ラボ子
ラボ子
ライター
最終更新日: 2024年05月25日
News

パチンコ業界が衰退した理由-人口減少の原因・理由を徹底解説

このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。 消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や広告」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、安心してお読みください。問題のある表現が見つかりましたら お問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
また、当サイトではギャンブルによる依存症対策として以下2つのサイトを紹介しています。1人で悩まず専門機関に相談してください。

最後に、当サイトは海外在住日本人向けのサイトです。オンラインカジノを利用した賭博には十分注意してください。
  • 警察庁の見解

  • 日本のパチンコ人口が年々減少しています。その理由としては次のようなことが挙げられます。

    なお、最近話題のオンラインパチンコ「エルドラード」を知っていますか?オンラインでパチンコが楽しめ、還元率も高いのでおすすめです!

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right
    ラボ子
    ラボ子

    確かに以前に比べて、規制が厳しくなってから人が減っているって耳にするね…。

    日本にはパチンコ店が多く設置され、土日はもちろん、平日の朝から夜遅くまで幅広い年齢層の人が訪れています。

    しかし、パチンコ人口は減少しているという話もあり、後10年後にはなくなってしまうのではないか?と危惧している人も少なくないでしょう。

    本記事ではパチンコ人口が減少している理由や、パチンコ事業が今後どうなるのかまでも解説します。

    今後の楽しみ方の参考となれば幸いです。

    ↓当サイト厳選!オンラインパチンコ↓

    エルドラード
    エルドラード
    カジ旅
    カジ旅
    ベラジョンカジノ
    ベラジョンカジノ
    特徴・還元率が非常に高い
    ・24時間入出金可能
    ・出金依頼から平均3時間以内で出金
    ・スロットゲーム多数あり
    ・最小入金額が15ドル〜
    体験版あり
    ・24時間いつでも遊べる
    ・日本語対応バッチリ
    ・政府発行ライセンス取得済みだから安心して遊べる
    限定キャンペーンなし・$20ドル以上の入金で100FSゲット
    ・100%のキャッシュバック
    ・当サイト限定初回入金時500ドル
    ・アカウント登録で30ドル
    ・図解入りマニュアルプレゼント
    公式URL詳細詳細詳細

    現在パチンコ・スロット業界の遊戯人口は約1000万人

    2020年のパチンコ・スロットの遊戯人口は約1000万人とのことです。

    これだけ聞くととても多いように思いますよね。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    というのも、日本国内、どの県にもまだパチンコ店はあります。

    パチンコやパチスロなどのギャンブルを全くしない人や興味のない人も多くいますが、1度プレイして楽しさを知った人はそれなりに生活の中に取り入れるも多くいます。

    さて、パチンコ人口1000万人は以前に比べて減少した結果の数なのか次項で紹介します。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right

    パチンコ・スロット業界遊戯人口のピーク時は約3000万人

    さて、実際パチンコ人口のピーク時はどれくらいの遊戯人数がいたのでしょうか。

    データによると「3000万人」とのことです

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    ざっと現在の約3倍の人がプレイしていたようですね。

    ラボ子
    ラボ子

    昔は、かなりの人数が遊んでいたんだね!

    時代でいうと1990年頃がパチンコ人口のピークらしいですが、約30年間で1/3に減少したというのは驚きの事実です。

    30年とまでいかずとも、「昔はよく打ってたけどね~」という人が多いということになります。

    その人たちはどのような理由でパチンコやパチスロをやめたのでしょうか。以下で詳しく紹介していきます。

    パチンコ・スロット遊戯人口の推移

    パチンコ人口がどのように推移してきたのか、見てみましょう。

    2020年現在、約1,000万人のパチンコ人口ですが、ここ数年は横ばいの状態が続いています。

    5年ほど前から、パチンコ人口はそう大きく変化はしていません。

    ただし、10年ほど前には、1,600万人程度の人口がいました。そこから600万人ほどの人口を減らしてから、未だに回復はしていない状態です。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    次項で詳しく述べますが、パチンコ業界の全盛期とされるのは約30年前です。

    この頃には今の約3倍の遊技人口がいました。つまり、その頃と比較するとパチンコ人口は随分と少なくなってきているということが分かります。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right

    パチンコ業界が衰退する原因・理由

    さて、ここではパチンコ・スロット業界が衰退していく理由を詳しく見ていきましょう。

    新台サイクルが早すぎる

    パチンコ人口が減少した理由の1つ目はパチンコの新台のサイクルが早すぎてつまらないというものです。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    パチンコやパチスロの台で気に入ったものや相性の良いものってありますよね。

