達しているのがGTO戦略と呼ばれる理論です。

    最適なゲーム理論と言われているGTOは、主に相手に搾取されないプレイングを目的に展開されています。よくじゃんけんで例えられていますが、グーチョキパーの3手を偏りなく同一の確率で出すのがGTO戦略と例えるとわかりやすいと思います。

    このじゃんけんを対戦に置き換えると、対戦相手がもし優秀な心理学者であった場合は自分の心理が読み取られてしまい勝率が低くなってしまう可能性がありますが、「最初はグーだったから次はパー」などの心理的な要素にとらわれず3手を一定の確率で必ず出すことを守った場合、心理学が関係なくなり少なくとも勝率はイーブンになるということがわかります。

    これをポーカーに置き換えると、相手がミスすればその分こちらが利益を得るという結果になり、ミスしなくてもイーブンな結果を得られる、ということになります。

    ポーカーにはバリューベッドとブラフを実行する際の比率にGTOが使われており、最適解を出すのに用いられており、一例として「リバーの時点でポットが100ドル」「ヘッズアップ時にプレイヤーが100ドルベットした」場合、「相手がコールすると200ドルの利益が出る」

    そしてこの時に必要な勝率は33%となり、オッズは3倍となっています。この場合、バリューベット67%にブラフ33%の比率が最適解になり、相手が100%コールしてもフォールドしても100ドルの利益が出る、という考え方が最適となるでしょう。

    これは基本的な内容で、じゃんけんと違うのは相手の強さによってその比率を調整する必要があるという点です。GTOを用いた戦略の組立は、心理的な思考のループを防止する役割も果たしている点で重要です。

    「相手のハンドは何なのか」や、「自分のハンドがどういう組み合わせなのかを相手がどう考えているのか」など、ポーカーにおいて思考というのはキリがない要素になっており、そういった戦略におけるブレをある程度調整してくれる役割があるのは良い部分と言えるでしょう。

    ポーカーの戦略で確率を考えるのって大事なの?

    ポーカーにおける確率を考えるというのは、ゲームの参加を決めるだけでなく勝率を上げるのにも重要な役割を果たしています。

    ゲーム内で関係するあらゆるルールに確率が関わっており、ゲームプレイ時に大きな影響を与えています。例えばハンドが配られた際に特定のポケットペア(AAなど)が揃う確率は約0.5%となっており、それ以外のポケットペア(JJやQQなど)が揃う確率は約5.8%となり、確率に差が出るのがわかりますでしょうか。

    それ以外にもヘッズアップ時のハンドごとの勝率(プリフロップ時)も確率で計算されており、強力なハンドである「AA」は85.3%なのに対して最低勝率である「23o」は31.2%まで落ちてしまいます。

    フロップで役が完成する確率ももちろんあり、特定のワンペアが揃う確率は31%ですが、ツーペアが揃う確率になると「2%」まで減少します。ポーカーにとって確率は最も重要な要素となるため、簡単なものは暗記できると尚良いかもしれません。

    上級者が行っているポーカーの戦略は?

    上級者が行っている戦略は多くありますが、今回は比較的簡単に可能な「ブロッカー」という戦略を紹介します。

    考え方としては非常にシンプルであり、自分の持っているハンドから相手の持っているハンドをある程度絞る方法を指します。

    例えば自分がAhKhをハンドで持っている場合、相手がAAやKKを持つ可能性はどうなるでしょうか。もともと6通りずつ存在するポケットペアのうち1枚ずつを自分が所有しているため、相手が持っている可能性は3通りずつ減少し、相手の持つハンドをある程度絞れます。

    またAhを自分が所有していると仮定した場合、自分以外のプレイヤーがナッツフラッシュになる可能性が全くなくなる、などもブロッカーの考え方となります。

    ゲームに慣れてきたら、自分が持っているハンドから相手のハンドを予測してゲームを進めるのもポーカーで勝利していく上では重要な戦略と言えるでしょう。

    ポーカーのトーナメントでの戦略は?

    ポーカーのトーナメントにおける戦略は「中盤以降は攻撃的な面が必要」「ベットサイズを適正に保つ」という点です。

    トーナメントには序盤・中盤・終盤と3つの場面が存在します。序盤からリスクを冒すのは得策ではないため、ブラインドが最も少なくなる序盤で無理なプレーを実行する必要はありません。

    逆に中盤以降、自分のポジションがボタンになった場合などは積極的にプレイしていくのがおすすめと言えます。
    よりスタックを上げてこようとするプレイヤーやフォールドで賞金獲得を狙うプレイヤーなどが増えてくる中盤では、少しリスクを冒してでも攻めていくのが良いでしょう。

    スターティングハンドのレンジも広めて、より相手をクラッシュさせる動きを取っていき、終盤は貯めたチップを温存する保守的な姿勢に変えていくのが一般的なトーナメントの流れです。

    また、プリフロップ時のベットサイズを適正に保つのも重要です。例えば自分のテーブルでベットされているのが2.5BBであればそれに合わせていき、無理に目立たず流れに合わせるのも戦略の1つです。

    フロップ終了後はポットサイズの50%~でベットし、この額によって自分のハンドがどの程度強いのかを相手に知らしめるのがおすすめです。

    あまり小さい額をベットしてしまうとレイズやリレイズされかねないため、ここでのベット額の選択は非常に重要です。

    トーナメントにおける戦略は数多くありますが、初心者のうちに重視すべきポイントはこのようになっています。

    arrow left「otoku45」を入力で$50のボーナスがもらえるarrow right

    ポーカーは運ではなく戦略を用いて勝とう

    確率が絡むポーカーは運だ!と考えている方は非常に多いですが、ポーカーは戦略を用いて勝利するゲームです。もちろん100%勝利可能ではありませんが、あらゆる戦略を用いることで勝率を引き上げ、運任せにしないことが大前提となります。

    ここで取り上げている戦略などは基本的な部分ですが、非常に大切なことばかりとなっているため、ポーカー初心者の人は少しでも参考にしてこれからのプレイングに役立ててみて下さい。

    arrow left「otoku45」を入力で$50のボーナスがもらえるarrow right
    おすすめのオンラインカジノ
    ベラジョン
    Vera&John
    おすすめ度
    5.0 rating
    ベラジョン
    無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
    カジノシークレット
    CASINO SECRET
    おすすめ度
    4.0 rating
    カジノシークレット
    入金だけで最大470ドルの
    キャッシュバックがもらえる!
    ラッキーニッキー
    Lucky Niki
    おすすめ度
    5.0 rating
    ラッキーニッキー
    最高999ドルの100%マッチボーナスが初回にもらえる!
    オンラインカジノランキングバナー