2019/01/17

クラップスのルール・遊び方|サイコロの出目を予想するカジノゲーム

カジノで人気のクラップス。サイコロを2つ使って行われるこのゲームは、参加者がサイコロを投げたりする、和気あいあいとしたムードが魅力。

単純なルール、バリエーションのあるベット方法、還元率が高いことからカジノ初心者にも上級者にも人気があります。

そんなクラップスの基本的なルールやベットの仕方などの詳細をもう一度おさらいしてみましょう。

クラップスとは

12世紀ころ、中近東で楽しまれていたクラッブス(Crabs)、ヨーロッパを経由して世界に伝わり名前もいつの間にかクラップス(Craps)に。

世界のランドカジノはもちろん、オンラインカジノでも楽しまれ、バカラ同様にハイローラー(高額ベットする人)に人気のあるゲームです。

2つのサイコロの出目パターンを予測し、、チップを賭けるのですが他のカジノゲームと違うのは参加者がサイコロを順番に投げたりしてみんなで盛り上がれること。

熟練さが必要とされず、控除率(胴元の取り分)が低いことで、初心者にも取り組みやすいのです。

クラップスのルール

それではクラップスの具体的なルールを説明します。

  • ①まず参加者(プレイヤー)は好きなところにチップを起きます(ベット)。
  • ②参加者の中で最初のシューター(投げる人)が2つのサイコロを投げます。→これを「カムアウトロール」と呼ぶ
  • ③2つのサイコロの出目合計数が「7,11」だった場合はシューターが勝ち(Natural)、「2,3,12」が出た場合はシューターの負け(Craps)でゲーム終了。
  • ④「2,3,7,11,12」が出なかった場合、つまり「4,5,6,8,9,10」が出た場合はゲーム続行。この「4,5,6,8,9,10」のことを「ポイント」と呼びます。
  • ⑤2投目以降、「7かポイント」が出るまでシューターがサイコロを投げます。「ポイント」が出ればシューターの勝ち、7が出ればシューターの負け。

このクラップスはシューター含む参加者全員が、シューターが勝つか負けるかに賭けるゲーム。

しかしカジノでは、参加者が皆シューターが勝つことにベットし、カジノ側が負けとなることに一体となり、それゆえ大盛り上がりとなるようです。

クラップスの役割を紹介

それではここでクラップスでの3つの役割をそれぞれ紹介します。

ボックスマン(Boxman)

ボックスマン(Boxman)は、テーブルを管理する総合責任者としての役割を持ちます。ディーラーを監視したりチップを管理したりします。

スティックマン(Stickman)

スティックマン(Stickman)は投げたサイコロを回収して次のシューターに渡したり、サイコロの出目を読み上げる役割を持ちます。

またテーブル中央、「プロポジションベット」を管理する役割もあります。

ディーラー(Dealer)

ディーラー(Dealer)は2人、ボックスマンの両脇に立ちます。プレイヤーに指示されたチップを置くこと、またゲーム後にチップの回収・配当を行います。

プレイヤーからの質問にもこのディーラーが答えます。

シューターの役割

サイコロを投げる「シューター」はプレイヤーの左側から順に回り、「スティックマン」によって指定されます。パスすることも可能。

シューターは反対側にある壁にぶつかるように投げなければなりません。

置かれたチップと重なってサイコロの出目が見にくい場合もボックスマンの判断次第ではやり直しとなります。

シューターになった人は、必ず「パスライン(Pass line)」か「ドントベット(Don’t Bet)」に賭けなければいけません。

パスラインはシューターが勝つことに賭けること、ドントベットはシューターが負けることに賭けることとなり、正反対です。

「カムアウトロール」で2投目に進んでから7が出るまで、または「ポイント」が出て勝負が終了した場合、同じシューターがサイコロを振るというルールがあります。

ダイスの確率

サイコロ(ダイス)の出目パターン、パターン数、それが出る確率を表にしてまとめてみました。

7の出る確率が一番パターン数も多く、それゆえ確率も高いですね。ステージの変わり目に7が重要視されるのはこの確率によるものですね。

サイコロの合計数  サイコロの出目の出方 パターン数 確率
 2  1と1  1  2.77%
 3  1と2,2と1  2  5.55%
 4  2と2,1と3,3と1  3  8.33%
 5  1と4,4と1,2と3,3と2  4  11.1%
 6  1と5,5と1,2と4,4と2,3と3  5  13.88%
 7  1と6,6と1,2と5,5と2,3と4,4と3  6  16.66%
 8  2と6,6と2,3と5,5と3,4と4  5  13.88%
 9  3と6,6と3,4と5,5と4  4  11.1%
 10  4と6,6と4,5と5  3  8.33%
 11  5と6,6と5  2  5.55%
 12  6と6  1  2.77%

出目の呼び方一覧

クラップスでは数字の1つ1つに様々な呼び名が存在します。それらを表にまとめてみました。

 サイコロの出目の合計数  呼び方
 2,3,12  クラップス(Craps)またはスリークラップス
 2,3,4,5のゾロ目  ハードウェイ(Hard Way)
 ゾロ目以外の2,3,4,5  イージーウェイ(Easy Way)
 2  ツークラップス(Two Craps)又はスネークアイズ(Snake Eyes)
 3  スリークラップス(Three Craps)又はエースドゥース(Ace-Deuce)
 4  ゾロ目リトルジョー(Little Joe)又はエーストレイ(Ace-Trey)
 5  ノーフィールドファイブ(No Field Five)又はリトルフィービー(Little Phoebe)
 6  ジミーヒックス(Jimmie Hicks)
 7  セブンアウト(Seven Ov),ラインアウェイ(Line Away),ファイブツー(Five Two),

ビッグレッド(Big Red)

 8  イージーエイト(Easy Eight),ア・スクエア・ペア(a Square Pair)ザ・ウィンドウ(The Window)
 9  センターフィールド(Center Field),ア・フォーティーファイブ(a Fourty-five)
 10  ゾロ目ビッグディック(Big Dick)
 11  ヨー・レブン(Yo Leven)
 12  ボックスカーズ(Boxcars)

クラップスのチップの賭け方

クラップスには、サイコロの振り1投で決まる「ワンロールベット」と、複数回サイコロを振る「マルチロールベット」にチップを賭けるやり方があります。

「ワンロールベット」は1回勝負。

「プロポジションベット・フィールドベット・エニーセブン・クラップスイレブン・エニークラップス」それぞれにベットし、それぞれの勝ち番号が出れば勝ち。

「マルチロールベット」には「パスラインベット・ビッグ・ハードウェイ・プレイスベット・カムベット」という5種類があります。

こちらは勝負がつくまで複数回サイコロが投げられます。それぞれのベット方法に勝ち番号が設定されています。

遊び方のコツ


クラップス、ベットの仕方は様々な方法がありますが、簡単なベットの仕方も選べるので初心者にも人気のゲームであることが分かりました。

少しずつ慣れていってゲームの雰囲気を味わい、それに伴ってベットの仕方を変えていくことも可能です。

パチンコやパチスロ、競馬や競艇も楽しいですが、オンラインカジノで合法的に遊べるクラップスはカジノ始めのゲームとしてうってつけです。

ぜひ1度クラップスをプレイして、一攫千金の大金持ちへのチケットを手に入れてみましょう!

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating

勝っても負けてもキャッシュバック!?
日本人向けの新世代型オンラインカジノ

キャンペーン情報
入金するだけで最大70ドルのキャッシュバックがもらえる!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!