2018/03/16

ウィン・リゾーツvsユニバーサルエンターテイメントの訴訟に決着!

当サイトでもウィン・リゾーツのニュース記事はたくさん取り上げてきましたが、今回は2012年に起きたウィン・リゾーツとユニバーサルエンターテイメントで争われてきたウィン・リゾーツの株式償還に関する訴訟問題についてです。

2012年当時、ウィン・リゾーツ最大の株主だった元ユニバーサルエンターテイメント会長の岡田氏に対して、フィリピンで贈賄に関与したとして取締役を解任、ユニバーサルの米国法人「アルゼUSA」が保有していた株式を強制的に割り引いて償還する手形を発行しました。

このことに反対するユニバーサル側と争っていた訴訟に決着がついたということになります。最終的にはウィン・リゾーツ側がユニバーサルエンターテイメントに約26億ドルを支払うことで和解が成立しました。

ウィン・リゾーツには2つの訴訟問題がありましたが、これで1つの案件から解放されました。残すところは、セクハラ疑惑で辞任したスティーブ・ウィン元会長の元妻で株主でもあるエレイン・ウィン氏自らが所有している株の売却制限解除を求めている件のみとなっています。

引用元:リゾカジ.com