ラボ子
ラボ子
ライター
最終更新日: 2024年07月10日
オンラインカジノのおすすめはこれで決まり!30サイトの徹底比較ランキング【2024年3月】

【3人】トランプゲームで頭脳戦ができるおすすめ25選!簡単で面白いゲームや賭けゲームはある?

オンラインカジノのおすすめはこれで決まり!30サイトの徹底比較ランキング【2024年3月】
このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。 消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や広告」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、安心してお読みください。問題のある表現が見つかりましたら お問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
また、当サイトではギャンブルによる依存症対策として以下2つのサイトを紹介しています。1人で悩まず専門機関に相談してください。

最後に、当サイトは海外在住日本人向けのサイトです。オンラインカジノを利用した賭博には十分注意してください。
  • 警察庁の見解

  • ラボ子
    ラボ子

    3人で盛り上がれる頭脳戦トランプゲームが知りたい!

    子供のころから慣れ親しんでいるトランプゲーム。皆さんはどのくらいの種類をご存知ですか?

    トランプゲームといっても、1人で遊ぶ、2人で遊ぶ、3人以上で遊ぶトランプゲーム、頭脳戦とかなり豊富なゲームがありますが、今回は3人で遊べるトランプゲームを紹介します。

    今更トランプで頭脳戦?と思っている方も、昔よくトランプゲームやったな、と懐かしく思い出される方も合わせて楽しめるトランプを16種類まとめてご紹介いたします。

    この記事を参考にぜひお友達と盛り上がってくださいね!

    ↓当サイトで厳選したおすすめオンラインカジノ3選↓

    ベラジョンカジノ
    ベラジョンカジノ
    ミスティーノ
    ミスティーノカジノ
    Interカジノ
    インターカジノ
    特徴 体験版あり
    ・24時間いつでも遊べる
    ・日本語対応バッチリ
    ・政府発行ライセンス取得済みだから安心して遊べる
    入出金の手数料無料
    ・365日チャットとメールで日本語サポート
    還元率約97%
    ・カード入金対応
    限定キャンペーン ・初回入金時500ドル
    ・アカウント登録で30ドル
    ・図解入りマニュアルプレゼント
    ・登録で10ドル
    ・3日連続フリースピン
    ・7日連続デイリースピンボーナス
    ・ウェルカムボーナス500ドル
    ・アカウント登録で30ドル
    ・図解入りマニュアルプレゼント
    公式URL 詳細 詳細 詳細

    ※本記事は2024年最新情報と実際に当サイトで調査した内容をもとに記載しています。
    ※本サイトで紹介しているオンラインカジノの内容は「海外在住の日本人向けの内容」です。国内での賭博行為は違法になり、検挙の対象になるためご注意ください。

    関連記事
    ポーカーの戦略
    オンラインカジノのおすすめを徹底解説

    1. 3人で遊べる頭脳戦ができるトランプゲーム25選
      1. 3人で遊べるトランプゲーム1「ポーカー」:世界的に愛されるトランプゲーム
      2. 3人で遊べるトランプゲーム2「セブンリッジ」:麻雀の要素も楽しめる
      3. 3人で遊べるトランプゲーム3「大富豪」:ルールを工夫して楽しめる
      4. 3人で遊べるトランプゲーム4「ババ抜き」:簡単だけど奥が深く頭脳戦
      5. 3人で遊べるトランプゲーム5「ダウト」:頭脳戦が楽しめる
      6. 3人で遊べるトランプゲーム6「神経衰弱」:記憶力が試される
      7. 3人で遊べるトランプゲーム7「七並べ」:戦略性もある
      8. 3人で遊べるトランプゲーム8「戦争」:運要素の強いトランプゲーム
      9. 3人で遊べるトランプゲーム9「ドボン」:頭脳を駆使して戦う
      10. 3人で遊べるトランプゲーム10「一休さん」:反射神経を試せる
      11. 3人で遊べるトランプゲーム11「ぶたのしっぽ」:大人数でプレーすると盛り上がれる
      12. 3人で遊べるトランプゲーム12「ページワン」:判断力がカギ!
      13. 3人で遊べるトランプゲーム13「51」:どのカードを取るのかが重要
      14. 3人で遊べるトランプゲーム14「ハート」:特殊なゲーム性
      15. 3人で遊べるトランプゲーム15「ブラックジャック」:駆け引きが熱い
      16. 3人で遊べるトランプゲーム16「ドンキー」:反射神経とフェイントが重要!
      17. スカット(Skat):ドイツ発祥のゲームで、戦略的な判断が求められる
      18. ユーカー(Euchre):トリックテイキングゲームで、チームプレイが特徴
      19. ピノクル(Pinochle):複雑なルールが特徴で、戦略的思考が重要
      20. クリベッジ(Cribbage):ボードを使って得点を追うユニークなゲーム
      21. カナスタ(Canasta):カードを集めて「メルド」を作るゲーム
      22. スプートニク(Sputnik):速さと戦略が求められる
      23. オハイ(Oh Hell):予測とリスク管理が鍵となるトリックテイキングゲーム
      24. ベゼィク(Bezique):フランス発祥のゲームで頭を使う
      25. シュナプセン(Schnapsen):オーストリアで人気のトリックテイキングゲーム
    2. トランプゲームで賭けるならオンラインカジノがおすすめ
      1. リアルマネーを賭けて遊ぶ事ができる
      2. ライブカジノで本場のカジノ同様に遊べる
      3. 1人でも好きなの時間+場所で遊ぶことができる
    3. トランプゲームが遊べるオンラインカジノ3選
      1. ベラジョンカジノ:日本人気NO1
      2. カジ旅:RPG感覚でカジノをプレイ
      3. インターカジノ:世界中で愛される老舗カジノ
    4. トランプ3人頭脳戦に関するよくある質問
      1. トランプ3人以上できる豚のしっぽのやり方やルールは?
      2. 世界3大トランプゲームとは何?
      3. 3人でできるトランプゲームの定番は何?
      4. 3人でできるトランプの子供向けは?
      5. 3人で簡単にできるトランプゲームは何?
    5. まとめ:3人でできるトランプゲームの頭脳戦で盛り上がろう

