News日本のカジノ

公営ギャンブルとは?どんな種類があるのか、勝ちやすさをコッソリ公開します

公営ギャンブルとは、公営競技や公営くじを指します。
公営ギャンブル(競技)が存在していない県も日本には2カ所(長野県・沖縄県)ありますが、それ以外では何かしらの合法ギャンブルを遊ぶ事が可能です。
今回の記事では下記2つに注目して解説していきます。

  • 一体それぞれの公営ギャンブルはどのようなものなのか?
  • 実際に勝つことは可能なのか?

また今一番勝てるギャンブルとして大人気のオンラインカジノを実際に検証した動画もアップしていますので、ぜひ最後までご覧ください。

arrow right30ドル(3000円分)の無料ボーナスをもらうarrow right

公営ギャンブルって一体何?日本で遊べる賭博・ギャンブルをご紹介

koueigyanburu
公営ギャンブル日本で実際にお金をかけて遊ぶことが許されているギャンブルのことです。
主には以下のように分類されます。

  • 公営競技:競馬、競艇、競輪、オートレース
  • 公営くじ:TOTO、ロト、宝くじ

このように分類され、総称して公営ギャンブルと呼ばれています。それぞれのギャンブルに分けて紹介します。
パチンコやスロットは完全に白ではないとよく議論されているので、準・公営ギャンブルといえるでしょう。

競馬


競馬とは騎手が馬に乗り、速さを競うゲームに「レース結果がどうなるか」という項目に対して賭けるものです。
新聞などを見て勝ちそうな馬の番号に賭けて馬券を買い、当たれば懸けた額×配当分が貰えます。
なかなか来ると思えない馬が優勝したりすると、予想時点での配当がとても高くなっていたりします。
配当が高ければ少額の賭けでも大金に変わったりするので、一攫千金も夢ではない公営ギャンブルです。
気になる競馬の還元率は、75%~80%と言われており、国内の公営ギャンブルにおける還元率の中ではかなり高い率となります。
還元率とは、胴元が確保する利益を除いて、顧客や賭ける人に返ってくる率です。
※ちなみに競馬の管轄である農林水産省は「畜産振興と福祉事業」を目的とした経済的貢献として『競馬』は運営されています。

競艇

競艇
競艇とは、モーターボートの速さを競い、結果を予想してお金を賭けるものです。
自分の当たると思う投票券(勝舟投票券、舟券)を購入し、当たればその配当分を貰うことができます。
1着・2着・3着までを1つだけ、または複数を順番通りまたは順不同で購入することが可能です。気になる還元率は74.8%という数字が出ており、公営ギャンブルとしては高い方でしょう。
大きく勝つための攻略法としては、競馬と同じく勉強し知識を頭に入れることは前提として必要ですが、配当の高いものを狙うなら三連勝単式(1位・2位・3位を順番通り)を狙うこと。
他の狙い方は当たる確率が高い分配当が低く勝利金も少なくなるため、競艇において人気の舟券の買われ方としては三連勝単式が売上の大半を占めるそうです。

競輪


競輪は1948年、こちらも戦災復興の一環として始められました。
第二次世界大戦以前より自転車競技スポーツとして行われていましたが、震災後の日本復興として公的にお金を賭ける=公営ギャンブルとして国を盛り立てたのです。
競輪の還元率は75%。こちらも競馬・競艇と並ぶ還元率です。勝ちやすい賭け方としては上記競馬・競艇と差はありません。
配当の高いものを大穴狙いとして賭けるか、配当は安いけど手堅いものをいくつか賭けていって少額利益を生み出すかです。
ギャンブル経験者には分かると思いますがこれは「その時の感じ」で決める人が多いのではないでしょうか。

宝くじ


宝くじは日本人に馴染み深く、実際に買ったことがある方も多くいるでしょう。
年末ジャンボやサマージャンボを代表に多くの人が「当たると評判の店」で列をなしているのを見かけます。
そんな宝くじの還元率は、実は他の公営ギャンブルにくらべると大分低い45.7%です。
他のギャンブルは「勉強すべき何か」があることに比べ、宝くじに関しては「運」というものでしょう。

