2021/03/16

バーネット法(1326法)って?確実に勝てるって本当?

オンラインカジノやランドカジノでテーブルゲームをしている人は様々な必勝法や攻略法を使っています。

その中でも人気の必勝法の1つがバーネット法です。

別名「1326法」とも呼ばれるバーネット法のやり方や、メリットやデメリット、注意点などについて詳しく解説していきます。

実際にバーネット法(1326法)で遊んだ検証結果も公開していますので、ぜひ最後までご覧ください!

バーネット法(1326法)とは?


バーネット法(1326法)とはその名の通り、ゲームの連勝時に「1.3.2.6」の順に賭けていく必勝法です。

勝率50%、配当2倍のゲームが有効となる攻略方法となります。

大きな勝ちを生み出すハイリスク・ハイリターンの方法ではなく、手持ちの利益を残しながら、手堅く勝ちを狙う時に行う「守り形」の必勝法です。

「1ドル→3ドル→2ドル→6ドル」の順にベットするのが基本ですが、その後勝ち続ければ「6ドル→6ドル→6ドル…」と続きます。その途中で負けてしまった時はまた1ドルに戻ります。

とても簡単なのですぐ覚えられるため、多くの人が実践する方法です。

また、もう少し利益を増やしたい人は「1.3.2.6を倍がけして2.6.4.12」などと応用もできます。

バーネット法(1326法)のメリット・デメリット


バーネット法(1326法)のメリットとデメリットを詳しくご紹介していきます。

それぞれをきちんと理解して、自分に適している方法か見極めましょう。

バーネット法のメリット


まずはバーネット法のメリットからご紹介していきます。

  • 賭け方がシンプルで初心者にもおすすめできる
  • 勝敗が五分五分でも利益を出せる
  • 連勝するほど合計収支がマイナスになりにくい
  • 連敗しても損失が大きくなりづらい

各メリットを詳しく見ていきましょう。

メリット①賭け方がシンプルで初心者にもおすすめできる

先ほどもお伝えした通り、バーネット法はゲームの連勝時に「1.3.2.6」の順に賭けていくだけのとてもシンプルな必勝法となります。

自分であれこれ考えなくとも、ルールに従って賭けていけば良いので初心者の方にもおすすめです。

メリット②勝敗が五分五分でも利益を出せる

勝ち負けが5分5分の結果の場合も収支をプラスにできるような仕組みになっているので、勝ちだけ出し続けなくてもよいという点もポイントです。

手堅く守りの戦略なので、大損することがないという点でも挑戦しやすい必勝法と言えます。

メリット③連勝するほど合計収支がマイナスになりにくい

バーネット法(1326法)は、コツコツと利益を増やすので一気に莫大な儲けが出るわけではありませんが、負けが続いている時の損失を最小限に抑えることができます。

連勝すればするだけ、合計収支がマイナスになりにくいので連勝時にはぜひ試したい必勝法です。

また、バーネット法(1326法)は、「連勝時に行う」という性質ゆえ、使用する時はチップにも余裕があり、賭け金も少なく行うことができます。

メリット④連敗しても損失が大きくなりづらい

連勝時に負けても大きなマイナスとはならず(1度負けても最大6ドルしか取られない)、最小額に抑えられること、連勝が続けば大きな利益を生み出すという点もメリットです。

手堅さ・リスクの低さが最も特徴の必勝法となります。でも連勝すれば最大額の6ドルが続くのが嬉しいポイント!

バーネット法のデメリット


次にバーネット法のデメリットをご紹介していきます。

  • 勝敗が交互に続くと損失になりやすい
  • 連勝が出ないと利益にならない

各デメリットを詳しく見ていきましょう。

デメリット①勝敗が交互に続くと損失になりやすい

勝ち負けが交互に起きるようなゲームでは効果を発揮できない点はデメリットとなります。

少なくとも3連勝するところまでいかないと意味のない必勝法なのです。

デメリット②連勝が出ないと利益にならない

バーネット法(1326法)のもうひとつのデメリットはその手堅さゆえ、一気に大勝ちとはならないことです。

連勝しなければマイナスが少なくとも利益があまり上げられないので派手に勝ちたいという人には向きません。

バーネット法とグッドマン法の違いは?


バーネット法とグッドマン法はとても似ている必勝法で、賭け金額が変わるだけなのでメリットやデメリットも変わりありません。

グッドマン法は別名1235法と呼ばれており、ゲームの連勝時に「1.2.3.5」の順に賭けていく必勝法です。

バーネット法とかける金額が少し異なるだけなので、どちらかを覚えれば必然的にどちらも使用できますね!

2つの違いはバーネット法は連勝時に利益を大きく出すことができ、グッドマン法は負けた場合でも損失を抑えることができます。

バーネット法(1326法)のやり方


バーネット法(1326法)を使ったシミュレーションをご紹介します。どのような流れで使えばよいのか、詳しいやり方を見ていきましょう!

バーネット法の実践例

それでは早速画像を使ってバーネット法(1326法)の実践例を紹介します。ルーレットの赤/黒の勝負でベットしていますね。

まずは1ドルのベットを赤の部分にしています。ここで赤が来れば次は3ドルをベットですが…。負けてしまいました。なので次も1ドルベットです。


再び赤に1ドルのベットをします。結果は赤に来たので勝ち!

