2020/02/07

マカオカジノ|損害15日間で1600億円!?

中国を中心に猛威を振るっている新型コロナウイルスがついに、主要産業に大きな打撃を与えることになった。マカオ政府がカジノの営業を15日間閉鎖すると発表したもの。

単純計算で15日間で1600億円の売上高と250億を超える純利益が消え去るという今回のカジノ閉鎖。マカオ政府ではこの損害に耐えうる経済余力があるとしているが、果たして今後、どのような影響が起こり得るのだろうか。
(引用元:Asagei Biz

コロナウイルスが世界中に拡大し警戒体制が広がっています。
中国の特別行政区であるマカオは、いまや米ラスベガスを抜いて世界最大のカジノシティに成長しています!その源泉は中国本土から来る富豪たちの落とすチャイナマネーで、売上高の8割以上が中国人の好むバカラというゲームに偏っているそうです。

下記では日本カジノについての記事を紹介していますので、是非チェックしてみてください。