    3人で遊べる頭脳戦ができるトランプゲーム25選

    3人以上で子供から大人まで楽しめるトランプゲームを紹介していきます。

    3人で遊べるトランプゲーム1「ポーカー」:世界的に愛されるトランプゲーム

    ポーカーの世界大会も行われているほど熱狂的なプレイヤーがいるポーカーは、カードの強さを競う3人で遊べるトランプゲームです。

    3人以上でチップなどを賭けてプレイするとかなり盛り上がります。

    配られた5枚のカードでいかに強い(役)を作るかで勝負を決めるトランプゲームです。決め手となる(役)を覚えないと勝負にならず、勝つこともできないので、まずは9つあるポーカーの役を覚えましょう。

    ポーカーは以下の手順となります。

    1. じゃんけんなどで親を決める
    2. 親がトランプをよく切り、1人5枚になるように裏向きにカードを配ります
    3. 自分のカードを見て役を作るために、いらないものを選別し捨てた枚数と同数をもらいます。交換は1枚から5枚まで可能です
    4. それぞれの手札をみせて、1番強い組み合わせの人が勝ち

    ポーカーの役は覚えておくと、本場のカジノでも利用できますので覚えておくとよいでしょう。また、ポーカーはいくつか種類があり、若干ルールも異なるため、それぞれを楽しむことも可能です。

    3人で遊べるトランプゲーム2「セブンリッジ」:麻雀の要素も楽しめる

    セブンブリッジは「ポン」や「チー」などの麻雀用語も用いられており麻雀の要素を取り入れた3人で遊べるトランプゲームとなります。

    配られる7枚のカードを確認した後に山札から1枚引いたあと、自分の手札を確認し1枚捨てることで、役(組み合わせ)を作っていき、いち早く手持ちのカードが無くなった人が勝利です。

    1. じゃんけんやコインで親を決めます。
      親は1人7枚ずつのカードを配り、残りのカードは山にします。
    2. 順番にカードを1枚引いて手札に加えたら、手札が役にならないかを確認し、いらないカードを手札から1枚選んで山札の隣に捨てます。
    3. 1周したのち、自分の番でカードの組み合わせ(役)ができていたら表に出す
    4. このゲームでは前の人がすてたカードを取ることができます。
      自分の前の人が捨てたカードと同じマークで、数字が連続して続くカードが2枚あれば「チー」と言って、捨てられたカードを取れます。
      同じ数字が2枚あれば「ポン」と言ってカードを取れます。
    5. 残ったカードでまた組み合わせの役を作って早くカードが無くなった人が勝利です。

    初めに配られるトランプによって運が作用されますが、セブンブリッジは頭脳戦でもあります。
    初心者と上級者では確実に勝率に差が出るゲームでもありますので、腕を磨いてみるのも楽しむコツです。

    3人で遊べるトランプゲーム3「大富豪」:ルールを工夫して楽しめる

    大富豪は別名、大貧民(だいひんみん)とも呼ばれ多くの人に慣れ親しんだ3人で遊べるトランプゲームです。大富豪は前の人より強いカードを場に出していき、手札を出し切ったら勝ちのゲームとなります。

    1. じゃんけんやコインで親を決めます。
      親はトランプを裏にしたまま全員に全てのカードを配ります。
    2. 親からカードを捨てていきます。
      捨てるときは1枚でも、同じ数字のカードの複数でも可能。
    3. 次の人は場に捨てられたカードよりも強いカードを同じ枚数で出します。
      出すカードが手札にない、または出せるカードがあるが戦略で出したくない場合は、パスができます。
    4. 誰もカードを出せなくなったら最後にカードを出した人が、新しいカードを手札から出します。
    5. 同じ数字のカード2枚・3枚、3枚以上の同じマークで続き数字のカードなどこれらの手札をつくり作戦をたててで札を減らします。
    6. 最初に手札のカードがなくなった人が勝利で、「大富豪」となります。そのままゲームを続けていき、次に勝った人が「富豪」、次の人が「貧民」、最後に負けた人が「大貧民」となります。3人の場合は、「大富豪」・「平民」・「大貧民」となります。
    7. 2回目からのゲームで、大富豪と大貧民は2枚カードを交換します。
      大貧民は一番強いカードを2枚、大富豪はいらないカードを2枚です。
      富豪と平民も同様に1枚のカードを交換します。

    大富豪には、同じ数字のカード4枚を出して「革命」を起こすことが可能。ジョーカー以外の数字のカードの強さが逆転して、3が一番強いカードとなり、今まで強かった1や2が弱いカードに変更しまさにカードの革命となります。

    大富豪にはローカルルールもあるようなのでそれらを用いて遊ぶのも盛り上がりますね。

    3人で遊べるトランプゲーム4「ババ抜き」:簡単だけど奥が深く頭脳戦

    カードの数字が読めれば、子供でも大人と一緒に遊ぶことができる3人で遊べるカードゲームのババ抜き。

    手札の中から同じ数字のカードを1組ずつ捨てていき、早く手札が無くなった人が勝利というとてもシンプルで簡単なゲームです。

    1. 親をじゃんけんやコインで決めてジョーカーを含めたカードをよく切り遊ぶ人全員に全て配ります。
    2. 手持ちのカードの中から同じ数字のカードを捨てていきます。
    3. 全員が手札の整理が終わった時点でゲーム開始です。残ったカードは他の人に見られないようにカードを扇形にして持ちます。
    4. 親から左隣の人のカードを1枚引き、手持ちのカードの中から同じ数字のカードがないかを確認してあれば場に捨てて、無ければ自分のカードに追加します。
    5. 次々と隣の人のカードを引いていき続け、最後にジョーカーを持った人が負けとなります。

