2019/12/08

シンガポールのカジノで働く日本人たち

シンガポールの統合型リゾート施設(IR)「マリーナベイ・サンズ」には、85人の日本人が勤務している。

取材した3人の日本人は、いずれも「日本にIRができれば日本のために働きたい」との意向を示した。カジノで働く彼ら、彼女らは、どんな“志”を持っているのか。

「日本ではカジノに関して経験者がまだまだ少ない。日本でIRができれば何か役に立ちたい。戻って働くことができれば、この業界の先駆者になれるチャンスだと思う」

 サンズで世界のカジノの動向を分析する部署に勤める栗原美里さんは、こう期待する。
(引用元:産経新聞

こちらの記事では、マリーナベイ・サンズを運営するIR運営大手ラスベガス・サンズのブランド大使を務めているサッカー元イングランド代表のデビッド・ベッカムさんにもインタビューしているので是非チェックしてみてください!

下記では日本カジノについての記事を紹介しています。