    気に入った台が見つかれば、アツいリーチ演出や設定ごとの玉やコインの出方などその台のスペックを知り、知識をためながらプレイする人も多いでしょう。

    ですが近年、そのような台が見つかっても新台の出るサイクルが早く、あれもこれもと出ているうちにお気に入りの台が下火→撤去されるということもよくあるのです。

    せっかく打ち込みたくても台が行ける場所にないのではどうしようもありません。これが1つ目の理由です。

    徐々に規制が厳しくなっていったから

    パチンコ人口減少の2つ目の理由は規制が厳しくなった、強化されたというものです。

    パチンコやスロットが好きな人はお気に入りの台があって楽しもうとするものですが、出玉規制となると話は違います。

    前はそれなりにアツい思いが時々できていたのに、設定や規制が異なるのなら話は変わってきます。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    あまり出なければ楽しく感じることはなく、つまらないですよね。

    人口が減り、1人から回収する額が増えた

    訪れる人=お金を落とす人、が減ったとなれば、訪れる人一人ひとりから回収する額を増やさなければいけません。

    そのために台ごとの設定を落とすことは必然となってきます。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    そうすると収益が減り結局負けることが増えるため、余計にパチンコ人口が減っていくという流れができあがります。

    今後パチンコ店はなくなってしまうかもしれないと言われていますが、そう言われてしまう理由もわかる気がしますね。

    パチンコ従業員が転職が増加傾向にある

    2023年現在、パチンコ店の従業員がコロナ渦の影響もあり、転職が増加傾向にあります。

    パチンコ店で働いていたとしても、特別なスキルは身につかず、パチンコのイメージの悪さから転職を希望する流れが多いからです。

    労働力不足を防ぐために給料を引き上げる手法を取っている店舗は多いですが、従業員の入れ替えは他の業界と比べて激しいでしょう。

    若者のパチンコ離れ

    最近のパチンコ業界の問題として、若者のパチンコ離れがよく挙げられています。

    若者がパチンコを打たない原因として挙げられているのが、情報収集がしやすい世の中になり、パチンコ=負けるというイメージが定着しやすくなったと考えられます。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    TwitterやSNSなどで簡単に情報収集ができる世の中になったこそ、負けると分かっていて遊ぶ人が増えることはありえません。

    新規で若者を取り入れることが出来ない状況が続くと、今後のパチンコ業界の市場規模は縮小していくでしょう。

    パチンコより面白い娯楽を選べるようになっていった

    パチンコ人口減少の6つ目の理由は「他の楽しい娯楽が増えた」というものです。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    テレビゲームやスマホの普及など、この30年でものすごい大変化が起こりました。

    パチンコでもゲームでも、脳に興奮を覚えてまた繰り返したくなるという性質があります。

    パチンコ店まで行かなくても、似たような感覚を味わえるのでしょう。

    特にここ数年、スマホをほとんどの人が持ち、思い思いに好きなアプリを入れて自分の楽しみの時間を過ごしています。

    この傾向は、今後もますます増えていくと考えられますね。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right

    パチンコ店が減ってきて業界が衰退している

    パチンコ人口が大きく減っているように、パチンコ店自体も減っています

    1998年頃には総数が約18,000店ほどあったパチンコ店ですが、2017年には約10,500店ほどまで減っているのです。

    しかし、全国のパチンコ設置数は、そこまで減少していない

    1998年当時のパチンコ設置台数は、約400万台。一方、2017年のパチンコ設置数は約275万台です。

    パチンコ店の店舗数は全盛期の58%になってしまったのに対して、パチンコ台の設置数は68%に踏みとどまっています。

    なお、パチスロ台の設置数に関してのピークは、2010年の約200万台。2017年も約170万台が設置されており、ピーク時と比較しても85%は残っています。

    この事実から、中小規模のホールが淘汰、消滅され、パチンコ人気は大きく陰っているのに対し、パチスロ人気はそこまで下がっていないことがわかります。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    遊技人口は大きく減っているのに、パチンコ台やパチスロ台はそこまで減っていない……あまり客がいないパチンコ店が増えたように感じるのは、このためですね。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right

    パチンコ業界の衰退により人口が減り、今度はカジノ人口が増える?