    ババ抜きはいたって簡単なゲームではありますが、残りのカードが少なくなったら、心理戦の戦いとなる奥の深いトランプゲームです。

    カードの裏面しか見られないので、どれがジョーカー(ババ)なのかはもちろん分かりませんが、持ち主の目線や巧みなカードの揃え方などを駆使してババを引かせたい人、引きたくない人との攻防戦が面白いポイントとなります。

    3人で遊べるトランプゲーム5「ダウト」:頭脳戦が楽しめる

    いち早く、自分の手持ちのトランプをなくした人が勝ちとなる3人で遊べるトランプゲームです。

    いかに「嘘」=ダウト、がばれずにカードを少なくしていき手札を少なくしていくかという単純なトランプゲーム。

    1. ジョーカーを除いたカードをよく切り、裏向きで全員に均等に配ります
    2. 数字を声に出しながら「1」から順にカードを裏向きにして出します
    3. 次の人は「2」と声を出しながら山にカードを伏せて出し、1~13を順番に一人ずつ出していきます
    4. 「パス」ができないので、自分の番が「8」でカードがなくても何食わぬ顔で「8」を出さなければなりません
    5. もし誰かの嘘を見破れば「ダウト」と言って流れをストップさせます
    6. 「ダウト」がかかったら出したカードを表にして、正否を確認
    7. 「ダウト」宣言の成功→嘘を見破られたプレイヤーは場にあるそれまでのカードを全て手札に加えます
    8. 「ダウト」宣言の失敗:宣言を失敗したプレイヤーは場にあるそれまでのカードを全て手札に加えます
    9. 最初に「手札」をなくしたプレイヤーが勝ち。その時点でゲームは終了し、他は「手札」の少ない順番に2位、3位、という順位になります

    誰が嘘をついているのか、自分の嘘は通用するのかなどドキドキハラハラしながら楽しい心理戦が魅力のトランプゲームです。

    一度に何枚も出せる場合などのローカルルールも色々とありますので、仲間同士で新たにルールを設けて遊ぶのも盛り上がります。

    3人で遊べるトランプゲーム6「神経衰弱」:記憶力が試される

    小学生くらいになれば、ルールもしっかりと理解できるので、まさに子供から大人まで含め3人で遊べるトランプゲームの神経衰弱。

    全てのカードを裏向きにしたカードの中から、同じ数字のカードを2枚引き当てる簡単なゲームです。

    1. 全てのカードを裏返して並べる
    2. じゃんけんで誰から始めるかを決めて、時計回りに順番に裏返しのカードから2枚を選び表向きにして参加者全員に見えるようにする
    3. めくった2枚が同じ数字のカードならペア成立で、自分の手札となり、続けて次も2枚めくり、失敗するまでカードをめくり続けられます。
    4. 2枚選んでペアができなかった場合は、めくった2枚を裏向きにもどし次の人に順番がまわります。
    5. 裏向きにしているカードがすべてなくなり、手元に残ったカードが多い人が勝利となります。

    神経衰弱で最も大事なのは、『記憶力』。自分も含め、全ての参加者がめくったカードを記憶し、自分の番になった時にどのくらいのペアを引き当てられるかがポイントです。

    記憶力が良ければ、小さなお子さん相手にも大人が簡単に負けてしまう可能性もあるトランプゲームです。

    3人で遊べるトランプゲーム7「七並べ」:戦略性もある

    トランプのダイヤ・ハート・クローバー・スペードの7を軸にカードを番号順に並べるルールもとても簡単で、ちょっとした駆け引きがゲームを左右することで盛り上がる3人で遊べるトランプゲームです。

    1. 全員に均等にカードを配り、「7」を持っている人は表に返して並べます
    2. ダイヤの「7」を出した人から時計回りに7に隣接しているカードから出していきます
    3. もしもカードが出せなくなったらパスを使います。仮に出せるカードを持っていてもパスは可能。ただしパスを4回した時点でその人は、負け確定になり手元に持っているカードを場に強制的にならべます。
    4. 残りの人でゲームを続けますが、置かれたカードが7とつながっていない場合、新しく置くことはできません
    5. 手持ちのカードがなくなった人が勝利となります

    ローカルルールではジョーカーを足して遊ぶルールもあったり、小さいお子さんがいる場合はパスの回数は無限だったり、色々なルールで遊ぶことが可能です。

    3人で遊べるトランプゲーム8「戦争」:運要素の強いトランプゲーム

    戦争は、名前だけ聞くとおぞましいゲームかと思ってしまいますが、とてもシンプルなゲームで、誰でも簡単に覚えられる3人で遊べるトランプゲームです。

    1. 1枚ずつ参加者にカードを配る
    2. 裏向きのまま全てのカードを持ち、全員が同時に場へ1枚出す
    3. 数字が最も大きい人が、場に出たカードを全て獲得
    4. 引き分けの場合はそのまま場にカードを残して次のゲームへ
    5. 何度も繰り返し、最終的に最も多くの手札を持つ人の勝利

