News

“カジノ王”スタンレー・ホー!カジノを始めるなら知っておきたい重要人物

これからカジノを始める人も、カジノで既に楽しんでいる方にもご紹介したいのが、カジノ王と呼ばれてきた香港の大富豪、スタンレー・ホー。
1960年代からマカオのカジノを40年間独占運営してきたスタンレー・ホー、世界長者番付の常連としても有名な彼について今回は生い立ちから現在までの詳細をご紹介いたします。

↓当サイトで厳選したおすすめオンラインカジノ3選↓

ベラジョンカジノ
ミスティーノ
Interカジノ
特徴体験版あり
・24時間いつでも遊べる
・日本語対応バッチリ
・政府発行ライセンス取得済みだから安心して遊べる
入出金の手数料無料
・365日チャットとメールで日本語サポート
還元率約97%
・カード入金対応
限定キャンペーン・初回入金時500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
・登録で10ドル
・3日連続フリースピン
・7日連続デイリースピンボーナス
・ウェルカムボーナス500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
公式URL詳細詳細詳細

マカオの「カジノ王」スタンレー・ホーのプロフィール

出生:1921年11月25日
出身地:香港
職業: 実業家
若いころにアルバイト経験を経て、白人経営者の通訳や執務などを請け負う会社に従事した後、独立して廃油を精製した燃料を販売することで大成功をします。
その後40歳を過ぎてから、マカオのギャンブル経営権を取得し、同時にホテル業となどのビジネスを展開していきます。その後ポルトガルの一植民地にしか過ぎなかったマカオを東洋一のギャンブル国に育て上げたのです。
日本語・英語・ポルトガル語・広東語など数か国語の読み書きができ、大変勤勉家としても知られています。

スタンレー・ホーの生い立ち


香港がイギリス領土だったころの4大一族の出身であります。13人兄弟の9番目に生まれ、大変裕福な家庭で育ちましたが、父親が株価暴落で多くの資産を失い蒸発してしまいます。
その後、兄弟の自殺などが相次ぎ、生活が急に苦しくなったスタンレー・ホーは残された母親と二人の姉のためにとお金持ちになることを目指しました。

驚きの事実発覚!スタンレー・ホーの総資産額

スタンレー・ホー氏の資産総額の収入はマカオのGDPのおよそ3分の1になると言われていました。マカオGDP:503.6億(2018年12月現在)で計算すると、日本円で約1兆8千億になります。
約2兆円近い総資産はブルガリアの国家予算と同じくらいの金額となります。一国家の予算が賄えるほどの資産を持っていることにより、骨肉の争いもエスカレートしているとの噂も後を絶ちません。

スタンレー・ホーの複雑すぎる家系図


大資産家であるスタンレー・ホーは大家族であります。その詳細をご紹介いたします。

スタンレー・ホー、配偶者(妻)が4人

香港はイギリス領土だった時代に一夫多妻制が認められていた時がありました。
1人目はマカオで1942年に結婚。2004年に死去しています。2人目は1962年に結婚し、現在はカナダに在住。3人目の夫人は1985年に出会った看護師です。
そして4番目の妻が1988年に結婚した、元ダンサーの夫人が現在の妻です。スタンレー・ホーの正式な妻は4人いたことになります。現在97歳であるのでこれ以上夫人が増えることはないでしょう。

スタンレー・ホーの子供は17人


スタンレー・ホーには4人の配偶者との間に17人の子供がいます。中でもローレンス・ホーを含め権力を持つ3人の子供がいます。

長女:パンジー・ホー

生年月日: 1962年8月26日 (年齢 56歳)
生まれ: マカオ政庁
配偶者: ジュリアン・ハイー (1991年 – 2000年)
カジノ大手MGM中国の経営に携わる。
現在香港の女性富豪番付で1位と言われているやり手の女性実業家。

次女:デイジー・ホー

生年月日: 1964年 (年齢 54歳)
SJMの会長兼エグゼクティブダイレクター職を父、スタンレー・ホーから継承しています。

香港出身の実業家ローレンス・ホー

生年月日: 1976年 (年齢 42歳)
生まれ: 香港
配偶者: Sharen Lo Shau Yan (2000年から)
カジノ会社メルコリゾーツ&エンターテインメントの会長
200回以上の来日をするほどの親日家であり、現在日本のIR進出に向けて準備をしている実業家です。日本にてカジノの運営権が得られた際には日本への移住も考えているとのことです。

スタンレー・ホーが引退!次の後継者は誰に…?!


「複雑な統治構造が権力争いを招く余地を残している」との懸念が浮上しています。2018年にスタンレー・ホーがSJMホールディングスの会長を辞任しました。
17人いる子供のうち、娘のデイジー・ホーが継承しています。しかし、事実上4人目の現在の配偶者であるアンジェラ・リョンも共同会長という名目で着任し、複雑な企業統治の体制となっています。

カジノを始めるなら知っておきたいスタンレー・ホーという人物


マカオカジノの歴史を語るのに、スタンレー・ホーは語らずにはいられない人物であります。
2006年の世界番付59番目というとてつもないお金持ちの彼は、まさにカジノ王と呼ばれて間違いない人物に値します。
懸念する部分はあるものの、大家族を作り、組織の継承も果たし、97歳に彼はまさに正真正銘カジノドリームを手に入れた人物です。

オンラインカジノランキングバナー