おすすめオンラインカジノ

ブックメーカーは危ない?|危険と言われる理由と安全性を解説

おすすめブックメーカー

ブックメーカーとは、海外企業が運営している【スポーツベットサービス】のことを意味しており、実際に軍資金を賭けて、勝った場合は賞金を引き出せます。
一見してみると【ブックメーカーって賭博じゃないの?】と不安に思う方もいることでしょう。

【この記事でわかること】
・ブックメーカーが危険と言われる理由
・ブックメーカーの安全性
・安心して遊べるブックメーカー【3選】

もちろん、ブックメーカーはオンラインカジノ同様、お金を賭けて出金できるサービスではあるので、ギャンブルの一種ではあります。
しかし、日本で決められている賭博法には違反しない理由もあるのです。

そこで、今回はブックメーカーがなぜ危ないと言われているのか、安全性についてなどをご紹介していきます。

↓当サイトで厳選したおすすめオンラインカジノ3選↓

ベラジョンカジノ
ミスティーノ
Interカジノ
特徴体験版あり
・24時間いつでも遊べる
・日本語対応バッチリ
・政府発行ライセンス取得済みだから安心して遊べる
入出金の手数料無料
・365日チャットとメールで日本語サポート
還元率約97%
・カード入金対応
限定キャンペーン・初回入金時500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
・登録で10ドル
・3日連続フリースピン
・7日連続デイリースピンボーナス
・ウェルカムボーナス500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
公式URL詳細詳細詳細

ブックメーカーは危ない?危険と言われる理由3選

借金

ブックメーカーに興味はあっても、もしかして違法性があるのでは?と不安に思ってしまうと手を出すのも尻込みしてしまいますよね。

確かに、ブックメーカーは違法性があるのかどうかでいえば、【グレーゾーン】。
というのも、日本ではオンラインギャンブルに対する具体的な取り決めや法律が定められていないからです。

そこで、なぜ「ブックメーカーが危険なのでは?」という意見があるのか、理由をご紹介します。

 

日本には賭博罪があるからブックメーカーは危ない

日本では、【賭博法】という法律があります。
この賭博法というのは、ざっくりいうと【日本国内で賭博行為を開催し、参加したものも処罰に値する】というものです。

ようは、日本国内であって、日本人が賭博行為のできる場を開催し、そこに参加した人・開催した人は違法となり、逮捕されます。

ブックメーカーは、インターネットを介して利用できることから、日本人が日本国内にいながらもギャンブルを利用できる状態です。
そのため、「これって賭博法にひっかかるのでは?」と危険視されていますが、これは違法になりません。

ブックメーカーの運営元は、海外企業であること

賭博法は、【日本国内で賭博行為を開催することが違法である】と唱えています。
しかし、ブックメーカーは、海外企業が海外に拠点をおいてサイトを運営しているので、日本国内で行われているわけではありません。

そのため、オンラインカジノやブックメーカーを日本にいながらプレイしても、賭博法に問われないというのが実情です。

 

過去にブックメーカーを利用した逮捕者を出している

2016年の【スマートライブカジノ摘発事件】はご存じでしょうか?
オンラインカジノを利用した日本人が、日本で初めて摘発された事件というのがこのスマートライブカジノ摘発事件です。

内容としては、

  • 日本人の女性ディーラーがゲームを提供
  • コミュニケーションを日本語で取っていた
  • 日本人のライブディーラー開催時間を日本時間である夕方から深夜に設定していた

ということから、国内でオンラインカジノを行っている状態であると評価されてしまったからです。

これによって3名の日本人が摘発され、略式起訴を受け入れ、3名のうち2名が罰金を支払いましたが、残りの1名は異議を唱え、不起訴となりました。

なぜ不起訴にできたのか?

  • オンラインカジノやブックメーカーは海外でライセンスを取得した合法的なギャンブルサイトであること
  • 胴元であるオンラインカジノやブックメーカーサイトは海外で運営されているから無罪なのに、プレイヤーの日本人だけが有罪なのはおかしい
  • 日本政府もカジノ法案について成立している

など、これらの意見が認められたからです。

そもそも、賭博法は、日本国内で賭博行為を行った場合を処罰対象としているのに対し、本件はオンラインカジノやブックメーカーは海外の企業が政府発行のライセンスを取得して運営されているので、国内で賭博行為をしているわけではないということが認められました。

この事件により、胴元であるブックメーカーを処罰しない限りは、利用者を処罰するということは困難であるという解釈に至ったと考えられます。

 