    カジノでもよく知られたトランプゲームで、カジノでは『カジノウォー』という名称で親しまれています。

    ただただ数字が大きいプレイヤーが勝利という単純明快なルールであり、プレイヤー自身で手札を見られないため、完全運任せのトランプゲームです。

    3人で遊べるトランプゲーム9「ドボン」:頭脳を駆使して戦う

    トランプに次ぐ人気カードゲーム『UNO』のトランプバージョンとも言える3人で遊べるトランプゲームです。

    1. 親をじゃんけんなどで決めてカードをよく切りプレイヤーに5枚ずつ配る
    2. 残ったカードは中央に置き上から1枚めくる
    3. 親から順番にスタートし、出たカードと同じ数、または同じマークを持っていたら中央にあるカードの上に置く
    4. もしもなかった場合は、同じ数またはマークが出るまで中央カードをめくる
    5. 早く手札が無くなった人の勝利

    名前の由来である「ドボン」は、自分の持っている手札の数字の合計が、中央に出た数字と同じ時に、「ドボン」と宣言して、カードを一気に出して上がることができます。その際に手札のカードのマークは関係ありません。

    3人で遊べるトランプゲーム10「一休さん」:反射神経を試せる

    一休さんは、「1(いち)」「9(きゅう)」「3(さん)」に注目して瞬時に手を動かして勝敗を決める反射神経が試される3人で遊べるトランプゲームです。

    1. カードの数字を伏せて円状に並べる
    2. 順番に1人ずつカードをめくり、表向きにしてカードを輪の中心に置く
    3. 出たカードが「1」「9」「3」だった場合、素早く中央のカードの上に手を置く
    4. 最も遅れて手を置いたプレイヤーは場のカードを全て引き取る
    5. 最終的に持っているカードの一番多いプレイヤーが負け

    ローカルルールも存在しているようで、七五三とも呼ばれるトランプゲームなどもあり、その場合の数字は「7」「5」「3」となります。

    中央に置かれるカードを常に注目し、お手つきをしないことがポイントです。

    3人で遊べるトランプゲーム11「ぶたのしっぽ」:大人数でプレーすると盛り上がれる

    ゲーム展開も早く、簡単で楽しく盛り上がり、3人で遊べるトランプゲームのぶたのしっぽ。

    運要素が大きなカギとなるため、昔から万人に好まれ1度は遊んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。

    1. ジョーカーを除いた全てのカードをぶたのしっぽの様にまるく広げる
    2. 広げられたカードの中から好きな1枚をめくって、円の中央に表にしておきます。
    3. めくったカードが前に出したカードと同じ数字やマークの場合、ぶたのしっぽの中にある全てのカードを引き取ります。
    4. 自分の順番が来てもしも手札をもっていたら、その中から好きなカードを1枚を場の中央に出します。
    5. 2~3を繰り返し、ぶたのしっぽのカードが無くなった時点で最も手札が少ない人の勝利となります。

    ルールはとても簡単で覚えることも無いため、3人以外の人数でも十分に盛り上がります。

    3人で遊べるトランプゲーム12「ページワン」:判断力がカギ!

    ページワンは、順番にカードを出していき、手札をすべて無くした人が勝つゲームです。ゲーム性は大富豪と似ており、強いカードをいつ出すかが勝利のポイントになります。

    1. 親を決め、カードを4枚ずつプレイヤーに配る
    2. 親が一番最初に1枚カードを出す
    3. 親からみて左手にいる人から順に同じマークのカードがあれば出す
    4. もし同じマークのカードがなかった場合は、同じマークが出るまで山札から1枚ずつカードを引き、同じマークのカードを出す(山札から引いたカードはすべて手札に加える)
    5. 全員がカードを出し終わったら勝負が始まり、カードの強さを見る
    6. カードが一番強い人が次のマークを決めて出し、3から順に繰り返す
    7. 手札が残り2枚で1枚を場に出すとき、「ページワン」と宣言する※もし宣言しなかった場合、場に出したカードをすべて手札に加える
    8. 一番最初に手札を無くした人が勝利

    ゲーム名である「ページワン」の宣言を忘れてしまうと、勝利はかなり難しくなって注意が必要です。

    3人で遊べるトランプゲーム13「51」:どのカードを取るのかが重要

    51とは、5枚のカードすべてを同じマークにし、合計点数が51点に近い人が勝利するゲームです。すべて同じマークで揃えなければならないため、引き運が重要です。

    1. 親を決め、カードを5枚ずつプレイヤーに配る
    2. 山札を5枚場に出す
    3. 親から見て左手にいる人から順に不要なカードを1枚出し、場にあるカードと1枚交換する
    4. 3を繰り返し、手札が同じマークかつ51点になった場合は「ストップ」、もし51点ではなくても勝てると思った場合「コール」を宣言する
    5. ストップの場合は宣言したプレイヤーの勝利になる
    6. コールだった場合、宣言したプレイヤーの点数より高い人or同点だった人がいた場合、宣言したプレイヤーが負ける

    理想は「ストップ」と宣言できることですが、「コール」で勝ちを狙いに行く場合、自分の手札の点数だけでなく相手の点数も予想しなければなりません。

    3人で遊べるトランプゲーム14「ハート」:特殊なゲーム性

    ハートとは、1枚ずつカードを出していき、最後にハートのカードを一番持っていない人か、ハートをすべて揃えた人が勝利するゲームです。

    1. カードをプレイヤーへ均等に配る
    2. 親が好きなカードを1枚場に出す
    3. 場にあるカードと同じマークのカードを出す
    4. 全員が1枚ずつ出し終えたらカードの強さを見る(強さは2<Aの順)
    5. カードが一番強い人が場のカードをすべて手札に加え、親になる
    6. 2を順番に繰り返し、手札が無くなり次第ゲーム終了
    7. 各プレイヤーのハートの数を数えて、一番少ない人が勝利する
    8. もし1人のプレイヤーがハートをすべて揃えていた場合、そのプレイヤーが勝利する

