ラボ子
ラボ子
ライター
最終更新日: 2024年04月11日
News

新しいカジノ法案が成立!パチンコ業界に影響はある?ir法案の現状やパチンコとカジノの違い

このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。 消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や広告」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、安心してお読みください。問題のある表現が見つかりましたら お問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
また、当サイトではギャンブルによる依存症対策として以下2つのサイトを紹介しています。1人で悩まず専門機関に相談してください。

最後に、当サイトは海外在住日本人向けのサイトです。オンラインカジノを利用した賭博には十分注意してください。
  • 警察庁の見解

  • カジノ法案はパチンコ愛好家へもギャンブルをしない人にも影響するであろう大きな法律。カジノができたらパチンコはどうなるのか?とても気になるところですね。

    今回はそんなカジノ法案が施行された時にパチンコ業界にどのような影響を及ぼすのか、そしてカジノとパチンコの相互関係に焦点を当て、解説していきます。

    また、こちらの記事では、オンラインパチンコのおすすめについて紹介しています。オンラインパチンコの評判や、各サービスについて徹底比較していますので、ぜひ参考にしてください。

    ↓当サイトで厳選したオンラインパチンコ3選↓

    エルドラード
    エルドラード
    ベラジョンカジノ
    ベラジョンカジノ
    カジノシークレット
    カジノシークレット
    特徴・還元率が非常に高い
    ・24時間入出金可能
    ・出金依頼から平均3時間以内で出金
    体験版あり
    ・24時間いつでも遊べる
    ・日本語対応バッチリ
    ・政府発行ライセンス取得済みだから安心して遊べる
    ・キャンペーンあり
    ・ゲームの種類が多い
    ・初めてでも登録が簡単
    限定キャンペーンなし・当サイト限定初回入金時500ドル
    ・アカウント登録で30ドル
    ・図解入りマニュアルプレゼント
    ・当サイト限定初回入金額の50%キャッシュバック
    公式URL詳細詳細詳細
    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right
    関連記事
    登録不要の無料パチスロゲーム

    カジノ法案によってパチンコ業界は良くなる?

    パチンコ
    カジノ法案が施行されることによって、パチンコ業界は良くなるのか気になりますね。カジノが国民に開かれることによってギャンブル好きが増え、パチンコ人口が増えるのか、それとも国内のギャンブル好きがカジノへと流れてしまうのか。

    これはパチンコ業界人はもちろんのこと、パチンコ愛好家にも影響する事案ですね。

    パチンコ業界の現状

    パチンコは日本国内に930万人ものファンがおり、市場規模(貸玉料)が21.6兆円という巨大な産業です。しかし実際のところ、出玉規制や台の入れ替えの早さなどを理由にパチンコ人口がピーク時の1/3まで減少していることも事実です。

    パチンコを長期間プレイしている人は、ちょっと前の方が出やすかった=勝ちやすかったという共通認識を持っているのではないでしょうか。

    それゆえ、パチンコ業界人や愛好家にとっては「カジノ法案施行」によってパチンコがカジノ共に潤うことを期待しますよね。

    カジノ建設に向けパチンコ業界は下落

    2016年12月にIR推進法(カジノ法案)が決議されたことにより将来のギャンブル依存症への懸念からパチンコの出玉規制(2400発→1500発)を強化する方針が発表されました。

    このニュースを受け、パチンコに関連する銘柄が軒並み下落してしまいました。ただでさえ「昔より出なくなった」という声がよく聞かれるパチンコで、これ以上出玉が規制されるとなると将来ますますパチンコ人口が衰退することは容易に想像できます。

    これまでも普通に存在していたパチンコへのギャンブル依存症対策は特になく、カジノ解禁による煽りをまともに受けているパチンコ業界。

    カジノができるからパチンコを辞めるという人はそれほど多くないと思われますが、出ないから辞める、という人は多くいるでしょう。

    パチンコ業界に関わる人は直接的な規制をされ、不当な煽りを受けているという気持ちでいっぱいなのではないでしょうか。

    カジノ法案導入によるメリット

    カジノ法案が導入されたらパチンコ業界には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。日本国内の合法ギャンブル(公営ギャンブル)は競馬・競輪・競艇、またはTOTO・ロトくじや宝くじであり、パチンコは(合法)というグレーゾーン扱いになっています。これだけ国内に溢れていて違法はないだろう、と思いますよね。

    しかし実際パチンコ店では出玉を景品に変えるところまでは親切にサービスしてもらえますが、その後景品交換所でお金に変えることについては教えてもらえないことが多々あります。

    実際にカジノができたら「カジノリゾート」として様々なサービスのある複合施設ができると予想されますが、パチンコ業界の人も「カジノリゾート開発」を狙っている動きがあるようです。

    経営ノウハウを手に入れ、カジノリゾートへ出資するなどパチンコ業界人にとっては新たなビジネスチャンスなのです。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right

    カジノ法案によってパチンコも正式に合法化する?

