2018/02/20

クラップスのルール・遊び方|サイコロの出目を予想するカジノゲーム

カジノで人気のクラップス。サイコロを2つ使って行われるこのゲームは、参加者がサイコロを投げたりする、和気あいあいとしたムードが魅力。

単純なルール、バリエーションのあるベット方法、還元率が高いことからカジノ初心者にも上級者にも人気があります。

そんなクラップスの基本的なルールやベットの仕方などの詳細をもう一度おさらいしてみましょう。

クラップスとは

12世紀ころ、中近東で楽しまれていたクラッブス(Crabs)、ヨーロッパを経由して世界に伝わり名前もいつの間にかクラップス(Craps)に。

世界のランドカジノはもちろん、オンラインカジノでも楽しまれ、バカラ同様にハイローラー(高額ベットする人)に人気のあるゲームです。

2つのサイコロの出目パターンを予測し、、チップを賭けるのですが他のカジノゲームと違うのは参加者がサイコロを順番に投げたりしてみんなで盛り上がれること。

熟練さが必要とされず、控除率(胴元の取り分)が低いことで、初心者にも取り組みやすいのです。

クラップスのルール

それではクラップスの具体的なルールを説明します。

  • ①まず参加者(プレイヤー)は好きなところにチップを起きます(ベット)。
  • ②参加者の中で最初のシューター(投げる人)が2つのサイコロを投げます。→これを「カムアウトロール」と呼ぶ
  • ③2つのサイコロの出目合計数が「7,11」だった場合はシューターが勝ち(Natural)、「2,3,12」が出た場合はシューターの負け(Craps)でゲーム終了。
  • ④「2,3,7,11,12」が出なかった場合、つまり「4,5,6,8,9,10」が出た場合はゲーム続行。この「4,5,6,8,9,10」のことを「ポイント」と呼びます。
  • ⑤2投目以降、「7かポイント」が出るまでシューターがサイコロを投げます。「ポイント」が出ればシューターの勝ち、7が出ればシューターの負け。

このクラップスはシューター含む参加者全員が、シューターが勝つか負けるかに賭けるゲーム。

しかしカジノでは、参加者が皆シューターが勝つことにベットし、カジノ側が負けとなることに一体となり、それゆえ大盛り上がりとなるようです。

クラップスの役割を紹介

それではここでクラップスでの3つの役割をそれぞれ紹介します。

ボックスマン(Boxman)

ボックスマン(Boxman)は、テーブルを管理する総合責任者としての役割を持ちます。ディーラーを監視したりチップを管理したりします。

スティックマン(Stickman)

スティックマン(Stickman)は投げたサイコロを回収して次のシューターに渡したり、サイコロの出目を読み上げる役割を持ちます。

またテーブル中央、「プロポジションベット」を管理する役割もあります。

ディーラー(Dealer)

ディーラー(Dealer)は2人、ボックスマンの両脇に立ちます。プレイヤーに指示されたチップを置くこと、またゲーム後にチップの回収・配当を行います。

プレイヤーからの質問にもこのディーラーが答えます。

1 2 3

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」