    ハートを一番持っていない人が勝利するため、ゲームに勝つべきタイミングと負けるタイミングの判断がとても重要になってきます。

    3人で遊べるトランプゲーム15「ブラックジャック」:駆け引きが熱い

    ブラックジャックは、プレイヤー側とディーラー役に分かれ、カードの合計数値を21にするゲームです。ブラックジャックはカジノゲームの中でかなり有名であり、合計を21にするという単純なゲーム性でありながら、様々なプレイヤーから愛されているゲームです。

    1. ディーラーからカードを2枚ずつ受け取る
    2. 配られたカードを表向きにし、カードの合計数値を確認する
    3. カードを引く(ヒット) or 引かない(スタンド)を決める
    4. プレイヤー全員がスタンドした後、ディーラー側はカードをめくり、合計数が17以上になるまでカードを引き続ける
    5. 合計が17以上になったら勝負が始まり、ディーラーより点数が大きい人が勝利、低い人は負けになります。

    ルールによっては、同点だった場合プレイヤー側が負けと判断される時もあります。

    一見、カードを引き続けるだけの運要素が強いゲームに見えますが、ベーシックストラテジーやカウンティングなど、ゲームを有利に進めるための攻略方法もあります。

    3人で遊べるトランプゲーム16「ドンキー」:反射神経とフェイントが重要!

    ドンキーとは、中央に必要数コインを用意し、5回コインを取り損ねた人が負けるゲームです。一番コインを取るのが遅いドンキー(和訳:まぬけ、のろま)が敗者になるため、反射神経が重要になります。

    1. プレイヤー数×4枚のカードとプレイヤー数-1のコインを用意する
    2. 用意するカードは、プレイヤー数分の数字を揃える※仮に3人であればA、2、3を4枚ずつ揃える
    3. 手札から捨てたいカードを裏向きにして場に出す
    4. 全員が出し終えたら、同じタイミングで裏向きにしたカードを左にいるプレイヤーに渡す
    5. 渡されたカードを確認し、もし同じ数字のカードが4枚揃ったら、中央にあるコインを取る
    6. 誰かがコインを取ったら、カードが揃っていなくてもコインを取る
    7. コイン取れなかった1人が決まり、1点加点する
    8. 以降3を繰り返し、合計点数が5点になった人が負けになる

    同じ数字が揃った場合にのみコインが取れますが、コインを取るフェイントや騙し討ちなど、戦略の幅が広いため、盛り上がること間違いなしです。

    スカット(Skat):ドイツ発祥のゲームで、戦略的な判断が求められる

    スカットはドイツ発祥のトランプゲームで、3人用です。オークション、スカットの取得、ゲームタイプの宣言、そしてトリックテイキングを通じてポイントを獲得します。戦略的な思考と適切な入札が勝利の鍵です。

    • カードの配布: 32枚のカードを使用し、各プレイヤーに10枚ずつ配ります。残りの2枚はテーブル中央に置き、スカットと呼ばれます。
    • オークション: プレイヤーはゲームをリードする権利を競ります。最も高い入札をしたプレイヤーがディクレアラー(宣言者)になります。
    • スカットの取得: ディクレアラーはスカットの2枚を取り、不要なカードを2枚スカットに戻します。
    • ゲームタイプの宣言: ディクレアラーはプレイするゲームのタイプ(スーツ、グランド、ヌル)を宣言します。
    • カードプレイ: プレイヤーは時計回りにカードを出していきます。最初のカードに従って、同じスーツを出す必要があります(できない場合は他のカードを出せます)。
    • トリックの獲得: 各ラウンドで最も強いカードを出したプレイヤーがトリックを獲得します。
    • 得点計算: ゲーム終了後、ディクレアラーは獲得したカードのポイントを計算します。目標ポイントに達していれば勝利、そうでなければ他のプレイヤーが勝利します。

    ユーカー(Euchre):トリックテイキングゲームで、チームプレイが特徴

    ユーカーは4人用のトランプゲームで、2チームに分かれてプレイします。トランプの決定、トリックテイキング、得点計算が特徴的です。戦略的なプレイとチームワークが勝利につながるエキサイティングなゲームです。

    • カードの配布: 24枚のカード(9からエースまで)を使用し、各プレイヤーに5枚ずつ配ります。残りのカードはテーブルに表向きに置きます。
    • トランプの決定: 最初のカードを見て、プレイヤーはそのスーツをトランプとして採用するかどうかを時計回りに決定します。
    • トランプの拒否と再配布: 全員が拒否した場合、カードは再配布されます。
    • トランプの採用: トランプが決定すると、そのカードを配ったプレイヤーは余分なカードを1枚捨て、トランプを手札に加えます。
    • カードプレイ: プレイヤーは時計回りにカードを出していきます。最初のプレイヤーのスーツに従う必要がありますが、持っていない場合は任意のカードを出せます。
    • トリックの獲得: 各ラウンドで最も強いカードを出したプレイヤーがトリックを獲得します。
    • 得点計算: ゲーム終了後、各チームの獲得トリック数に基づいて得点を計算します。一定の得点に達したチームの勝利です。

    ピノクル(Pinochle):複雑なルールが特徴で、戦略的思考が重要

    ピノクルは複雑なルールを持つトランプゲームで、通常は4人で2チームに分かれてプレイします。オークション、メルドの宣言、トリックテイキングを通じて得点を競います。戦略的な思考とチームワークが重要なゲームです。