オートレース

オートレース
オートレースは日本に5箇所あるレース場(川口・伊勢崎・浜松・山陽・飯塚)でバイクや車によるレースが行われ、順位を競うものに賭けをします。
1レース8選手、それぞれの力量によって距離の異なるオートレースでは、各選手によって10メートルずつ距離が異なるということもあるのです。
それらの距離の差があるレースを「ハンデレース」、同じ力量の選手のみで行う「オープンレース」という2つのタイプに分かれます。
本場レースの前に行われる「試走レース」での全力疾走である3周目がオートレースの最大のデータとなるでしょう。
還元率74.8%であるオートレース、他の公営競技とほぼ同じですが、他の競技と比べて選手が少ないこと=データ管理がしやすいということにも繋がります。
※楽天銀行では、オートレースをはじめ、他の公共ギャンブルもネット購入・投票することが可能です。ポイントなども同時に貯まるので今はネットで公営ギャンブルをする方はだいぶ増えてきています。

TOTO・ロト


TOTO・ロトは公営ギャンブルの中でも「公営くじ」に分類されます。
TOTOはサッカーの試合を予測するもの、ロトは5つ、6つないし7つの数字を当てるものです。

TOTOは一口100円から賭けることができ、決められたサッカーの試合の勝敗を予想するもの、得点を予想するものというような種類があり、当選額も種類ごとに大きく異なります。ロトにはミニロト・ロト6・ロト7などの種類があります。

ミニロトは1~31までの数字の中で5つ、ロト6は1~43の数字の中で6つ、ロト7は1~37の数字の中で7つ好きな数字を選んでマークし、いくつ当たるかで当選金額が大きく変わるのです。

ミニロト・ロト6が1口200円、ロト7は1口300円から購入でき、当選者がいなければキャリーオーバーとして当選金額が持ち越されるため、莫大な金額になることもしばしば。

これら公営くじの還元率はTOTOが49.6%、ロトが40%といわれています。
TOTOで勝ちたい場合、サッカー試合をスタジオなりTVなりで見て勉強すること、購入に迷ったら勝ち・負け・引き分けの3つを購入する「トリプル」、2つを購入する「ダブル」という買い方を続けていくのが有効のようです。

ロトの場合、これだと決めた数字を買い続ける、前回の当選番号は買わない、過去当選した数字の組み合わせは買わないなど様々な方法が取られています。

公営ギャンブルの歴史を紹介

公営ギャンブル 歴史
公営ギャンブルはいつから日本でできるようになったのでしょうか。公営ギャンブルの歴史は1945年に第二次世界大戦が終わり、経済の復興を目指して運営が始まります。

当初は売上の一部が日本財団の活動資金や、地方自治体の財政資金となるという仕組みで成り立っておりました。
徐々に売上を伸ばしてきましたが、近年は不況の影響によって売上が低迷してきています。赤字となり、経営が困難になる施設も後を絶ちません。

カジノ法案が成立し、日本にカジノが設立されようとしている中、従来からある公営ギャンブルがどのような動きを見せてくるのかも楽しみなところですね。

公営ギャンブルの利益に税金はかかる?

公営ギャンブル 税金
公営ギャンブルで稼いだ利益に税金が発生するかどうかは必ず押さえておくべきポイントです。
この項目ではどのような計算で税金が発生するのか、3つの所得タイプと合わせて解説していきます。
「趣味程度だから必要ない。」「たまに遊ぶだけだから関係ない。」という方も税金が発生する場合がありますので、ぜひご覧ください。

    • 公営ギャンブルの利益にかかる税金は3タイプのどれかに分類される
    • 公営ギャンブルで発生した税金はしっかり確定申告しよう

公営ギャンブルの利益にかかる税金は3タイプのどれかに分類される

公営ギャンブルで利益を獲得すると、下記3つのどれかに分類されて税金が発生します。

  • 事業所得
  • 雑所得
  • 一時所得

それでは1つずつ具体的に見ていきましょう。

①事業所得

これは公営ギャンブルの利益で生計をやりくりしている人が分類される所得になります。
ちょっとした趣味程度で遊んでいる人はこのタイプに分類されることはほぼありません。
ここで注目すべきポイントは「事業所得」になるので青色申告を利用すると最大65万円の控除を受けられることです。
さらに合計利益から損失金額の合計を経費扱いで引けるため、他の所得タイプと比べて大きく税金を縮小することも可能になります。
特徴は下記の通り、他の所得タイプに比べて大きく税金を縮小できることがポイントです。

  • 青色申告を利用すれば最大65万円の控除あり
  • 損益通算のため負け越した場合のベット金額を経費にできる

②雑所得

事業所得ではありませんが継続的に利益を獲得している、そんな場合はこの雑所得に分類されることが多いです。
雑所得の特徴として下記2点が挙げられます。

  • 控除制度が存在しない
  • 損益通算も同じく存在しない

損益通算がないということはつまり利益が出たタイミングでのベット金額は経費扱いになりますが、その他負けた場合のベット金額は経費にならないため税金が大きくなってしまうのです。
3つのタイプの中で税負担が一番大きくなってしまうものがこの雑所得になります。

