2020/01/07

雀荘で稼ぐことは可能?雀荘のレートや利用料金を元に徹底調査

麻雀を打つ方なら、麻雀の腕さえあれば雀荘で稼いで生活できると考えたことがあるのではないでしょうか。

麻雀漫画などでは麻雀だけで生活しているキャラが多いので、現実でも麻雀で生活できるのではと思ってしまいます。

そこで今回は雀荘のレートや場代を中心に調査して、雀荘で稼ぐことは可能だが生計をそれだけで立てるのは難しいことについて解説していきます。

雀荘で稼ぐことは可能!しかし生計を立てるのは厳しい

最初に雀荘で稼ぐこと自体は可能ですが、それだけで生計を立てることは現実的でないことについて解説していきます。

雀荘のレート上限が風営法により規制されている

雀荘は一度の対局で何万円も稼げるといったイメージを持っている方もいるかと思います。

実際は風営法により高レートは禁止されているので、一度の対局で麻雀漫画のように大きく稼ぐことはまずできません

具体的に規制対象になるレートの上限は、1,000点200円以上です。このレートだとどのくらい稼げるかというと、親で満貫12,000点をアガった場合、

12,000点÷1,000点×200円=2,400円

なので2,400円稼げる計算です。全局勝てるわけではないで、トップでも1万円いくかどうかといったところでしょう。

1時間あたりの平均的な稼げる金額を表にしたので参考にしてください。

規制料金 客一人あたり 麻雀台一台あたり
全自動の台 1時間につき600円 1時間につき2400円
それ以外の台 1時間につき500円 1時間につき2000円

雀荘の一般的なレートで稼ぐことは難しい

雀荘の一般的なレート「1000点50円」「1000点100円」でどのくらい稼げるのか、それぞれデモンストレーションしてみました。

デモンストレーションの結果を見ていただくと、雀荘で稼ぐことは非常に難しいことが分かると思います。それぞれ場代(雀荘の利用料)は400円に設定しています。

1000点50円(テンゴ)の場合

1位:35,000円→+1,750円
2位:30,000円→+250円
3位:20,000円→-750円
4位:15,000円→-1,250円

終了時の持ち点が上記のような場合の平均順位2.3位の収支例を計算してみます。1位2位30%、3位4位20%と設定。

(1,750円×30局+250円×30局-750円×20局-1,250円×20局)÷100=(52,500円+7,500円-15,000円-25,000円)÷100=200円/局

場代が1局あたり400円なので、トータルで1局あたり200円の赤字です。100回打てば約2万円の赤字になります。

相当強いといわれる平均順位2.3位でも打てば打つほど点5だと赤字になってしまいます。

1000点100円(ピン)の場合

1位:35,000円→+4,500円
2位:30,000円→+1,000円
3位:20,000円→-2,000円
4位:15,000円→-3,500円

こちらも点5と同じく平均順位を2.3位で計算すると、

(4,500円×30局+1,000円×30局-2,000円×20局-3,000円×20局)÷100局=(135,000円+30,000円-40,000円-60,000円)÷100局=650円/局

場代が1局あたり400円なので、1局あたり150円の黒字となります。100回打てば15,000円ですが、1局あたり約1時間くらいかかるので、時給150円くらいになります。

チップなどは考慮していないので、チップが加わるともう少しましになりますが、それでも微々たるものです。

また平均順位が2.3位以下になってしまうと、当然ですが赤字になってしまいます。

雀荘で稼ぐためにできることはある?

ピンで平均順位が高くても時給150円程度と雀荘で稼ぐのが絶望的なことをお伝えしましたが、改めて雀荘で少しでも稼ぐための方法を紹介していくので参考にして下さい。

  • フリー料金ではなく安いセット料金で勝負する
  • 雀荘で働き給料を貰いながら勝負する
  • 賞金狙いで雀荘を選び勝負する

フリー料金ではなく安いセット料金で勝負する

この方法は雀荘の場代を少しでも安くし、出費を減らすことでプラス収益を増やそうといった方法です。

雀荘ではフリーよりもセットの方が場代を安くすることができます。このお得な仕組みを利用しない手はありません。麻雀を打つ時間に余裕があり、雀荘に行ける時間もしっかり決まっているなら、ぜひフリーよりもセットで打つようにしましょう。

1局あたり100円安なるだけでも、100局打てば10,000円の違いになります。コツコツやっていきましょう!

雀荘で働き給料を貰いながら勝負する

この方法はどうしても「麻雀だけで生計を立てたい」といった方におすすめの方法です。

雀荘に通うと毎回場代がかかってしまいますが、雀荘で働きつつメンバー枠で対局するなら麻雀を打ちつつ給料ももらえます。

雀荘によりますがメンバー枠で勝った際の報酬も自分のものになるのであれば、給料+アルファの報酬になるので、雀荘に通って勝負するよりもかなり安定するのではないでしょうか。

賞金狙いで雀荘を選び勝負する

この方法は確実に自分の腕に自信がないとおすすめできませんし、稼ぐこともできません。

雀荘によってはイベントを行うお店もあり、勝ち抜くと懸賞金がもらえるところもあります。ただし懸賞金ではなく賞品だったりする雀荘もあるので、イベントに参加する際は事前に懸賞金がもらえるのかチェックしておきましょう。

参加人数が多いと勝ち抜くのもより一層難しくなるので、参加人数や参加者のレベルも分かるようなら確認しておくとより稼ぎやすくなります。

雀荘よりオンライン麻雀の方が稼ぎやすい?

今回は雀荘で稼げるかどうかについてお伝えしてきましたが、やはり雀荘で麻雀を打つだけで生計を立てるのは難しいと言わざるをえません。

正直なところ雀荘よりもオンライン麻雀の方が還元率が高く、レートやレベルも選びつつ勝負できるので雀荘よりかなり稼ぎやすいです。

ただしオンライン麻雀は怪しいサイトも多いのですが、DORA麻雀は政府の公式ライセンスも取得している世界的に信頼のおけるオンライン麻雀なので安心して遊べるのでおすすめです!

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating
無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating
入金するだけで最大70ドルのキャッシュバックがもらえる!
エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!