    • カードの準備: ピノクルは通常、48枚のカード(各スーツの9からエースまでを2セット)を使用します。
    • カードの配布: 各プレイヤーに12枚のカードを配ります。
    • オークション: プレイヤーは時計回りに入札を行い、最も高い入札をしたプレイヤーがトランプのスーツを決定します。
    • メルドの宣言: トランプスーツが決定した後、プレイヤーは手札の組み合わせ(メルド)に基づいて得点を宣言します。
    • カードプレイ: 最初のプレイヤーがカードを出し、他のプレイヤーは同じスーツのカードを出す必要があります。持っていない場合は任意のカードを出せます。
    • トリックの獲得: 各ラウンドで最も強いカードを出したプレイヤーがトリックを獲得します。
    • 得点計算: ゲーム終了後、各プレイヤーのメルド得点とトリック得点を合計します。最も高い得点を獲得したプレイヤーが勝者となります。

    クリベッジ(Cribbage):ボードを使って得点を追うユニークなゲーム

    クリベッジはカードと専用のボードを使用する伝統的なトランプゲームです。カードの出し合い、ペアや連続する数を作ることで得点を獲得し、ボード上で進行を記録します。戦略と計算が重要な、独特の魅力を持つゲームです。

    • カードの配布: 各プレイヤーに6枚(2人プレイの場合)または5枚(3人以上のプレイの場合)のカードを配ります。
    • クリブの作成: 各プレイヤーは手札から1枚または2枚(プレイ人数による)を選んで伏せてテーブルに置きます。これらのカードは「クリブ」と呼ばれ、ディーラーの追加の手札となります。
      カットとスターターカード: デッキの残りのカードをカットし、上から1枚を表向きにしてスターターカードとします。このカードはすべてのプレイヤーの手札とクリブに含まれると見なされます。
    • プレイ: プレイヤーは時計回りにカードを1枚ずつ出していき、出されたカードの合計が31以下になるようにします。31に到達するか、これ以上出せない場合、次のプレイヤーが続けます。
    • 得点: カードを出す過程で、ペア、連続する数、合計15または31になる組み合わせで得点を獲得します。
    • ハンドの得点計算: プレイが終了した後、各プレイヤーは手札とスターターカードを使って得点を計算します。
    • クリブの得点計算: 最後にディーラーがクリブのカードを使って得点を計算します。
    • ゲームの進行: 得点はクリベッジボード上で記録され、先に決められた得点(通常は121点)に到達したプレイヤーが勝者となります。

    カナスタ(Canasta):カードを集めて「メルド」を作るゲーム

    カナスタは2〜6人でプレイするカードゲームで、特に4人でのチームプレイが一般的です。プレイヤーは同じランクのカードを集めてメルドを作り、最終的にはカナスタ(7枚以上の同じランクのカード)を作成することを目指します。戦略的な思考とチームワークが重要な、楽しくも挑戦的なゲームです。

    • カードの準備: カナスタは2組の標準的な52枚のカードとジョーカー4枚(合計108枚)を使用します。
    • カードの配布: 各プレイヤーに11枚のカードを配ります。残りのカードはドローパイルとして中央に置き、その上から1枚を表向きにしてディスカードパイルを作ります。
    • プレイの開始: 左隣のプレイヤーから始め、時計回りに進行します。
    • ドロー: プレイヤーはドローパイルから1枚のカードを引くか、ディスカードパイル全体を拾います。
    • メルドの形成: プレイヤーは手札から同じランクのカード3枚以上をテーブルに出してメルドを形成します。カナスタは同じランクのカード7枚以上のメルドです。
    • ディスカード: プレイヤーは手札から1枚をディスカードパイルに捨てます。
    • ラウンドの終了: プレイヤーが手札をすべて使い切るか、ドローパイルがなくなるとラウンドが終了します。
    • 得点計算: メルドとカナスタによる得点を計算し、ペナルティ(未使用のカードやブラックスリー)を差し引きます。
    • ゲームの終了: 一定の得点(通常は5000点)に達したプレイヤーまたはチームが勝者となります。

    スプートニク(Sputnik):速さと戦略が求められる

    「スプートニク」が以下の特徴を持つ可能性がありますが、具体的なルールやプレイの流れについては、ロシアのトランプゲームに精通している人からの情報や、専門のゲームリソースを参照することをお勧めします。

    • 速さ: プレイヤーは迅速にカードをプレイし、相手より先に手札を使い切ることを目指します。
    • 戦略: ゲームにはしばしば複雑なルールがあり、戦略的な思考が求められます。
    • トリックテイキング: 多くのトランプゲームにおいて、トリック(一連のプレイで最も強いカードを出したプレイヤーが獲得するカードのセット)を獲得することが重要です。
    • チームプレイ: いくつかのゲームでは、プレイヤーはチームを組んで対戦します。

    オハイ(Oh Hell):予測とリスク管理が鍵となるトリックテイキングゲーム

    オハイはトリックテイキングと予測が重要なカードゲームです。各ラウンドでプレイヤーは獲得できるトリックの数を予測し、その予測に基づいてプレイします。正確な予測と戦略的なプレイが勝利への鍵となります。シンプルながらも戦略的な要素が豊富で、多くのプレイヤーに楽しまれています。

