おすすめオンラインカジノ

ボートレースのファンファーレを調査!種類や作曲者をご紹介します

ボートレース ファンファーレ

ギャンブルが好きな人であればボートレース(競艇)をプレイしたことがある人も多いのではないでしょうか。
ピットアウト時になるファンファーレはプレイ直前の音楽とあって興奮するものです。実は大会の種類などで違いがあるので、ファンファーレの特徴などを紹介します。

arrow right最大級のオンラインカジノarrow right

ボートレース(競艇)のファンファーレとは?

ボートレースのファンファーレ
ボートレースのファンファーレとはそもそも何なのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。
ファンファーレとは、式典などで演奏される華やかですが少し短めの楽曲のことをいいます。
オランダやベルギーには大規模管打楽器アンサンブルバンドもありますが、このこともファンファーレと言われており、広く知られているので想像している人も多いでしょう。
ボートレースではピットから離れるときにファンファーレが使われています。競馬でも使われておりレースを盛り上げるものとして広く認知されています。

ボートレースのファンファーレは10種類ある

競艇のファンファーレ
現在競艇で利用されているファンファーレは10種類あります。レースの種類やグレードによって違うので、それぞれ紹介していきます。
ボートレースはG1やG2など、階級ごとでもファンファーレに違いがあるのです。大きなレースとなるSGではより豪華なファンファーレが流れています。
2015年6月以降に競艇を始めた人であれば、今の音楽に馴染みがあると思いますが、実は現在の音楽に統一されたのは2010年5月30日のSG笹川賞以降なのです。
それまでは6種類のファンファーレが階級ごとに分けられて使用されていました。加えて、会場ごとに違う特徴あるファンファーレも用意されていました。

ファンファーレ10種類の使い分けは?

それぞれどのように使い分けを行われているのか紹介します。

  • 一般戦とG3の予選
  • 一般戦とG3の優勝戦
  • G2とG1の予選
  • G2とG1の優勝戦
  • SGの予選
  • SGの優勝戦
  • 新鋭リーグの予選
  • 新鋭リーグの優勝戦
  • 女子リーグの予選
  • 女子リーグの優勝戦

各ファンファーレは上記のように使い分けられています。

ファンファーレには曲名がないって本当?

リーグごとに使い分けられている10種類のファンファーレですが、実は名前という概念がありません(もしかするとニックネームがあるかもしれません)。
とはいえ競艇をプレイする人であれば誰もが耳にし聴き慣れている音楽なので、曲名を気にしたことがない人の方が多いかもしれませんね。

ボートレースのファンファーレを作成した作曲者は?

ファンファーレ
競艇で使用されているファンファーレは、曲名こそないとされていますが当然作者はいます。
2015年にはあの有名なさだまさしさんが作成したファンファーレもあります(現在は使用されていません)。現在使用されているファンファーレを作ったのは以下の3名です。

  • 高島千佳子さん
  • マツオカヒロタカさん
  • 延近輝之さん

ご存知の方も多い有名人ですが、それぞれ簡単にご紹介します。

高橋千佳子さん

高橋千佳子さんは現在でもたくさんのCM曲を手掛けている有名な作曲家です。

  • SG優勝戦
  • SG予選等(優勝戦以外)

そんな高橋さんが手掛けたのが大きな大会とされるSGのファンファーレになります。

マツオカヒロタカさん

作曲家、音楽プロデューサーとしても人気の高いマツオカヒロタカさんもファンファーレを作成しています。

  • G1とG2優勝戦
  • G1とG2予選等(優勝戦以外)
  • G3と一般優勝戦
  • G3と一般予選等(優勝戦以外)

こうしてみますと、数多くのファンファーレを作成していますね。

延近輝之さん

ミュージシャンとしても活動しているだけでなく、たくさんのサウンドトラックなども手掛けている延近輝之さんもファンファーレを作成しています。

  • 新鋭王座と新鋭リーグ優勝戦
  • 新鋭王座と新鋭リーグ予選等(優勝戦以外)
  • 女子王座と女子リーグ優勝戦
  • 女子王座と女子リーグ予選等(優勝戦以外)

王座や女子リーグなどの音楽を手掛けています。

2010年5月まではさだまさしさんが作曲したファンファーレが流れていた

ボートレース
先ほども少し紹介しましたが、さだまさしさんが作曲されたファンファーレも競艇で使用されていました。
具体的な期間としては1991年6月20日〜2010年5月までの期間で、ファンファーレの曲が定まる寸前まで利用されていました。
ファンファーレが変わった明確な理由は公表されていませんが、競艇という名前からボートレースという名前に変わったからではないかと思います。
大体時期がそのころなので、もしかすると統一させるための基準になったのかもしれません。

ボートレースのファンファーレ着メロをダウンロードする方法は?

メロディ
ボートレースファンからすればいつでもあの興奮するような曲を聴いていたい…!とおもうのではないでしょうか。
実はボートレースメロディーは配信されているのです。

  • ボートレース下関の着メロ配信サービス
  • GIGA PARK

それではそれぞれご紹介します。

ボートレース下関の着メロ配信サービス

ボートレース下関では、着メロの配信サービスを行っています。
ファンとしては見逃せない配信となっていますので、ぜひ利用して楽しんでみてください。優勝戦含め全部で6種類の着メロが用意されています。
機種によっては利用できないこともあるかもしれませんが、基本的には利用できるはずですので好きなものをダウンロードしてください。もちろんダウンロードは無料です。

GIGA PARK

GIGA PARKでもファンファーレの配信をおこなっています。
もしボートレース下関のサイトからダウンロードできなかった場合には利用してみるのをおすすめします。

ボートレースのファンファーレには歴史があった

ボートレース
普段何気なくボートレースのファンファーレを聴いている人も多いのではないでしょうか。
ですが、ファンファーレについて掘り下げてみるとかなり長い歴史があることがわかりました。誰が作曲したのかを知ることでより親近感が湧いたという人も多いのではないでしょうか。
また、お気に入りの曲をダウンロードすることもできるのでぜひ利用してみてくださいね。
ボートレースも良いですが、パチスロ好きならたまらないキュインキュイン音を楽しめるオンラインカジノもおすすめです。
国内ユーザー数No.1のベラジョンカジノではたくさんの音楽を楽しめるのでぜひプレイしてみてください。

arrow right最大級のオンラインカジノarrow right
オンラインカジノランキングバナー