ラボ子
ラボ子
ライター
最終更新日: 2024年05月20日
カジノゲーム

麻雀における“割れ目とは”とは?意味やルールなど戦い方を徹底解説

このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。 消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や広告」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、安心してお読みください。問題のある表現が見つかりましたら お問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
また、当サイトではギャンブルによる依存症対策として以下2つのサイトを紹介しています。1人で悩まず専門機関に相談してください。

最後に、当サイトは海外在住日本人向けのサイトです。オンラインカジノを利用した賭博には十分注意してください。
  • 警察庁の見解

  • ラボ子
    ラボ子

    麻雀の割れ目とは何?

    麻雀で「割れ目」という言葉を聞いたことがありますか?過去には「割れ目」がタイトルに入ったテレビ番組も放映されていたので知っているという方もいるかもしれませんね。

    割れ目とは麻雀のローカルルールの一つで、開門(カイメン)の位置に座っているプレイヤーの得点の受け渡しが2倍になるというルールです。

    他のプレイヤーにアガられてしまうと支払う点数も2倍になるので、ハイリスク・ハイリターンのルールといえるでしょう。

    今回は割れ目とは何か?といったことや得点の計算方法、戦い方も解説していきます。普通のルールで遊ぶのには飽きてしまったり、仲間内で麻雀をしたりするときなどには面白いルールなので、ぜひ参考にしてください。

    麻雀の割れ目とは?

    この項目では、まず麻雀の割れ目の意味について解説していきます。そして割れ目で遊ぶ際の得点の計算方法も解説しますので、知りたい方はぜひチェックしてみてください!

    割れ目は麻雀のローカルルール

    麻雀 割れ目
    割れ目とは、1995年から放送されていたフジテレビの「THEわれめDEポン」という番組で広く認知されるようになった麻雀のローカルルールのひとつです。

    われめDEポンは、芸能人が麻雀をして優勝を争う麻雀バラエティ番組です。地上波放送は2008年で終了していますが、今もなお根強い人気を誇り現在はCSで放送されています。スペシャルでは24時間の生放送対局も行われ、過去にはビートたけしが出場したこともあり話題になりました。

    スペシャルの歴代優勝者は、小沢一敬(スピードワゴン)、中野浩一、見栄晴で、2019年にはMリーガーとしても活躍中の萩原聖人が優勝に輝きました。

    麻雀の割れ目ってどんなルール?

    麻雀における「割れ目」とは、開門(カイメン)の位置に座っているプレイヤーの得点の受け渡しが2倍になるというルールです。

    開門とは配牌を始める場所のことで、局が始まるときに親がサイコロを振って出た目に応じて決まります。割れ目になるとアガったときに受け取る点数がなんと2倍!ハイリターンが期待できます。

    しかし他のプレイヤーにアガられてしまったときには割れ目のプレイヤーが支払う点数も2倍になります。さらに割れ目ルールではドラ表示牌を最初から2枚めくる場合もあり、点数の移動が大きくなることも特徴です。

    麻雀の割れ目の得点計算方法は?

    麻雀 割れ目 戦い方
    割れ目の得点計算をするのは簡単です。

    割れ目のプレイヤーだけ得点の受け渡しを2倍にすればいいので、普通の麻雀の点数計算ができれば問題ありません。具体的な手順は次のとおりです。

    • 通常どおり点数計算をする
    • 割れ目のプレイヤーが受け取る(or支払う)点数を2倍にして計算する

    単純に割れ目のプレイヤーが親なら親の点数×2倍、子なら子の点数×2倍になります。親で割れ目になると大量加点のチャンスと同時に子にツモアガリされるとかなり痛いのでとてもスリリングです。

    麻雀の割れ目の特別ルールとは?

    麻雀で割れ目ルールで遊ぶ際、ゲームをより面白くするために特別ルールを追加することもあります。

    この項目では、覚えておきたい麻雀の特別ルールを2つご紹介していきます。

    合わせて覚えておくことで遊びの幅が広げられますよ!

    麻雀「割れ目」の特別ルール①導火線

    導火線とは、誰かがアガったときツモ牌がある位置に座っているプレイヤーの得点の受け渡しが2倍になるルールです。

    割れ目に似たようなルールですが、割れ目は局の最初から最後まで対象者が変わらないのに対し、導火線は誰かがアガるまで誰がその対象になるのか分からないという違いがあります。

    局が進むにつれて牌山が短くなっていく(=対象者が下家方向へ移動していく)様子が、導火線のようであることが名前の由来です。

    麻雀「割れ目」の特別ルール②青天井

    青天井とは麻雀の点数計算におけるルールのひとつです。通常の麻雀ルールで満貫以上の点数は「子の満貫は8,000点」「親の役満は48,000点」などと固定されていて、符計算は必要ありません。

    しかし青天井では満貫以上でも符点と翻数を用いて正式な点数計算をします。そのため1翻上がるごとに点数が倍々になっていきます。具体的に麻雀漫画に登場した手を参考にしてみましょう。

    青山広美作の麻雀漫画「トーキョーゲーム」にて

    • リーチ・海底・小三元・混一色・混老頭・対々和・三暗刻・三槓子・南・ドラ32
      という手が登場。

    これは親の50飜140符なので、青天井ルールで計算すると3,783,023,686,991,216,640点(約378京3023兆6869億点)になります!これが麻雀の点数なのか?と疑いたくなりますね。

    麻雀を割れ目ルールで遊ぶ際のポイントは?

