2019/01/23

あぶく銭の意味とは?お金は稼ぎ方によって価値が変わるのか

よくカジノや賭場で耳にするあぶく銭

漢字では「泡銭」と書きその意味は

「苦労せずに得たお金」

です。

人からもらったり宝くじで得たような、
労力を使わずに苦労せず得たお金は泡のように消えてしまうというお金

あぶく銭は

・パッと使ってしまったほうがいい
・人のためだけに使うべき

などと言われています実際はどうなのでしょうか?

そこで今回の記事では

あぶく銭って一体何?果たして働いて得たお金と価値が違うのか

についてお伝えしていきます。

あぶく銭とは”努力しないで稼いだお金”?

一般的には努力しないで稼いだお金をあぶく銭と呼びますが、この定義は非常に曖昧なものでもあります。たとえばギャンブルで得たお金はどうでしょう。適当に参加したギャンブルで大金を得たのならばあぶく銭と呼ぶかもしれませんが、ギャンブルのために努力を重ねる人も少なくはありません。

競馬で勝つために何日もかけて過去レースを見て研究したり、パチンコで勝つために何時間も開店前から並んだりする人は少なからず存在します。これらの行動を取る人達はほとんどがプロと呼ばれるような人ですが、彼らにとってはギャンブルで得たお金をあぶく銭とは呼びにくいです。

そう考えれば、株やFXで得たお金は、ギャンブルで得たお金以上にあぶく銭とは呼びにくいでしょう。このように、あぶく銭とは人によって判断が異なる、非常に曖昧なものでもあることが多いのです。

あぶく銭を英語で言うと?


あぶく銭は英語で「easy money」=楽に手に入るお金という意味です。

または、「easy come easy go」=簡単に獲得し、簡単に失う、とも言われています。諦めの言葉として使われることが多いです。

あぶく銭の類義語


あぶく銭の類語だと
・悪銭(あくせん)=不正なことをて得たお金
・ぼろ儲け=うまく立ち回って普通ではないほど大きく得る儲け
・荒稼ぎ=荒っぽく、手段を選ばず一度に大金を稼ぐこと

ことわざで「悪銭(あぶく銭)身につかず」というものがあります。

あぶく銭はその日のうちにパーッと使うもの?

よく「あぶく銭だからパーッと使おう」という言葉を聞きます。「宵越しの金は持たない」のような言葉もありますね。ここで言う「パーッと使おう」は、友人達に奢るような時に多く使われる言葉でしょう。

一人でパーッと使うというケースは少なく、誰かが得たあぶく銭を複数人で消化するのが一般的です。しかし、あぶく銭を得た本人が「パーッと使おう」と言うのならばともかく、見ていた人が「パーッと使おう」と言うのは、どこか変な感じがします。

何故ならば、先ほど述べたようにあぶく銭の定義が人によって異なるため、金銭を得た人にとってはあぶく銭ではないかもしれないからです。ギャンブルを生業としている人にとっては、一般人があぶく銭と考えるような収入しかありません。それを横からたかられては困ってしまいます。

あぶく銭を得た本人が「パーッと使おう」と言うのは結構ですが、人に対して「あぶく銭だからパーッと使おう」と言うのはトラブルの元になることも知っておくべきでしょう。

人はお金を稼いだ過程を気にする

パーッと使う、使わないでトラブルになってしまうのは、多くの人達がお金を稼いだ過程を気にしてしまうからです。どうしても汗水垂らして働いて得たお金の方が、尊いもののように感じてしまいます。「楽してお金を稼ぐのはずるい」という感覚が未だに拭えない人も多いのではないでしょうか。

しかし、その「楽をしてお金を稼ぐ」という過程ですら、人によって大きく異なることは、もうわかったでしょう。

生業ならギャンブルで勝ったお金はあぶく銭ではない

ただ「パチンコで5万円勝った」と聞いたらあぶく銭と感じるかもしれませんが、パチンコを生業としている人が「優良店のイベント情報を掴んだので、朝4時から並んで優良台を確保した。12時間休まずに打ち続けて5万円勝った」と聞いたら、それは当然の報酬のように感じられます。