    パチンコ人口ピーク時から約30年でここまでの変化がありましたが、生活や社会の動きのスピードは早く、今後も様々なことに変化があるでしょう。

    特に近年、スマホでオンラインカジノが楽しめるようになっており、より身近に個人的に簡単にいつでもプレイできることもあり、オンラインカジノユーザーが増えています。

    ギャンブル好きな人はどんな時間にもプレイしたいもの。人と交わるのではなく1人で楽しめる時間は貴重なのです。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    そんなニーズにはパチンコよりオンラインカジノが応えてくれます。

    オンラインパチンコが遊べるオンラインカジノも最近では増加傾向にあります!

    中には無料で遊べるものもあります。もちろん有料のものもあり、リアルマネーをかけることも可能です。

    勝利すればリアルマネーを手に入れ、「億万長者」になることも夢ではありません。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right

    おすすめのオンラインパチスロ3選

    新しくギャンブルを始めたい方や、パチスロを打っていた方にはオンラインパチスロがおすすめです。

    オンラインカジノでパチスロをするにあたり、おすすめサイトは以下の通りです。

    日本のパチンコ店で遊ぶよりも高額獲得が期待でき、出玉の制限などもありません。

    しかし、オンラインパチンコ、パチスロができるオンラインカジノのサイトは数多くあるので、上記で紹介したオンラインパチスロをチェックしてみてくださいね。

    エルドラード:還元率が高い!実際にお金を賭けられる

    エルドラード

    エルドラードの特徴は、還元率が高いホールやゲームが多くある点です。

    還元率を高めるためには、出玉の換金率が重要になってきます。その換金率は、エルドラード内のホールによって変わっており、中には換金率100%のホールも存在します。

    その他エルドラードのメリットデメリットは以下になります。

    • 4号機でお馴染みだったパチスロを追体験できる
    • オンカジ要素が入ったオリジナルのパチンコが打てる
    • 手数料が割高
    • エラーが発生する

    基本的に日本にあるパチンコ店は、出玉を景品へ交換する際に、店ごとの換金率によって手元に戻ってくる金額が変動します。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    その換金率が100%であるエルドラードは還元率が高いといえるでしょう。

    そのため、実際にお金を賭けてスロットゲームを遊びたいのであれば、エルドラードが適していると言えるでしょう。

    ベラジョンカジノ:日本で一番プレイされているオンラインカジノ!

    ベラジョン

    ベラジョンカジノは、日本で一番プレイ人口が多く、安全性、信頼性が共に高いため、安心して遊べるオンラインカジノです。

    プレイ人口ナンバーワンという面もあり、ベラジョンカジノで遊べる人気のスロットゲームは数多くあります。中には、現在導入されている機種に似たような台も存在します。

    還元率が高いスロットの台選びを徹底すれば、賭け金額を抑えることができるため、負けづらい立ち回りができます。

    その他、ベラジョンカジノのメリットやデメリットは以下の通りです。

    • 日本人へのサポートが手厚い
    • 【限定】ベラジョンカジノの入金ボーナスは3回合計で総額$1250がもらえる
    • これはスタイルガイドです
    • 誕生日ボーナスがそこまでもらえない
    • 出金拒否されることがある

    また、マルタのカジノライセンスも習得しており、第三機関が介入するため他サイトと比べて安全に遊ぶことが出来るでしょう。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    ベラジョンカジノは安全性を重視しながら遊びたいといった方におすすめですよ!

    arrow leftウェルカムボーナス$1250もらえるarrow right

    ボンズカジノ:無料で貰えるによりスロットが一番長く遊べる

    ボンズカジノ

    ボンズカジノは、2023年7月現在、無料で貰える入金不要ボーナスが一番高いオンラインカジノです。

    初めてオンラインカジノで遊ぶ人に一番おすすめできます。

    入金不要ボーナスが$50も貰えるため、入金するのが不安な方や、お試しで遊んでみたい方にとっては最適です。

    普通のパチンコ店と同じく1枚$〇といったようなレートがあり、その遊戯レートは自分で決めることが出来ます。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    ただし、遊びたい機種によってはレートが固定される場合もありますので、注意が必要です。

    以下はボンズカジノのメリットやデメリットになります。

    • ライブカジノが豊富さ
    • カジノとスポーツベットのハイブリッド型
    • ゲームプロバイダー会社が多い
    • 本人確認に時間がかかる
    • 出金消化がゲームごとに異なる

    入金不要ボーナスが一番高いオンラインカジノですが、急に特典が終了する場合もあるので、申し込み前に確認しておきましょう。

    パチンコ業界衰退に関するよくある質問

    パチンコ業界衰退に関するよくある質問

    パチンコ業界衰退に関するよくある質問は以下の通りです。

    パチンコ衰退は多面的な要因から生じています。

    そこにはパチンコの魅力、業界の労働環境、社会的な変化という要素が織り交ぜられています。この節では、それらについての一般的な疑問を解明します。

    なぜ人はパチンコをしてしまうの?

