2017/11/09

京阪HD社長「京都とIR会場を結ぶのが使命」中之島線の延伸、ブランド化狙う

2017年11月7日

京阪ホールディングスの加藤好文社長による決算発表、事業構想などについて記者会見が行われました。

同氏は「IRと京都を結ぶことが最大の使命」と発言し、夢洲のIR誘致が実現した場合、京都、大阪間のアクセスを活かし、アクセス鉄道となる大阪市営地下鉄中央線の九条駅まで京阪中之島線を延伸する考えを表明しました。

2016年12月にIR推進法が成立・施行されて以来、日本の有力企業は、IR関連法(IR推進法、IR実施法案)の行方を注意深く見守っており、水面下で事業参入の検討を進めている模様。

この動きは2020年の東京オリンピック開催に向けて、一段と活発化して行くと予想されます。
(引用元:カジノIRジャパン