2018/02/28

日本の統合型リゾート(IR)の入場料「安すぎ」と異論、値上げを検討中

当サイトでも22日にこの件に関してのニュースを取り上げましたが、日本国内に置かれる統合型リゾート(IR)の入場料を2,000円に、という案についてです。

ギャンブル依存症への懸念を強く持っている公明党などから「安すぎる」という異論が相次ぎ、原案となる「2,000円」からの引き上げの検討に入ったと報じられています。

公明党側からは「シンガポールと同水準である8,000円にすべき」という意見があり、それに対し政府側は「入場料を高額にすることで、ギャンブル依存症を抑制できるという科学的根拠はない」などと本音も漏らしているとのこと。

それではこの入場料に関しての議論の意味がないのでは、とも言われていますが、現在カジノがある国の水準を参考に、日本のカジノの入場料や依存症対策をもう一度根底から考え直す必要があるのではと私は思っています。

引用元:毎日新聞