SNSで怪しい勧誘が行われているから危険

2022年近年、さまざまなネット詐欺が繰り広げられており、その中の1つとして、【ブックメーカーを利用した搾取詐欺】というのがあります。

新型コロナウイルス感染症が流行しだしてからというもの、日本では就職難民や収入減となった人が沢山おり、生活が困窮しているという事実は否めません。
そういった状態につけ込んで、副業サイト勧誘やオンラインサロン勧誘、商法提供などといった有料の教材やコンテンツ・ツールを販売するといった事案が増えており、日本消費者センターへの相談者が日々増加しています。

大まかな内容としては、

  • 情報提供
  • 攻略法
  • 教材
  • ツール販売
  • コンサルやマルチ勧誘といったセミナー勧誘

があげられ、SNSで呼びかけて「これをやればこれだけ簡単に稼げますよ!!」と有料の講座や教材を買わせるようなことが起きているのです。

ブックメーカーで高額な利益を得られるのか?

まず、ブックメーカーを利用して、高額な賞金を絶対に稼げるというのはあり得ません。
さらにいうと、上記のようなツールや講座、教材を有料コンテンツとして購入しても必ず稼げるという確証は得られないでしょう。

そもそも、ブックメーカーやオンラインカジノは当たるも八卦当たらぬも八卦のギャンブル世界です。
ツールを利用したとして、不正を防ぐために厳しいセキュリティの中で運営されているオンラインカジノやブックメーカーを攻略できるかというとそれは困難を極めます。

そういった有料の情報提供やツール販売は、販売していたり広告している本人が設けたいがために行っているだけであり、搾取詐欺の1つとして危険視されています。

SNSではさまざまな【うまい話】が転がっていますが、簡単かつ短時間で高額な金額を得られるということは副業やオンラインカジノ・ブックメーカーの中にはないということを頭に入れておきましょう。

ブックメーカーは安全!安全性の根拠を解説

ブックメーカー

いろんな情報に惑わされて、【ブックメーカーって本当に安全なの?】と不安な方もいることでしょう。
ブックメーカーは健全に利用すれば全く問題の無いギャンブルの一種です。

そこで、ブックメーカーの安全性についてご紹介していきます。

元金以上の損失を被ることはない

FXや投資などは、損失がでることが当たり前のような部分がありますが、オンラインカジノやブックメーカーは、冷静に賭けていればそれ以上の損失を被ることはありません。

というよりも、賭けた分以上に損失が出るということはないので、いわばパチンコやスロットに賭けるのと一緒です。
ただし、のめり込んでガンガン入金すればその分損失は出てしまうので、自己規制心はしっかり持っておきましょうね。

 

海外でライセンスを取得している

国際ライセンスを発行している国は約20カ国あると言われていますが、ブックメーカーサイトは、政府発行のライセンスを取得した海外企業が運営しています。

特に審査基準の厳しい政府としてあげられるのは、

  • マルタ
  • キュラソー
  • イギリス
  • ジブラルタル
  • オーストラリア

などです。
これらの政府発行ライセンスを取得するのはかなり厳しい審査基準をクリアしないと取得できないといわれています。
したがって、このライセンスを持っているブックメーカーであれば、安心かつ安全に遊ぶことが可能です。

 

海外スポーツチームのスポンサーになっている

試合などを見ていて、選手のユニフォームシャツやスタジアムの広告などで見たこともがないロゴがあると思われる方もいるのではないでしょうか?
実は、ブックメーカーは海外スポーツチームのスポンサーにもなっているので、広告や選手のユニフォームシャツのロゴに入っていることがあります。

というのも、海外スポーツチームとブックメーカーがWin-Winの関係性を築くためにも、クラブの後援になっており、自社のブランディングと宣伝をしているんです。
大手チームのユニフォームにブックメーカーのロゴが入っていたら信頼性も増しますよね。

安心して遊べるブックメーカー3選

ブックメーカー

国際ライセンスも取得しており、もっとも安心して遊べるブックメーカーはないかと探している方は必見です。

  • bet365
  • ウィリアムヒルスポーツ
  • スポーツベットアイオー

この3つのブックメーカーは、日本でも人気を集めており、ボーナスも各種取りそろえています。
それでは、各ブックメーカーの詳細についてご紹介しましょう。

 

bet365

Bet365グループ有限会社が2001年から運営をしており、世界最大クラスのブックメーカーとして有名で、ヨーロッパでは抜群の知名度を誇っている、【bet365】。

約200カ国1,900万人以上の利用者がいると言われており、2021年8月から完全日本語対応になったこともあって、日本でも人気を集めています。
ベットできる試合も40種類以上と豊富であり、業界ではトップクラスです。

