おすすめオンラインカジノ

アイウォレットの出金方法を完全解説!手数料や反映時間もご紹介

今回はアイウォレット出金(iwallet出金)について手順から手数料、反映時間等についても解説していきます。
アイウォレットは長い間メンテナンスの関係で利用ができなかったのですが、2020年の7月半ば頃から利用ができるオンラインカジノも増えてきました
気になる方はぜひ参考にしてみてください。

↓当サイトで厳選したおすすめオンラインカジノ3選↓

ベラジョンカジノ
ミスティーノ
Interカジノ
特徴体験版あり
・24時間いつでも遊べる
・日本語対応バッチリ
・政府発行ライセンス取得済みだから安心して遊べる
入出金の手数料無料
・365日チャットとメールで日本語サポート
還元率約97%
・カード入金対応
限定キャンペーン・初回入金時500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
・登録で10ドル
・3日連続フリースピン
・7日連続デイリースピンボーナス
・ウェルカムボーナス500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
公式URL詳細詳細詳細

アイウォレット(iWallet)から出金する方法は?


まずはアイウォレットから出金する方法を3つ紹介していきます。

  • アイウォレットの出金方法①収納代行サービス
  • アイウォレットの出金方法②国際銀行振込
  • アイウォレットの出金方法③ATM出金(2020年12月時点で利用不可

アイウォレットの出金方法①収納代行サービス

収納代行サービスは日本の利用者に向けたサービスとなります。
出金されるまでに数日を要しますが、1回あたりの出金上限が50,000ドル(約500万円)と高く設定をされているので、一度の出金が高額になる方にお得なのは収納代行サービスです。
また、特にランニングコストも不必要なため、頻繁に出金しないという方の場合はこちらを利用するものよいでしょう。

アイウォレットの出金方法②国際銀行振込

国際銀行振込は、海外の銀行口座へ出金されたい方用の出金方法になります。
国内の銀行口座以外で、海外の口座を使用している方の場合はこちらを選びましょう。
あえて日本国内の銀行も指定することも可能ではありますが、着金までの日数がかかることや、いくつもの銀行を経由する可能性があるため、通常の手数料より余計にコストがかかってしまうというデメリットがあるので注意が必要です。
あくまで海外に銀行口座をお持ちの方専用の出金方法となります。

アイウォレットの出金方法③ATM出金(2020年12月時点で利用不可)

現在は利用することはできませんが、以前はアイウォレットカードを使用して出金することができました。
ATMでカードの挿入口からプリペイドカードを挿入します。英語での取引画面になりますが、日本語訳もついているので、進んでいくとPINコード(暗証番号)を入力する画面があるのでコードを入力して下さい。
その後自分の引き出したい金額を選択し、現金の引き出しが可能となります。。

アイウォレットで出金する際の注意点は?


ここでは出金時の注意点を紹介していきますので、ご確認ください。

  • 出金手数料と出金下限額が設定されている
  • 収納代行サービスは普通口座のみ対応

出金手数料と出金下限額が設定されている

アイウォレットで出金する際には手数料がかかりますので、以下をご確認ください。

出金方法手数料下限額
収納代行サービス0.5%35ドル
国際銀行振込0.5%35ドル

下限額も35ドルと設定されていますので、出金する際はご注意下さい。

収納代行サービスは普通口座のみ対応

収納代行サービスで利用できるのは普通預金口座だけですので、当座口座では出金できませんし、口座番号を間違えたり当座にしてしまった場合はペナルティーがあるのでご注意ください。
送金依頼は取り消されるのですが、組戻し手数料というものが発生しますのでくれぐれも間違いのないようにしましょう。

合わせて確認!アイウォレットの入金方法


ここではご参考までにアイウォレットでの入金方法をご紹介します。

  • アイウォレットの入金方法①JAPAN送金バウチャー
  • アイウォレットの入金方法②バウチャー(クーポン)
  • アイウォレットの入金方法③暗号コインソリューション

アイウォレットの入金方法①JAPAN送金バウチャー

JAPAN送金バウチャーとは日本在住の方のみがアイウォレットのサイトから購入申請できるサービスとなります。
アイウォレットのサイトから購入申請後、指定した国内銀行口座を通じて決済が可能です。
決済完了後は、手数料を引いた金額がアイウォレットの口座に反映されます。

アイウォレットの入金方法②バウチャー(クーポン)

サービスや使用方法は基本的にJAPAN送金バウチャーとほとんど同じです。
違う所はバウチャークーポンの方は自分用の振込先口座が自動的に発行されるので、振込名義人の指定がないという点になります。
振込ID等の記載がないので振込できるのは自分だけとなり、一番手間がかからない入金方法です。

アイウォレットの入金方法③暗号コインソリューション

暗号コインソリューションとは、仮想通貨で入金できる方法のことです。
注意点としては、アイウォレットの口座に仮想通貨を入金すると自動的にEUR(ユーロ)として残高に反映されます。
仮想通貨をお持ちの方には、手数料の安さや反映速度の早さから一番便利な入金手段となるでしょう。

アイウォレットのメリット・デメリットは?


アイウォレットにはどんなメリットとデメリットがあるのかそれぞれご紹介します。

  • アイウォレットのメリットは?
  • アイウォレットのデメリットは?

アイウォレットのメリットは?

アイウォレットは日本語のサービスが充実しているのが大きなメリットです。
海外のサイトによくある英語しか使えないなど面倒なことを回避できるので、困ったときやトラブルにも完全日本語サポートを利用することができます。
またアイウォレットを持っている人同士ならば、お金の出し入れが無料で行えるのも便利です。

アイウォレットのデメリットは?

以前は利用することが可能でしたが、現在はアイウォレットカードを使用して日本のATMから現金化することができないことです。
アイウォレットから出金するためには一度手続きをとって、国内の銀行へ手数料を払って出金するしか方法がないことと、スタンダード会員の場合だと口座内の金額に制限があることがデメリットといえるでしょう。

アイウォレットの登録方法


最後にアイウォレットの登録方法を画像つきでご紹介していきますので、ぜひご参考下さい。
①右上の【新規登録】をクリックします。

②海外からのメールを受けることができるメールアドレスを登録して下さい。

③名前やパスワード等を記入します。※名前はローマ字で入力してください。

④全て入力したら【確認ページへ進む】をクリックしてください。

⑤1分も経たないうちに記入したメールアドレスにアイウォレットからメールが届くのでURLをクリックしてください。
その後、登録したメールとパスワードでログインします。

アイウォレットの出金方法は収納代行サービスがおすすめ!


アイウォレットは、ものの2分程度で登録ができ、簡単に自分の口座を持つことができます
オンラインカジノで勝金が発生したら、すぐに出金したいのは誰もが思うことでしょう。
出金方法が3種類ありますが一番おすすめなのは収納代行サービスです。出金まで数日を要しますが、50,000ドル(約500万円)まで出金制限が設けられていますので、出金が高額になる方にも最適な出金方法です。
2020年12月現在もアイウォレットが利用できるオンラインカジノサイトは増加傾向にありますので、ご興味ある方はぜひ参考に登録してみてください。

オンラインカジノランキングバナー