2018/09/14

【大阪】IRに理解を。初の女性向け講座開催

大阪府・市は12日夜、大阪市中央区の府立男女共同参画・青少年センターで、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)への理解を広げようと、女性向けの初めての出前講座を開きました。女性団体の元に職員が出向き、誘致の狙いを説明。出席者からは積極的に発言もあり、関心の高さをうかがわせたようです。

報道機関の世論調査などで誘致に対する女性の反対が多いことを受け、府・市の共同部署のIR推進局が女性やファミリー層への理解を得ようと実施しました。

懸念されているギャンブル依存症への対策や、候補地の人工島の夢洲(ゆめしま)に対する津波対策のほか、誘致に伴う経済波及効果などについて説明されました。

医療的な処置を受けられる施設や体制を要望する参加者もいたほか、別の出席者は「問題を解消して、良い形でスタートしてほしい」と期待を寄せる声も上がったそうです。

今後は寄せられた意見を参考に、女性向けの啓発リーフレットを本年度中に作成し、理解促進に活用する考えであると誘致に向けての理解を高める努力をしていく方針です。

カジノというと男性的な目線で考えられがちですが、女性からの視点もとても重要であると思います。今後もこういった形で市民の声に耳を傾けて幅広い層から受け入れられるIRづくりに力を注いでほしいものです。

(引用元:大阪日日新聞)