人によっては仕事で得たお金もあぶく銭に感じられる

今のパチンコの話は極端な例ですが、仕事に対しても同じことが言えます。端から見れば楽な仕事をしてお金を稼いでいるように見える人も多いでしょう。自分が汗水垂らして1日に1万円稼いでいる。そんな状況を想像してみてください。

ある人はパソコンを少しだけいじって短時間でその何倍も稼いでいる。こういう人は世の中にたくさんいます。もしかしたら、汗水垂らして働いているあなたは、パソコンをいじって大金を得た人に対して「あいつはあぶく銭を得ている」と感じるかもしれません。

そのくらい、人はお金を稼いだ過程を気にしてしまいがちな生き物ということです。

ギャンブルで稼いだお金も仕事で稼いだお金も価値は同じ

結論的にはどんな手段でお金を稼ごうと、そのお金の価値は等しいということです。汗水垂らして働いて得た1万円も、なんとなく座ったらパチンコで勝った1万円も、買えるものは同じでしょう。人にたかるのはもちろん、自分で「あぶく銭だからパーッと使おう」という考え方も不自然です。

ギャンブルは、勝ったことは覚えていても、負けたことはすぐに忘れてしまうもの。だからトータルで負けている人達は、実際に自分がいくら負けているのかも正確には把握していません。

ギャンブルで得たお金は、ギャンブルで負けた時の補填分。そう考えるようになれば、あぶく銭などどこにも存在しなくなり、あなたのお金の使い方自体が変わっていくでしょう。

リスクを取れる最大のチャンス!

あぶく銭を手にした時は、普段できないことをやれるチャンスにもなります。たとえば、株や投資に興味を持っていても資金がなくて手が出せない人は大勢いるでしょう。

「資金がない」と感じてしまうのは、株にも投資にもリスクがあるからです。あぶく銭を得た時こそ、リスクを取れる最大のチャンスであるとも言えます。

適度にギャンブルをして、適度に飲み食いをして、適度に好きなものをいくつか買ったらあぶく銭が消えた……となってしまいがちですが、リスクを取りながら資金を増やすことを考えても良いでしょう。

あぶく銭が増える人・減る人の違いは何?

「あぶく銭を増やしたい」という気持ちは誰にでも沸き起こる感情でしょう。しかし、現実的には増やせる人は一握り。多くの人は減らしてしまいます。

その違いは、明確な目的を持ってあぶく銭を使うかどうかです。たとえば、先程紹介したように、普段挑戦できない株や投資に挑戦する……この思考がある人はあぶく銭を増やせる可能性を持っています。

また、人に使うというのもアリでしょう。たとえば、友人や知人に食事を奢ってあげるのです。見返りを求めるわけではありませんが、奢られた方はあなたに一目置いてくれる可能性は十分にあります。

後日、奢り返してくれることもあるでしょうし、有益な情報をくれるかもしれません。くだらないものを買って一人で楽しむよりは、はるかに有益な使い方と言えます。

お金は正しい使い方をすれば「あぶく銭」にはならない

あぶく銭という言葉は、無駄な使い方をしてしまった後に使う言葉です。どのような手段で得たお金であっても手にした段階では、まだあぶく銭ではありません。

どんな形で得たお金であっても、やはり使う時は正しい形で使うべきです。
そうすれば、あぶく銭という感覚自体がなくなっていきます。

「お金がない」という状況に陥りやすい人は、ギャンブルなどで手にしたお金をあぶく銭だと考えて、無駄に消費していませんか?
その考え方を改めれば、お金は残りやすくなりますので実践してみてください。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating

勝っても負けてもキャッシュバック!?
日本人向けの新世代型オンラインカジノ

キャンペーン情報
入金するだけで最大70ドルのキャッシュバックがもらえる!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!