また、スポーツの試合を無料でライブストリーミングできたり、ゲーム操作もサクサク動くので操作性の良さもあり、人気を集めています。

bet365でもらえるボーナスは?

bet365に登録すると、30日以内にボーナスがもらえるというキャンペーンがあり、内容としては入金額と同額【最大10,000円分のベットクレジット】がもらえちゃうというものです。

ボーナスをもらう手順は、

  • 登録後30日以内に入金をする
  • ベットクレジットを申請をする
  • 申請から7日以内に最低700円~最高10,000円のベットクレジットを獲得する
  • ベットクレジットを申請してから30日以内に1.2以上のオッズに申請したベットクレジットと同額を賭ける

これを行うと、条件が承認され、待機中のベットクレジットが解放されます。
解放されたベットクレジットは賭けて遊ぶこともでき、勝てば賞金もゲットできるので、もらえるものはもらっておいて損はないでしょう。

 

ウィリアムヒルスポーツ

ウィリアムヒルは、英国最大級のブックメーカーで、【ウィリアムヒルスポーツ】を運営している海外企業です。
歴史も19334年とブックメーカーサイトの中ではかなり古く、信頼性も厚いので、安全に遊べるサイトといえます。

ウィリアムスポーツの面白さは、メジャースポーツに賭けられるのはもちろんですが、政治や宝くじ・ドッグレースなどスポーツ以外にも賭けれるところ
ワールドカップやオリンピックなど季節的な世界大会へのベットもできることので楽しめるコンテンツが沢山あります。

また、日本人が利用しやすいよう、日本語でEメールやチャットでサポートが受けられるので、英語ができなくても利用しやすいというのはメリットの1つといえるでしょう。

ウィリアムヒルのスポーツベッティングユーザー向けボーナスとは

  • 2022年限定の最大20,000円分のフリーベットボーナス【J200】
  • 最大10,000円分のウェルカムオファーボーナス【JP100】

この2つのプロモコードがあり、いずれか1つをボーナスを獲得することができます。
20,000円分ももらえるなら!!と金額の大きな方を欲しくなってしまうかもしれませんが、出金条件などがあるので、自分のプレイ条件に合いそうだなと思う方を選ぶのが得策です。

また、このプロモコードは、アカウント登録時に入力することが必要なので、このボーナスを受け取りたい場合は入力を忘れないようにしましょう。

 

スポーツベットアイオー

【スポーツベットアイオー】は、仮想通貨でもベットできることで有名なビットカジノの姉妹サイトです。
なんと【SBC AWARDS 2020】という偉大な賞を獲得しているほどの実力派ブックメーカーであるこのスポーツベットアイオーは、キュラソー政府発行のライセンスを取得して運営されているので、違法性はなく、安全性もお墨付き。
世界中のユーザーに愛され、日々成長を遂げています。

スポーツベットアイオーの特徴としては、【競馬】がとにかく面白い!!ということ。
ライブストリーミング機能で試合を見ながらレースに賭けれるため、臨場感があって興奮すること間違い無しでしょう。

また、ビットコインをそのまま賭けることができるという便利さもスポーツベットアイオーのメリットの1つ。
一般的なオンラインカジノではビットコインで賭けることはできないので、スポーツベットアイオーだからこそできる賭け方といえるでしょう。

スポーツベットアイオーのボーナスとは?

実は、スポーツベットアイオーでは、入金ボーナスや入金不要ボーナスというものがありません。

その代わり、フリーベットというのが付与されます。
このフリーベットは、リスク無しで賭けることができるうえに、賭けて勝った賞金は引き出しが可能なので、他サイトのボーナス出金条件よりも緩いのが特徴です。

大穴狙いや手堅い勝負の時に賭けて、出金目標へ向けて頑張ってみてはいかがでしょうか。

ブックメーカーが危ないは嘘!安全な大手のブックメーカーで遊ぼう

まとめ

国際ライセンスも取得しているブックメーカーは、厳しい審査をくぐり抜けた信頼性のある海外企業が運営しています。
安全かつ不正にも気を配りながら運営されているので、安心して遊べるでしょう。

ただし、大もうけできるといったSNSの広告などには注意が必要です。
元金以上の損失はありませんが、うまい話につられてしまえばその分損失が増える可能性があります。
ブックメーカーもギャンブルの一種であり、当たるも八卦当たらぬも八卦の世界であることを念頭に入れておきましょう。

オンラインカジノランキングバナー