    • カードの配布: 最初のラウンドでは各プレイヤーに1枚、次のラウンドでは2枚、というように、各ラウンドで配るカードの枚数を1枚ずつ増やしていきます。最大枚数に達したら、再び1枚ずつ減らしていきます。
    • トランプの決定: 各ラウンドのカード配布後、次のカードをめくり、そのスーツがそのラウンドのトランプになります。デッキが尽きた場合はトランプなしでプレイします。
    • 予測: カードが配られた後、各プレイヤーはそのラウンドで獲得できると思われるトリックの数を予測し、宣言します。
    • カードプレイ: 最初のプレイヤーが任意のカードを出し、次のプレイヤーは可能な限り同じスーツのカードを出します。持っていない場合は任意のカードを出せますが、トランプを出すこともできます。
    • トリックの獲得: 各ラウンドで最も強いカードを出したプレイヤーがトリックを獲得します。
    • 得点計算: 各ラウンド終了後、プレイヤーは予測したトリック数と実際に獲得したトリック数を比較し、得点を計算します。正確に予測できた場合に得点が入ります。
    • ゲームの終了: 全てのラウンドが終了した時点で最も得点が高いプレイヤーが勝者となります。

    ベゼィク(Bezique):フランス発祥のゲームで頭を使う

    ベゼィクは2人用のトリックテイキングカードゲームで、メルド(特定のカードの組み合わせ)を作って得点を獲得することが特徴です。複雑なルールと戦略的な要素があり、深い思考と計画が求められるゲームです。フランス発祥のこのゲームは、世界中で多くの愛好者に楽しまれています。

    • カードの準備: ベゼィクは2組の標準的な52枚のカードデッキから、7からエースまでのカードを使用します(合計64枚)。
    • カードの配布: 各プレイヤーに8枚のカードを配ります。残りのカードはドローパイルとして中央に置きます。
    • トランプの決定: ドローパイルの最初のカードを表向きにし、そのスーツがトランプになります。
    • カードプレイ: プレイヤーは交互にカードを出していきます。最初のプレイヤーが出したカードのスーツに合わせる必要がありますが、できない場合は任意のカードを出せます。
    • トリックの獲得: 各ラウンドで最も強いカードを出したプレイヤーがトリックを獲得します。
    • メルドの宣言: 特定のカードの組み合わせ(メルド)を持っているプレイヤーは、それをテーブルに出して得点を獲得できます。
    • 得点計算: トリックとメルドによる得点を計算します。
    • ゲームの終了: ドローパイルがなくなり、プレイヤーが手札を使い切った時点でゲームが終了します。最も得点が高いプレイヤーが勝者となります

    シュナプセン(Schnapsen):オーストリアで人気のトリックテイキングゲーム

    シュナプセンは2人用のトリックテイキングゲームで、速さと戦略が重要です。プレイヤーはトリックを獲得し、先に66点を獲得することを目指します。シンプルながらも戦略的な判断が求められるゲームで、特にオーストリアで広く楽しまれています。

    • カードの準備: シュナプセンは標準的な52枚のカードデッキから、エース、10、キング、クイーン、ジャックの各スーツを使用します(合計20枚)。
    • カードの配布: 各プレイヤーに5枚のカードを配ります。残りのカードはドローパイルとして中央に置き、その上から1枚を表向きにしてトランプスーツを決定します。
    • カードプレイ: プレイヤーは交互にカードを出していきます。最初のプレイヤーが出したカードのスーツに合わせる必要がありますが、できない場合はトランプスーツのカードを出すことができます。
    • トリックの獲得: 各ラウンドで最も強いカードを出したプレイヤーがトリックを獲得します。トリックはカードの組み合わせによって異なる点数を持ちます。
    • 得点計算: ゲーム中に獲得したトリックの点数を計算します。先に66点を獲得したプレイヤーがそのラウンドの勝者となります。
    • ゲームの進行: プレイヤーが66点に達した時点で、そのラウンドは終了し、得点が記録されます。通常、一定のラウンド数をプレイし、最も多くのラウンドを勝利したプレイヤーがゲームの勝者となります。

    トランプゲームで賭けるならオンラインカジノがおすすめ

    3人で遊べるトランプゲームを紹介してきました。

    一方で、3人集まらなくても1人でトランプゲームを楽しむことができるというのが、オンラインカジノです。

    ここでは、オンラインカジノで遊ぶべき理由を3点紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

    リアルマネーを賭けて遊ぶ事ができる

    トランプゲームでもチップを賭けて遊ぶ事もできますが、オンラインカジノは実際に自分のお金(リアルマネー)を賭けて1人でトランプゲームを楽しむことができます。

    オンラインカジノは、海外の運営会社が日本人でもプレイができるように日本語対応もしているインターネット上でカジノサイトです。

    トランプゲームで代表的なポーカー・ブラックジャック・バカラ・などが最低賭け金0.1ドル(日本円で約12円)から遊べます

    後述でおすすめオンラインカジノサイトを紹介しますが、リアルマネーを賭けて遊ぶのに不安がある方もいらっしゃることでしょう。

    しかし、オンラインカジノでプレイをし、勝利が続いた場合は間違いなく自身の懐事情も潤う可能性を秘めています。

    ライブカジノで本場のカジノ同様に遊べる

    ほとんどのオンラインカジノサイトではライブカジノが設けられています。ライブカジノとは、本場のカジノ同様にディーラーを相手にオンタイムでプレイをすることが可能。(自分の画像は相手に見えないのでご安心ください)

    トランプゲームのテーブルも数多く用意されており、各テーブルで最小・最高賭け金などに違いがあります。トランプゲーム以外にもルーレットやモノポリー、または先述したカジノウォーなどもプレイできるサイトもあります。