    パチンコへの魅力は人々のストレスの発散や娯楽となる一方、勝つための興奮を追求する心理が作用します。

    特に、挑戦と達成感のサイクルが人々を引き付ける大きな要素となっています。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    しかし、中にはギャンブル依存症にかかってしまい、やめたくてもやめられなくなる人もいます。

    そのようなギャンブル依存症を避けるために、以下の公的な機関を紹介します。

    ギャンブル依存症予防回復支援センターhttps://www.gaprsc.or.jp/
    ギャンブラーズ ・アノニマスhttps://www.gajapan.jp/jicab-ga.html
    ギャンブル依存症を考える会https://scga.jp/
    依存症対策日本センターhttps://www.ncasa-japan.jp/understand/gambling/about

    依存症にかかる前に、早めに対策をおこないましょう。

    パチンコ屋の時給が高いのはなぜ?

    パチンコ業界の時給が高い理由は、激務とストレスが多い労働環境を補うためです。

    また、業界特有の技術や経験を必要とする職種が多いことも要因として挙げられます。

    パチンコ屋の離職率はどれくらい?

    パチンコ業界の離職率は、一般的に高い傾向にあります

    これは、長時間労働や厳しい業績目標、さらにはお客様からのクレーム対応など、ストレスが高い環境に起因すると考えられます。

    なぜパチンコは減っていったの?

    パチンコの衰退は、厳格化する法規制、社会的な価値観の変化、若者の遊び方の変化など、複数の原因により引き起こされました。

    特に、ギャンブル依存症への社会的な認識の変化が大きな影響を与えています。

    パチンコ業界の情勢は?

    現在のパチンコ業界の情勢は、厳しい経済状況や法規制の強化、顧客の嗜好の変化などにより、大きな変動が見られます。

    これらの要素に対応するため、業界全体での新しい取り組みや戦略が求められています。

    パチンコをやる人は減った?

    シーズリサーチが今年2月にEBIとAPJと共同で実施した調査の結果によると、2022年の遊技参加人口は1995年の調査開始以来最も少ない809万人だったと公表されています。

    引用:シーズリサーチ 『パチンコ・パチスロ プレイヤー調査2023』

    この数字は、前年調査比では約28万人減少。

    細かく見ると、パチンコ・パチスロ遊技別の参加人口は、パチンコが約731万人(約27万人減)、パチスロが約569万人(約24万人減)でいずれも微減でした。

    業界全体の参加人口を見ると明らかに減少傾向にあるため、事実としてパチンコをやる人は「減った」と言ってよいでしょう。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right

    まとめ:パチンコ業界は衰退傾向にある

    パチンコ店が減少していることから、パチンコ業界は衰退傾向にあることが分かりました。

    パチンコ店の閉店が相次ぎ、遊戯人口も減少している中、成功しているパチンコ店は少ないでしょう。

    どのホールも厳しい経営状況が続いているのが現状です。

    近年エンタメが急成長しており、パチンコ以外の娯楽が多くあるため、わざわざパチンコを打たなくても他のコンテンツで楽しめるのも事実です。

    カジラボ編集部
    カジラボ編集部

    今のパチンコ業界が終焉することはないと思いますが、いずれは訪れる未来かもしれません。

    オンラインパチンコを試してみたいという方は、今すぐ下記をタップして自分の好きな時間に好きな場所でお楽しみください。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right
    おすすめのオンラインカジノ
    ベラジョン
    Vera&John
    おすすめ度
    5.0 rating
    ベラジョン
    無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
    カジノシークレット
    CASINO SECRET
    おすすめ度
    4.0 rating
    カジノシークレット
    入金だけで最大470ドルの
    キャッシュバックがもらえる!
    ラッキーニッキー
    Lucky Niki
    おすすめ度
    5.0 rating
    ラッキーニッキー
    最高999ドルの100%マッチボーナスが初回にもらえる!
    オンラインカジノランキングバナー