2018/08/27

【フィリピン】ボラカイ島からカジノを排除せよ!ドゥテルテ大統領

10月26日までエンベイロンメンタル・クリーンナップ(環境浄化)のために閉鎖されているボラカイ島について、フィリピン観光庁長官はテレビ番組の取材に対し「ボラカイ島のオープン後は、新しいカジノのみではなく、従来営業していたカジノも全て閉鎖し、ボラカイ島からカジノをなくす」と語ったようです。

この決定は「私はギャンブルが大嫌いだ。私はいらない。今あるカジノ以外は存在させない。私は何も与えない。」と言っていたドゥテルテ大統領の指示に沿ったものだとのことです。

これに対してフィリピンのゲーミング管理当局The Philippine Amusement and Gaming Corp(PAGCOR)は、「ギャラクシーエンターテイメントがボラカイ島を断念し、その他のリゾート島にカジノの建設先を変更すれば、事はスムーズに進む」との考えを示しました.

ギャラクシーエンターテイメント側は「ボラカイ島のように中国からもマカオからも近く、リゾート地として多くの観光客を集められる島は他にない」とボラカイ島にこだわる姿勢を見せているようです。

カジノの閉鎖に関してはPAGCORが唯一権限を持つものであり、ボラカイ島に限らずフィリピンの地域でも、観光庁にカジノを閉鎖する権限はないはずとの段取りになっていたようなので、どうも話が平行線で決まりが悪いものとなっているようです。

パウダーサンドビーチで癒されながら夢の一獲千金を狙うことができなくなってしまうかと思うととても残念であります。

(引用元:リゾカジ.com)