今度は黒に3ドルのベットをします。結果は黒で勝ちました!連勝中ですね。

次は赤に2ドルのベットをします。結果は赤が来て勝ち。

1ドル→3ドル→2ドルの勝負に連勝できたので最後に6ドルのベットをします。赤が来れば勝ちでバーネット法は成功となります。

6ドルベットの上の画像で負けてしまったので、また1ドルベット(今度は黒ですね)からやり直します。

6ドルまで成功したら負けるまで6ドルを賭け続け、途中で負け(失敗)た場合は1ドルから同じ手順を踏むだけです。簡単ですね!回数制限もナシ!

バーネット法(1326法)って勝てるの?検証結果を公開


それではここで、バーネット法(1326法)を使った検証結果を見てみましょう。

①5連勝したのち5連敗した10ゲームの結果
5回連勝したということは、1ドル→3ドル→2ドル→6ドル→6ドルの時点で賭け金が18ドル、利益も5回終了時は18ドルです。

しかし、6回目(6ドルベット)から連敗した場合、10ゲーム目終了時の利益は+8ドルとなります。しかし5分5分で利益が出ていますね。

ゲーム数 ベット額 勝敗 損益
1 1ドル 1ドル
2 3ドル 4ドル
3 2ドル 6ドル
4 6ドル 12ドル
5 6ドル 18ドル
6 6ドル × 12ドル
7 1ドル × 11ドル
8 1ドル × 10ドル
9 1ドル × 9ドル
10 1ドル × 8ドル

②勝ち負けが交互に出た5勝5敗の10ゲームの結果

1ドル→3ドル→1ドル→3ドル…と繰り返すので、勝っても1ドルなのに、続いて2回目で3ドル取られることになります。

それを10回まで繰り返すと累計の損益は1ドル→-2ドル→-1ドル→-4ドル→-3ドル→-6ドル→-5ドル→-7ドル→-6ドル→-9ドルと続くので最終的に9ドルの負けです。

ゲーム数 ベット額 勝敗 損益
1 1ドル 1ドル
2 3ドル × -2ドル
3 1ドル -1ドル
4 3ドル × -4ドル
5 1ドル -3ドル
6 3ドル × -6ドル
7 1ドル -5ドル
8 3ドル × -7ドル
9 1ドル -6ドル
10 3ドル × -9ドル

③7連勝した後3連敗した場合の10ゲームの結果
7連勝した時の損益結果はプラス30ドル、その後3回負けて10ゲーム終わった時の損益結果は22ドルです。

ゲーム数 ベット額 勝敗 損益
1 1ドル 1ドル
2 3ドル 4ドル
3 2ドル 6ドル
4 6ドル 12ドル
5 6ドル 18ドル
6 6ドル 24ドル
7 6ドル 30ドル
8 6ドル × 24ドル
9 1ドル × 23ドル
10 1ドル × 22ドル

連勝が大きければかなり嬉しい増え方ですね。しかし、③の逆バージョン、3連勝のち7連敗が続いたら10ゲームの結果は-6ドルとなります。

バーネット法(1326法)を使う際の注意


バーネット法(1326法)を使う時の注意点として1番大事なのは「勝ち負けの波を上手く読む」こと。ゲームをそれなりに重ねると波が見えてきますね。

連勝してこそ効果を上げる必勝法なので、見当違いな場面でバーネット法を使っても無駄となってしまいます。

また、先の検証結果でも述べましたが、勝ち負けが交互に出てしまうようなゲームでは効果を発揮できません。

連勝時にしか使わないゆえ手堅く安定性が高いことがこのバーネット法のメリット。しかし大きく勝ちたい時はもどかしくなります。

バーネット法で勝てない際の対処法は?


バーネット法で勝てない時に試すべき対処法をお伝えしていきます。

  • 目標利確金額を決めてやめ時を明確にする
  • 別の必勝法・攻略法を試してみる

対策①目標利確金額を決めてやめ時を明確にする

事前に利確金額を先に決めておくことをおすすめします。連敗するまで勝負してしまっては意味がありません。

○円できっぱりやめる、1日に使える金額は○円など金額を決めておき、絶対に破らないように自分の中でルールを作っておくのです。

オンラインカジノでどのゲームをする時にも言えることですが、やめ時を明確にすることが重要です。

対策②別の必勝法・攻略法を試してみる

人それぞれゲームや攻略法との相性があるので、他の攻略法を試してみることもおすすめです。

オンラインカジノにはテーブルゲームやルーレットやスロットなど数え切れいないほどのゲームが揃っており、各ゲームごとに様々な攻略法や必勝法が存在します。

バーネット法(1326法)が使えるギャンブル・ゲーム

バーネット法(1326法)に向いているカジノゲームは、「勝率1/2のゲーム」です。つまり結果が2つのうちどちらか、というもの。

これに該当するゲームの一例が以下の通りです。

  • ルーレットのイーブンベット(赤と黒、奇数と偶数)
  • バカラ
  • ブラックジャック
  • タイサイの大小
  • カジノウォー
  • レッドドッグ など

オンラインカジノに登録して早速ゲームしたい!バーネット法を試したい!という場合でも向き・不向きがあるのです。

しかしカジノで大人気のルーレットやバカラ・ブラックジャックに向いているので、使える場面は少なくありません。

また、攻略法というのは他の必勝法と組み合わせて使用することも可能です。

たとえばルーレットでのイーブンベットにはバーネット法、1/3の勝率のカラムベット・ダズンベットにはココモ法…など、自分の好み・使いやすさを試してみましょう。

ぜひゲームの波を読み、このバーネット法(1326法)を使用し、自分のお金を増やしていきましょう。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating
無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating
入金するだけで最大70ドルのキャッシュバックがもらえる!
エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!