    割れ目ルールで遊ぶ際におさえておきたいポイントは次の3つです。

    この項目では、割れ目ルールで遊ぶ際のコツを詳しく解説していきます。

    コツを意識するだけで勝率が一気に上がりますので、ぜひ参考にしてくださいね!

    大役よりもアガりを狙っていく

    動く得点が大きくなるので、いつも以上にアガり優先の麻雀を意識しましょう安い手でも割れ目のプレイヤーが関係してくることで大量に加点できます。局面によってはメンゼンにこだわり過ぎず、鳴きを利用した速度優先の打ち方をしていくことも大切です。

    逆に、早い段階でのアガりが難しそうだと判断したら無理せずにベタおりしましょう。少なくとも振り込むことがないように、しっかりとおりてくださいね。

    割れ目がリーチ宣言したら警戒する

    麻雀 割れ目 戦い方
    割れ目のプレイヤーからリーチがかかったら、まず高得点になるものとして警戒してください。揃った役が小さくても割れ目が受け取る点数は2倍になるので得点が大きくなります。リーチでテンパイを知らせてくれている以上、自分の手牌に少しでも不安があればおりたほうが安全です。

    ただ、割れ目から直撃できるチャンスにもなりますので、自分の手に自信があればダマテンなどでバランスをとりつつ押していきましょう。

    割れ目以外のプレイヤーは協力し合う

    麻雀は4人のプレイヤーそれぞれが戦う個人競技です。しかし時によっては自分以外のプレイヤーと協力をする戦い方もあります。

    麻雀では自分にメリットがあれば、わざと下家にチーしてもらえそうな牌を捨てたり、ロンされそうな牌を捨てる(=差し込み)といった行為をすることもあるんです。

    割れ目ルールでゲームをするときは、割れ目以外のプレイヤーが鳴いたときには、他に鳴きたそうな牌を切ってあげるなどして協力することも勝負に勝つコツになります。

    麻雀の割れ目ルールは点数の動きが大きい!

    割れ目はシンプルなルールでありながら、ハイリスク・ハイリターンのルールであるため、そのギャンブル性の高さから雀荘ではあまり採用されることはありませんでした。

    ただ、普通に麻雀をプレイするのに少々飽きたときや、仲間内で麻雀をするときなどには、少し刺激的で面白いルールだと思います!

    麻雀の割れ目に関するよくある質問

    麻雀割れ目に関するよくある質問

    麻雀割れ目に関するよくある質問は以下の通りです。

    麻雀の奥深いルールには、さまざまな疑問が生じます。ここでは、ロンの意味から親の倍率、頭はねの発生理由、そして麻雀のインフレルールについて解説します。これらの知識を持つことで、より深く麻雀を楽しむことが可能となります。

    麻雀のロンとは何?

    ロンとは麻雀で他のプレイヤーが捨てた牌を取ってあがることを指します。具体的には、自分の手牌が上がり形(和了形)になり、他のプレイヤーが自分の待ち牌を捨てたときに宣言します。戦略性が求められるロンの選択は、麻雀の醍醐味の一つです。

    麻雀の親何倍になる?

    麻雀におけるの役割は非常に重要で、親と子の間で得点の倍率が変わります。具体的には、親があがると基本の点数が1.5倍になります。また、親の順番は一局終わるごとに変わるため、戦略的な選択が求められます。

    なぜ麻雀で頭はねは起きる?

    麻雀で頭はねとは、親がトップで連荘する状態を指し、これが続くと他のプレイヤーの点数が減り、局が終わらない状況を生み出します。これは親があがると基本点数が1.5倍になるルールによるもので、頭はね防止策として、時間や局数の制限を設けることがあります。

    麻雀のインフレルールとは?

    インフレルールとは、点数が増えてゲームが進行する麻雀の特定のルールのことを指します。これはゲームのスピードを早める目的で導入され、大きな得点差をつけるチャンスを増やすことで、ゲームの展開をダイナミックにします。

    まとめ:麻雀の割れ目は一発逆転も可能なスリリングなルール

    割れ目は、麻雀の勝負において一発大逆転も狙えるため、一般的な麻雀のルールでは採用されていないローカルルールです。スリリングなルールであるため、

    しかし、開門(カイメン)の位置に座っているプレイヤーの得点の受け渡しが2倍になるというスリリングなルールであるため、友人同士で刺激を求めあいたい際にはぴったりのルールだと言えるでしょう。

    また、刺激を求めて麻雀をプレイしたい場合は、オンライン上で賭け麻雀で遊ぶことができておすすめです

    割れ目ルールはないのですが、リアルマネーを賭けた高レート卓での勝負はまさに真剣勝負を楽しめます。オンライン麻雀なので24時間好きな時間に好きな場所でプレーすることが可能です。

    しかし、リアルマネーを賭けたオンライン麻雀は、あくまで海外在住の日本人向けサービスです。

    日本国内で賭け麻雀を行った場合は、賭博禁止法に抵触するため注意してください。

    おすすめのオンラインカジノ
    ベラジョン
    Vera&John
    おすすめ度
    5.0 rating
    ベラジョン
    無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
    カジノシークレット
    CASINO SECRET
    おすすめ度
    4.0 rating
    カジノシークレット
    入金だけで最大470ドルの
    キャッシュバックがもらえる!
    ラッキーニッキー
    Lucky Niki
    おすすめ度
    5.0 rating
    ラッキーニッキー
    最高999ドルの100%マッチボーナスが初回にもらえる!
    オンラインカジノランキングバナー