2020/02/01

安倍総理 カジノのIR「進める」と国会答弁

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐり現職国会議員(逮捕後に自民を離党)が汚職事件で逮捕される事態を招く中、安倍晋三総理は29日の参院予算委員会で「カジノを含むIRを、国民の理解を得る努力をしながら、進めていきたい」と予定通り推進する考えを強調した。

安倍総理は「IRに関しては国民的な理解が大変重要であり、事業者選定の透明性・公平性の確保などについても、高い独立性を有するカジノ管理委員会(総理所轄下に置かれた合議制の行政委員会)や国会での議論も十分に踏まえ、丁寧に進めていきたい」などと答えた。

ただ、これまでも問われる疑惑や懸念事案に「丁寧に説明、丁寧に進める」としながら乖離する実態がある。
(引用元:Excite.ニュース

「カジノ廃止法案」を立憲民主党、国民民主党、日本共産党、社会民主党などが今月1月20日に共同提出しています。
国民だけでなく政界でも意見の割れている中、どのような方向に進むのか楽しみですね。

下記では日本カジノについての記事を紹介していますので、是非チェックしてみてください。