③一時所得

公営ギャンブルで利益を獲得すると多くの場合がこの一時所得に分類されます。
一時所得は下記の通り税金が精算されるため、先程の雑所得よりは税金を縮小することができるのです。

  • 最大50万円特別控除が存在する
  • 損益通算は存在しない

ただ注意点としては事業所得のように損益通算ではありませんので、負け越した場合のベット金額は雑所得と同様経費になりません。
つまり負けまくっていてもどこかで50万円以上の利益が発生すると、その瞬間確定申告の義務が発生します。

公営ギャンブルで発生した税金はしっかり確定申告しよう

もし上記3つの内どれかの形で税金が発生する場合は納税義務が伴いますので、万が一確定申告をしないと立派な脱税行為となってしまいます。
趣味で楽しんでいたギャンブルが原因で有罪扱いになってしまっては元も子もありません。
ですので今回ご紹介した3つの所得タイプと控除制度は知識として頭に入れておくと安心です。
現在公営ギャンブルはネットやアプリでの投票や購入も可能になります。楽天銀行などで全てのデータを管理して税金対策をしておくこともおすすめです。

公営ギャンブルも「賭博」である


公営ギャンブルというともう昔から馴染みのあるようなもので「賭博」「何か良くない」というようなイメージはないですね。
しかし国から認められているといっても現金を賭ける賭博なので、大金をスってしまわない様に注意が必要です。
上記には挙げていませんが、これらギャンブルの中でも還元率が高く、合法的に運営されている「オンラインカジノ」というスマホでカジノプレイできる合法ギャンブルもおすすめです!
今回ご紹介した公営ギャンブルや賭け事の還元率を比較した一覧をご用意しました。

ギャンブル名還元率
オンラインカジノ約93%
パチンコ約80%
競輪約75%
競馬約70%
宝くじ約46%

ご覧の通りオンラインカジノは還元率が約93%と圧倒的です。この数値だけでいかにオンラインカジノが勝ちやすいか分かります。
実際にオンラインカジノで検証した結果が下記動画になりますが、かなり安定して勝つことができました。

空いた時間、あなたならどのギャンブルをしてみたいですか?節度をもってスリリングかつエキサイティングな勝負をしてみたいですね!
[post_category_link id=”1″]

編集部厳選!おすすめのオンラインカジノ3選


最後に編集部がおすすめするオンラインカジノ3選をご紹介していきます。

  • ベラジョンカジノ(Verajohn)
  • エンパイアカジノ(Empire777)
  • ビットカジノ(Bitcasino.io)

どのオンラインカジノも日本語対応が万全なので、初心者でも安心してプレーすることができるサイトです!

①ベラジョンカジノ(Verajohn)


ベラジョンカジノは日本で一番知名度のあるオンラインカジノと言っても過言ではありません。
日本人に合わせたイベントやプロモーションが多く、ギャンブル初心者でもとても遊びやすい仕様となっています。
決済方法もクレジットカードから口座送金、仮想通貨まで様々な種類が利用できるので、出金も安心して行うことができます。

arrow right30ドル(3000円分)の無料ボーナスをもらうarrow right

②エンパイアカジノ(Empire777)


エンパイアカジノはライブカジノに力を入れているオンラインカジノです。
ライブカジノとは海外にある本物のカジノとインターネットで繋ぎ、ディーラーとリアルタイムで勝負することができます。
エンパイアカジノのディーラーは美女揃いと有名なので、自分好みのディーラーと勝負するのもおすすめです。

arrow right30ドル(3000円分)の無料ボーナスをもらうarrow right

③ビットカジノ(Bitcasino.io)


ビットカジノは仮想通貨に特化したオンラインカジノです。
ビットカジノの仮想通貨を利用するメリットは様々ですが、一番は出金スピードでしょう。
最短で着金数秒と他とは比べ物にならないほどスピーディーに出金することができます
また万全の日本語サポート体制に、ゲーム数も充実しており、今とても注目されているオンラインカジノなのです。

arrow right30ドル(3000円分)の無料ボーナスをもらうarrow right

その他にもオンラインカジノは様々なサイトが存在します。今すぐ下のボタンをタップして、自分と相性の良いオンラインカジノを見つけましょう!

オンラインカジノランキングバナー