    ライブカジノ初心者の方は、他のプレイヤーがプレイしているところを見学することもできますので、ルールなどを確認しながら自分で賭けて遊ぶ時に備えることも可能です。

    1人でも好きなの時間+場所で遊ぶことができる

    オンラインカジノは24時間365日稼働しています。

    ほとんどのサイトはインターネットがあれば、スマホ・タブレット・パソコンどのデバイスでも遊ぶことができます。

    3人で遊ぶトランプゲームの様に、誰かの参加を待ってから遊ぶのではなく、24時間、自分の好きな時間、好きな場所から遊ぶ事が可能です。

    通勤・休憩時間・待ち合わせ時間・寝る前など、いつでも自分の好きな時間にアクセスすればすぐ自分の好きなゲームで楽しめ、BIGWINを狙えるのでおすすめです。

    トランプゲームが遊べるオンラインカジノ3選

    日本人にもとても人気が高く、また安心安全に遊ぶ事が出来るオンラインカジノサイトを3つ紹介いたします。

    ベラジョンカジノ:日本人気NO1

    ベラジョンカジノの画像

    入出金方法 ベラジョンカジノの入出金方法
    ボーナス情報 ・ウェルカムボーナス(当サイト限定1250ドル)
    ・初回入金ボーナス(最大500ドル)
    ・リロードボーナス

    ベラジョンカジノ(Verajohn)は自他共に認める日本一のオンラインカジノサイト。1900を超える豊富なゲーム数と様々なキャンペーンやアプリやサイトも完全日本語対応となっていて、日本人向けに作られた、初心者でも安心して遊ぶ事が可能のオンラインカジノサイトです。

    日本人プレイヤーのほとんどの方は、一度ベラジョンカジノを覗いていると思われる大人気サイトです。日本語サポートの対応もしっかりしているところが魅力でもあります。

    カジ旅:RPG感覚でカジノをプレイ

    カジ旅の画像

    入出金方法 カジ旅の入出金方法一覧
    ボーナス情報 ・ウェルカムオファーボーナス

    カジ旅(Casitabi)は、北欧のカジノ愛好家が開発したサイトで、名前の通りオンライン上で旅をしていく珍しいタイプのカジノサイトとなっています。

    自分のアバター(分身)を作り冒険を楽しみながら、RPG要素をたっぷり盛り込み、ボスなども用意されているのでよりエキサイティングにプレイ可能です。

    通常の6倍速でスロットを楽しめるという新感覚のブリッツ(Blitz)モードはカジ旅でしか楽しめないので、効率的に遊びたい方にもおすすめです。

    arrow left 20ドル以上の入金で50回のフリースピンがもらえる! arrow right

    インターカジノ:世界中で愛される老舗カジノ

    インターカジノ

    インターカジノ(InterCasino)は20年以上にもなる運営実績がある、業界でも老舗にあたるオンラインカジノです。

    これまでは非常にシンプルなサイトでしたが、2020年1月に大きくデザインが変更され、2人の美女が登場したことで話題となりました。

    初心者向けのボーナスが充実しており、お得なプロモーションやシステムが豊富にありますので、こちらもベラジョン・カジ旅同様必見カジノです。

    もちろんサイト全体を含めサポートまで日本語に対応しています。

    arrow left 当サイト経由限定!入金不要ボーナス$30 arrow right

    トランプ3人頭脳戦に関するよくある質問

    トランプ三人よくある質問

    トランプ3人頭脳戦に関するよくある質問は以下の通りです。

    本記事では、「トランプ3人頭脳戦」についての質問に深く掘り下げていきます。基本的なルールから特定のゲームのやり方、子供から大人まで楽しめるゲームの紹介まで、幅広くカバーします。

    トランプ3人以上できる豚のしっぽのやり方やルールは?

    豚のしっぽは、3人以上で遊べるトランプゲームです。全員に同じ枚数のカードが配られ、同じ数字のカードを揃えて捨てるというルールが基本です。ただし、最後にカードを持ったままのプレイヤーが負けとなる、独特のルールが魅力です。

    世界3大トランプゲームとは何?

    世界3大トランプゲームとは、ポーカー、ブラックジャック、そしてブリッジのことを指します。これらのゲームは全世界で愛されており、深い戦略性と複雑さから高い評価を得ています。

    3人でできるトランプゲームの定番は何?

    3人で遊べるトランプゲームの定番といえば、「大富豪」が挙げられます。ルールが簡単で、初心者でもすぐに楽しむことができるため、幅広い年齢層から支持を得ています。

    3人でできるトランプの子供向けは?

    子供向けのトランプゲームとしては、「メモリーゲーム」がおすすめです。カードを裏返して配置し、同じ数字を探すというシンプルなルールが特徴で、記憶力を鍛えることができます。

    3人で簡単にできるトランプゲームは何?

    3人で簡単にできるトランプゲームとしては、「スピード」が挙げられます。数字の順番にカードを出すという単純なルールながら、スピード感が求められるため、盛り上がりを見せること間違いなしです。

    まとめ:3人でできるトランプゲームの頭脳戦で盛り上がろう

    3人でできるトランプゲームは難しいルールなども無く、すぐに盛り上がることができるものが多数あり11選紹介いたしました。

    子供のころはよくトランプで遊んでいた方も、最近は大人数で集う機会が減ってしまったため、トランプゲームをする機会は滅多にないという方がほとんどではないでしょうか。

    1人でも気軽にできるオンラインカジノは様々なトランプゲームを楽しむことができますので、この機会に一度色々とカジノサイトを探してプレイしてみることをおすすめします。

    おすすめのオンラインカジノ
    ベラジョン
    Vera&John
    おすすめ度
    5.0 rating
    ベラジョン
    無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
    カジノシークレット
    CASINO SECRET
    おすすめ度
    4.0 rating
    カジノシークレット
    入金だけで最大470ドルの
    キャッシュバックがもらえる!
    ラッキーニッキー
    Lucky Niki
    おすすめ度
    5.0 rating
    ラッキーニッキー
    最高999ドルの100%マッチボーナスが初回にもらえる!