    パチンコ
    カジノ法案が施行されたらそれはそのままグレーゾーンであるパチンコも合法になるのか?これも気になるポイントですね。

    しかし、カジノが合法として運営されてもすぐさまパチンコが合法になる、ということではないようです。カジノ法案はカジノに対しての法案。それは他のギャンブルであるパチンコとは話が別となっているのですね。

    また、カジノ法案施行によってパチンコが違法になる、というのも考えにくい話です。あくまでカジノが違法から合法へと変わり、パチンコに対しての状況はそのままとなる見通しなのですね。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right

    ギャンブル依存症対策はむしろプラス


    そもそもなぜ日本国内で公営ギャンブル以外のギャンブルが禁止なのかというと、ギャンブル依存症を回避するためです。

    国には国民の「健全な経済観念・勤労意欲」を守る必要がありますが、基本的な生活ができないのにギャンブルへ依存する人が増えると個人の豊かな人生が奪われます。

    カジノはダメ・ギャンブルなんて健全じゃない!という意見で禁止されているのではなく、国民の正当な豊かさや権利を守るために注意深くなっているのです。

    そして実際、ギャンブル依存症になると、常にギャンブルのことを考えて他のことへの興味を失ったり借金してもギャンブルを繰り返してしまうのです。

    だからギャンブル依存症を増やさないために議論や様々な法案が成立・施行されることは私達にとってプラスなのです。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right

    パチンコ業界人の本音を暴露

    パチンコ
    パチンコ業界の人は、カジノ法案施行についてどのような意見を持っているのでしょうか。一見競走相手に見えますよね。

    しかし実際には「カジノがパチンコ店の近くにできるなら影響を懸念するけど、そうでない場合は気にしない」という意見のようです。

    また、「カジノが合法になることによって、パチンコへの見方が良くなるといい」、「パチンコだってカジノと同じギャンブル。息抜きであり遊戯」という意見もあるようです。

    パチンコ愛好家減少・パチンコ業界衰退という声も聞こえるカジノ法案ですが、実際のパチンコ業界人はそれほどマイナスとは捉えていないようです。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right

    日本でカジノはパチンコの競合になる?


    カジノができたら、パチンコの競合相手となるのでしょうか。一般人からするとなんだかパチンコ愛好家がカジノへ流れるなんてイメージがありますね。しかし、前述のとおりパチンコ業界の人でさえ、競合相手として不安に思っていないようです。

    それはまず「カジノができるのは多くても国内に10ほど、パチンコは国内に11000もあり、結局遠くまでカジノに行くのは現実的ではない」というもの。

    何となくカジノとギャンブルの客層の違いだって予想できますよね。実際にターゲットはどう異なるのでしょうか。

    カジノのターゲット

    カジノのターゲットは外国人観光客や富裕層。私達が海外旅行でカジノで遊ぶように、海外からの旅行者だって旅の楽しみの1つとして利用するでしょう。

    また、複合リゾート施設にできるであろうカジノは、私達国民にとっても訪れることがイベントになるでしょう。どこにだってあるわけではないのですから。

    海外旅行でカジノに行くように、国内にできても旅行してその時にカジノしてみる、ということになりそうですね。

    そんなところにいつも通えるのはやはり富裕層。つまりカジノのターゲットは外国人観光客と富裕層ということになります。

    パチンコのターゲット

    それに対してパチンコは「いつでもどこでも遊べる」という気楽さがあります。これまでと同じように、自分がギャンブルしたい時にふらっと赴いてそこに来ている人と同じように遊ぶということは変わりません。

    カジノに特別感がある代わりに、パチンコには大衆的な気楽感があります。つまりターゲットが全然異なるわけですね。それゆえ、カジノ法案がパチンコに悪い影響を与えるものではないことが分かりますね。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right

    カジノ解禁によってパチンコ業界はカジノ進出を狙う?


    カジノ法案施行にともなってパチンコ業界の事業者はカジノ進出を狙っているのでしょうか。一口にパチンコ事業者といってもホール系・メーカー系に分かれます。

    パチンコ店を運営するホール系事業者はホールを開設し、集客し収益を上げる、というビジネスを行っており、カジノ運営と酷似するため進出には優位でしょう。

    海外のカジノ関連の企業へと出資している事業者もすでにおり、国内にできるIRへの出資を検討しているのでは、というのが大方の見方です。

    パチンコ・パチスロ機種を開発・製造するメーカー系事業者はすでに海外カジノのスロットマシンなどを開発しているところもあります。カジノのスロットマシン開発・製造の利益を狙うのは間違いないでしょう。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right

    日本でも合法で遊べるオンラインカジノとは?

    オンラインカジノはPC、スマートフォン等の、インターネット環境があれば24時間365日いつでもどこでもネットカジノを楽しむことができます

    日本でできるオンラインカジノのほとんどが厳しい審査を受けてライセンスを所持しており、合法的に安心してお楽しみいただけます。海外のカジノとネットで繋ぎライブ中継しながらプレーする事ができる「ライブカジノ」も大変人気があります。

    オンラインカジノならゲーム感覚で一攫千金も夢ではありません!無料のお試しプレーが出来るサイトも多いのでぜひチェックしてみてくださいね!

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right

    カジノ合法化反対派の意見


    カジノ合法化、進んではいますが反対派がいるのは事実。反対派はどのような理由でカジノ合法を懸念しているのでしょうか。

    それはやはり「国の民度が下がる」「治安が悪くなる」「未成年者のカジノプレイが予想される」といったようなものが挙げられます。

    国内でカジノが合法化すれば画期的なことですが、それに伴って国民を守るための方法を具体的に議論が必要なようです。

    日本にカジノが出来るまでにルールややり方を知っておくのも良いですね!オンラインカジノなら気軽に遊ぶことができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

    arrow left出玉率98%の台あり!arrow right
    おすすめのオンラインカジノ
    ベラジョン
    Vera&John
    おすすめ度
    5.0 rating
    ベラジョン
    無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
    カジノシークレット
    CASINO SECRET
    おすすめ度
    4.0 rating
    カジノシークレット
    入金だけで最大470ドルの
    キャッシュバックがもらえる!
    ラッキーニッキー
    Lucky Niki
    おすすめ度
    5.0 rating
    ラッキーニッキー
    最高999ドルの100%マッチボーナスが初回にもらえる!
    オンラインカジノランキングバナー